直線上に配置

真空管サイト

昔から、と言ってもまだまだ子供の頃には、真空管ラジオは廃品回収で結構捨てられていた。
私はラジオ少年だった。
そんなことから今でも真空管を所持している。

今はそれが仕事となった。