ページへ戻る

− Links

 印刷 

FrontPage :: Free BASIC , QB64 , chipmunk basic


ページ内コンテンツ
  • Windows が終わり Linux に。
  • Gambas
  • BASIC Compiler FreeBASIC (DOS含む)
  • 64bit BASIC Compiler QB64
  • Chipmunk BASIC の勧め。
  • C言語
  • FORTH
  • 英文について

Windows が終わり Linux に。 anchor.png[1]

Windows XP も終わりを迎え次の OS を考えていました。
メイン機は Phenom ☓4 と高速で、Windows 7 や 10 を選択しても問題はありませんが、既に Windows は必要ないという判断に至りました。

Linux には様々なディストリビューションにおいて Lubuntu を選択しました。理由は特にありません。Ubuntu や Media Station もいい選択肢です。Vine や Fedora などもいいでしょう。
もし、古い機械を使っているなら軽量 Linux なども選択肢です。
要は、使いたい開発環境が即座にコンパイルされる様になり、今から10年ほど前から Linux 環境は Windows を超えていたと思える部位が多々ありました。
BASIC[2] 環境も同様、下記 BASIC[2] 環境を扱えば、格闘する理由があることが見て取れます。
現状 Windows で BASIC[2] 開発環境を整備するのは大変。ここでは何度もチャレンジしたものの、真っ当に動くことまでになったと思うと、WINDOWS が落ちるなどやってられません。
しかし Linux での BASIC[2] 環境はクリック一回で完了し簡単に開発環境が手に入ります。構築されれば次のステップに進めます。
ここに至るかが大変な WINDOWS はいい加減にしろってことになりますね。
これには、誰も勝てません。
Windows 上で日本語の開発環境を整備すれば、現状はインタープリタ程度しかないようです。
当然コンパイラなので、日本語が使えないとなど、言語道断です。昔は時間をかけて一つ一つ構築するのは楽しい時代だったのですが、今は使えることが当たり前ですが、Windows では構築できないと分かったのです。
こういうことから Windows から Linux に替えることをお勧めします。

Page Top

BASIC[2] Compiler FreeBASIC[5] (DOS含む) anchor.png[6]

FreeBASIC​/Home[5] (元サイトリンク含む)
FreeBASIC​/Tutorials[7]
FreeBASIC​/Words[8]
FreeBASIC[5] は、Microsoft Windows、DOS、Linux用のFree/Opensource (GPL)、BASIC[2] コンパイラです。
FreeBASIC[5] は、 "QB" 言語 Mode で使用すると、QuickBASIC[9] 用に書かれた Program を高いレベルでサポートします。QuickBASIC[9] 用に書かれた多くの Program は、この Mode でコンパイルし実行。恐らく変更は必要ないでしょう。
FBIDE[10] を合体して保存しました。ここからダウンロード[11]し、すきな場所で展開しご使用ください。

Page Top

64bit BASIC[2] Compiler QB64[9] anchor.png[12]

QB64​/Home[9] (元サイトリンク含む)
QB64​/Tutorials[13]
QB64​/Words[14]
QB64[9]QuickBASIC[9] 4.5 または QBASIC で作成されたプログラムを、Windows XP,Vista,7,8,9.1,10、Linux および Mac OSX でフルコンパイル動作します。
32,64 bit マシンで動作し、ステレオサウンド、改良されたグラフィックス、TCP / IPインターネット機能、Open-GL など多くの新機能を備え、 BASIC[2] プログラミング言語の IDE を含んだ最新バージョンです。インストールしたらすぐ始められるのは楽以外何物にも換え難いでしょう。

Page Top

Chipmunk BASIC の勧め。[17] anchor.png[18]

30年程前から存在するBASIC インタープリタ[17]。漢字 TALK 7.1 で動いていました。

Page Top

C言語 anchor.png[19]

何気に C 言語を入れる。WINDOWS MinGW DL 板の DL Data がなくなっているようで Install できないので、ここ[20]に使えるデータを置いた。
C 言語を扱うのは、もう少し時間が必要。お待ちください。
これは ARDUINO として C が必要であると分かったからですが、フルコンパイラである FORTH[21] があれば、要らないかも。

Page Top

FORTH[21] anchor.png[22]

FORTH​/Home[21]
FORTH​/Tutorials[23] 。 ここから貴重な FORTH[21] の文献やコンパイラ本体をダウンロードしてお使い下さい。

Page Top

英文について anchor.png[24]

小職は英語が苦手です。ですがトランジスタや IC など全てが英語で記述されていたなど当たり前で、これらが何を書いているかについては慣れみたいな感じで読めるようになっていました。
ここで使われている英文は基本的に簡単なというより、日本語で言うところのカタカナセンテンス程度です。
小学生には最初は辛いかもしれません。しかし初心者サイトが余りにも少ない中で、当サイトは誰でも使える様な説明サイトを目指します。


Last-modified: 2018-04-04 (水) 20:13:20 (JST) (52d) by younanQB64-12345