Welcome Guest 
検索
メインメニュー
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが xpwiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

Page Top

BASIC 互換性 anchor.png

決して新しい BASIC 言語ではなく Microsoft-BASIC 変種に精通していれば、多くを学ぶ必要はありません。
・互換性のため "-lang qb" と、新機能のいくつかは "-lang fb" で使えます。
・"C" Programing 言語にはいくつかの制限や類似点があります。
・英数大文字と小文字は区別しません。よって明示的な "main" 手続きは不要です。
・Microsoft QuickBASIC に含まれる Graphic statement や コンソールステートメント、プロシージャのほとんどが実装されています。
・"-lang qb" のみスカラ変数はディメンション化する必要はなく、サフィックスを使用できます。
・行番号がつかえます。
・On Error Goto と Gosub が使えます。

Page Top

Clean syntax anchor.png

最小のキーワードしか追加していません。すべてのプロシージャは Library として実装され、ほとんど新しい組み込みルーチンはなく、古いコードで名前の重複が発生する可能性が低くなります。

Page Top

既存の C Library と API へのThin bindings (header files) anchor.png

ラッパーや Helper は必要ありません。単に移植されたヘッダー file なので、外部 C Library が使いやすくなります。
公式のディストリビューションには、既存の C Library へのバインディングがいくつか用意されています。
外部 Library を参照して最新の List を入手してください。

Page Top

Multi-platform anchor.png

現在、64/32 bit の Windows、Linux、および DOS 上で動作します (Compiler の吐き出す Code は 32 bit ですが、16 bit DOSでも動きます)。
Xbox コンソール用のアプリケーションが作成でき、プラットフォームが増えても、Runtime Library は移植性を考慮し記述されています。
サードパーティツールは、GNU binutils と同じように、多くの OS で既に存在しています。
Compiler は 100% FreeBASIC Code で書かれています (つまり FreeBASIC 自体を Compile します)。
これにより、移植性ツールに依存しないためブートストラップが簡単となります。

Page Top

Unicode support 8bit , 16bit , 32bit 文字をサポート anchor.png

UTF-8、UTF-16LE、UTF-16BE、UTF-32LE、UTF-32BEの ソース (.bas) file や ヘッダー(.bi) file を解析することができますが、Unicodeのエスケープシーケンス(\ u) 同じプロジェクト内の他のソース/ヘッダーと自由に混在しています(他の ASCII file もあります)。
リテラル文字列は、元々非ラテンアルファベットで入力することができます。
Unicode 形式の一部をサポートする TextEditor を使用してください。
Wstring 型はワイド文字を保持し、すべての文字列プロシージャ (Left、Trimなど) はワイド文字列でも機能します。
UTF-8、UTF-16LE、および UTF-32LE file を Encoding 指定子でサポートするように Open が拡張されました。
Input# と Line Input# , Print# と Write# は通常どおり使用でき、必要に応じて Unicode から ASCII への変換は自動的に行われます。
また、Unicode 出力もサポートされています(要件を参照)。

Page Top

A large number of built-in data types anchor.png

Integer : Byte 、 Ubyte 、 Short 、 Ushort 、Integer 、UInteger、Long、ULong、Longint、Ulongint。
浮動小数点 : Single (32-bit), Double (64-bit)。
文字列 : 固定長、可変長またはヌル文字(Zstring)、最大 2GB の Unicode 文字列( Wstring )( Zstring と同様ですが、ワイド文字をサポートします)Windows Unicode API プロシージャを直接アクセスなど。

Page Top

User-defined types (UDTs) anchor.png

無制限のネスティング。
新しい Union ステートメント (匿名のネスト化された共用体を含む) とともに、BASIC の Type ステートメントがサポートされています。
最大8つの次元を使用する配列フィールドを使用できます。
プロシージャのポインタフィールド。ビットフィールド。列挙型 (列挙型) 列挙型を使用して連続した値を持つ定数のリストを簡単に宣言します。
アレイ固定長および可変長配列がサポートされています (最大2 GB) 。
次元が未知の配列を含む、最大8つの次元。
下限と上限。要素データは、新しい Preserve 指定子を使用して、Redim で可変長配列のサイズ変更中に保存することができます。
文字列文字、配列要素、UDT など、上記のデータ型のいずれかへのポインタ。
C と同じ構文を使用します。
無制限の間接レベル (例えば、...へのポインタへのポインタ)。
プロシージャポインタ。 []の索引付け (文字列の索引付けを含む)。
タイプキャスティング。変数、オブジェクトおよび配列の初期化静的な、モジュールレベルまたはローカル変数、配列およびUDTの場合。

Page Top

Default procedure parameter values anchor.png

数値、文字列、および UDT のパラメーター・タイプの場合。プロシージャーのオーバーロードデフォルトのパラメーター値を持つプロシージャーを組み込む。

Page Top

In-line assembly Intel syntax anchor.png

名前で直接参照変数。「トリックコード」は必要ありません。

Page Top

Traditional preprocessor support anchor.png

C の構文と同じです。

#Define Command でサポートされている単一行マクロ(パラメータを含む)。

#Macro Command でサポートされている複数行のマクロ。
型エイリアス UDT とプロシージャのポインタ型を含む、C のような前方参照をサポートします。
文字列リテラルの C のようなエスケープシーケンス C と同じです(数字は8進数ではなく10進数として解釈されます)。

