出力トランス
出力トランスに求められる項目は2つ

・歪の少ない結合

・周波数帯域の確保

 効率については上記の内容を満たす場合下がる事が分かっています。

よって音質を優先する場合は効率が下がるのは当然のことでです。

 通常シングル用の出力トランスについてはギャップを入れ、プッシュプルトランスについては入れないと考えられていましたが、周波数帯域はギャップを入れると拡がる事が分かっており、ここからプッシュプルトランスにおいてもギャップを入れることが多くなりました。

 音質の良いものを作る場合、ギャップは必要なものとして考えられるようになっています。