Welcome Guest 
検索
MenuBar (xpwiki)
メインメニュー
リンク
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが XPWiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トヨタ スープラ やはり GT-R は越えられないと宣言か。 ニュルでポルシェをぶち抜いたGT-Rは記憶に新しいが、トヨタスープラはここまでの高性能にはならず。 anchor.png

2018/3/18(日)

2010年、トヨタが販売したLFAが、ポルシェを越えると宣言したものの、当のポルシェは話題にすら上がらず、相手にならないと吐き捨てた。
トヨタも性能が明らかに低いと分かっているLFAをイメージだけで販売したことを後悔するべきであり、このような失態は次に活かすべきである。
実際、日産が販売したGT-Rがポルシェを置いてきぼりにする中で、LFAはポルシェにすら着いて行けず、敗退したことは皆が知っている通りである。
そして2018年はスープラである。

特に世界のスポーツカーのファンは待ち望んでいないスープラだが、トヨタとBMWが共同開発した新スープラが先日、ジュネーブ・モーター・ショーで初めてその姿を見せた。
ただ、ステージに現れたのは、市販車ではなく、なんとレース仕様車だった。
各国のメディアがステージに駆けつけたスープラのアンベールの瞬間、「ウォ〜」とか「ウゥーン」という声があがった。

正直、日本の伝説的なスポーツカーが世界のメディアをこんなに騒がせたのは、2007年に登場した日産GT-R以来と思う。当時販売されていたLFAはGT-Rの影に隠れて光が見えなかった。
でも、なぜレース仕様車なのか?
なぜ、この記念すべき名車の復活をレース仕様車からスタートさせたのか、多田氏に聞いてみることにした。

「多くのレースカーは、市販車をベースにして作るでしょう。でも今回、僕らはその逆のプロセスを考えました。まず、スープラがレースに出ることを想定して作りました。当然、量産車ベースのカテゴリーについて色々調べた結果だったけどね」と、多田さんは話し始めた。つまり、空力抵抗を重視したレースマシンを作っておけば、市販車に必要なエアロが分かる。これはGT-Rと同じ手法でもある。トヨタも日産がしていた事が分かってきたじゃないか。

「初めから競技ベースに作っておけば、あとでレースカーにする際に、改造するための時間がかからなくて済むわけです。例えば、ボンネットに穴を開ければ、空気がうまく抜けてエンジンやブレーキの空冷性能が向上したり、リアウィングでダウンフォースが良くなったりするとかいうようなことがわかってきました」というが、これもGT-Rで解決済みですね。
話を聞いていくうちに、なるほど今回の試みはトヨタにとって大冒険だったとつくづく感じるが、LFAはイメージだけで、性能が低く、日産が目指した性能には程遠く、冒険という車ではなかった。

企業文化がまるで異なるBMWと共同開発を行い、外観デザインはカリフォルニアのカルティ社が担当した。しかも、生産は日本ではなく、オーストリアのマグナ・シュタヤ社になるらしい。
また、基本設計のプラットフォーム、エンジン、ミッションは基本的にBMWの次期Z4と同様のものだという。エンジンは直6のNA仕様と直6ターボで、最強モデルからは400ps以上期待できるだろう。
これは、LFAの430馬力と同等と言える。まあ、そもそもGT-Rとガチンコしている分けではないので、この程度ど安く上げるのが、至上命令なのだろう。

2002年に生産中止になった旧型スープラには6MTがあった。今回の5代目はどうなるかと聞いて、時代が変わったことを感じた。当時のGT-Rはエンジンがスープラより小型であるものの、実際の出力はスープラを超えるので、日産には届かなかったこととなる。LFAでも同様であった。トヨタは日産とガチンコするとどうしても見劣りしてしまうが、この程度の車を目指しているのだから、これはこれでいいのだろう。
多田氏曰く「マニュアルの方が8速ATよりシフトが遅いし、加速性も遅い。クラッチも消耗するので、6MTは要らないと感じている」ということで、6MTは検討中だけど、2019年、量産車が出るときに、おそらく6MTのオプションはないと僕は思う。
LFAもシフトの時間が長く、これでスポーツかと思えるほどであったが、今回も同様のミッションが搭載されるというのは如何なものかと。

「ベンチマークはポルシェだった」

そうだろう。GT-Rまでの高性能にすると、とてもコストがかかるので、トヨタとしては今まで通り、低コストで高性能に見えればいいのだから。

「スポーツカーのビジネスは厳しい。そんなに台数も見込めないし、マニアックな部品をいっぱい作らなければならない。その割には、リターンが少ない。だから、別の会社とコラボする価値はある」と多田氏。なるほど。「でも今回、旧型の300万円台では作れないね」と残念がる。噂ではノンターボ仕様は500万円以上らしい。これでは、性能と価格が見合っていないと思うし、GT-R並の本気を出して欲しい。


トップ   凍結 差分 バックアップ 複製 名前変更 リロード印刷に適した表示   ページ新規作成 全ページ一覧 単語検索 最新ページの一覧   ヘルプ   最新ページのRSS 1.0 最新ページのRSS 2.0 最新ページのRSS Atom Powered by xpWiki
Counter: 99, today: 2, yesterday: 0
初版日時: 2018-03-18 (日) 16:45:40
最終更新: 2018-03-21 (水) 19:12:11 (JST) (121d) by 123-YouSinnanji2
XOOPS Cube PROJECT