Page Top

Debugging support anchor.png

GDB (GNUデバッガ) または Insight (GDB GUIフロントエンド) による完全なデバッグサポート。
配列の境界チェック (-exxコマンドラインオプションでのみ有効) 。ヌルポインタチェック (上記と同じ)。

Page Top

Create OBJ's, LIB's, DLL's, and console or GUI EXE's anchor.png

いかなる種類の IDE や Editor に固定されません。
静的および動的/共有 Library を作成するには、1つのコマンドラインオプション (-libまたは-dylib / -dll) を追加するだけです。
32 bit アプリケーションとして、最大 2GB のサイズのソースコードファイルを Compile できます。
シンボルの数 (変数、定数など) は、Compile 時に使用できる Memory 総量によってのみ制限されます。 (たとえば、OpenGL、GTK / SDL、BASSをソースコードに同時に含めることができます)。

Page Top

Optimized code generation anchor.png

最適化 Compiler ではありませんが、x86 CPU 上で可能な限り高速な Code を生成するための最適化手法は多くの種類がありますが、商用物を含む他の BASIC の選択肢もありますが、FreeBASIC は充分高速に動きます。
完全に無料サードパーティのツールすべて無料です。
放棄されたソフトウェアや著作権保護されたソフトウェアは使用していません (Win32ではGoRCを除く) 。
アセンブラ、リンカ、アーカイバ、およびその他のコマンドラインアプリケーションは、GNU binutils Programing Tool から提供されます。

Manual LanguageDocumentation , Compiler Reference , Programmer'sGuideTutorials
FreeBASICInternalsDocumentation FreeBASIC 自体を Compile するガイド、Compiler と RTlibrary が舞台裏でどのように機能するかの Document
Page Top

FreeBASIC Wiki anchor.png

こんにちは、FreeBASIC wiki へようこそ。無料でオープン、かつ現在も積極的に開発されています。

AboutMain FeaturesProject historyCreditsLicenses

このwikiは、FreeBASIC Manual が含まれています。
Manual は、使用可能な FreeBASIC の最新 Ver を文書化するために可能な限り更新されています。
書かれている一部は、FreeBASIC の最新の公式リリースではまだ利用できないかもしれません。
また、ソースから FreeBASIC Compiler や RTLibrary をビルドするときや、Compile された開発版をダウンロードするときにのみ利用可能です。
wiki の内容は、FreeBASIC User および開発者によって作成および更新されます。

Manual の Offline 版が Compile されダウンロード可能となります。Compile の List は、Wikiのダウンロードページから入手できます(今度調査します)。

Page Top

Wikiを改善する方法 anchor.png

ページにミスを見つけたら?
 WIKI への編集アクセスを得るには、freebasic.net/forumフォーラムに登録してください。
ページにコメントを追加することで、エラーや欠落、コンテンツを自分で編集でき、Wiki に貢献できます。
開始するには、FB Wiki - ヘルプページをご覧ください。また、作成する必要があるドキュメントページのリストを自由にご覧ください。

Page Top

FB 開発に参加する方法 anchor.png

FreeBASIC の開発に参加することは難しくありません。
フィードバックを提供、Wiki の改善、FreeBASIC 関連プロジェクトの開発を手助け なとができます。
もちろん、バグを報告、パッチを提出することで貢献もできます。
始めるには、小さなパッチを書き、SourceForge のパッチトラッカーを使ってそれらを提出するか、フォーラムに投稿してください。
Compiler ( FreeBASIC 自体で書かれている ) に加えて、RT Library と Graphich Library (どちらも C 言語で記述) があります。
フォーラム、freenode の #freebasic IRC Ch、または SourceForge のトラッカーから、他の開発者にお気軽にお問い合わせください。

How to contact the developers
How to report a bug
FreeBASIC Internals Documentation

Page Top

FreeBASIC の IDE 環境(FBEdit)を作りましょう。 anchor.png

ここ での上位二つを確認してみました。
FBIde
FBEdit

FBIde は 2012.1.25 版が最新で、以後作るとは書かれているものの進んでいないようです。インストールは DLL 関係から動きませんでした。更に FreeBASIC 同梱版の FreeBASIC は Ver 0.23.0 でかなり古く FBIde を使う場合は気をつけてください。

FBEdit は、既に日本語環境が使えます。
ここでは FBEdit の入れ方から日本語環境切替えまでを足早に説明します。

まず、上記の FBEdit から最新版をダウンロードして展開します。
展開し保存した感じはこんな感じ。

12.gif

最初に起動すると、FreeBASIC や Project 保存場所などの Path を聞いてきます。各自環境に合わせてセットしてください。
上から、
default Project Path : は、あなたの作ったファイルを保存している場所を指定します。
Compile Path : は、FreeBASIC.exe を保存した場所を指定します。
Help Path : は、FreeBASIC で使用している Help file の場所を指示します。

13.jpg

初心者ですかってさ。
「はい」で 何故かエラーが出ますが気にしなで下さい。

14.gif

再度起動すると、

15.jpg

Language で、選択画面が出ます。

16.jpg
17.gif

文字化けしていますが、Jpanese **** を選んで 「OK」 を押下す。

18.gif

何も変りませんが一旦終了。

19.jpg

もう一度、FBEdit を起動すると日本語で立ち上がります。

20.jpg

簡単ですね。本日は、ここまで。


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 63, today: 1, yesterday: 0
初版日時: 2018-01-12 (金) 21:20:44
最終更新: 2018-01-12 (金) 21:20:44 (JST) (128d) by younanQB64-12345
XOOPS Cube PROJECT