Welcome Guest 
検索
MenuBar
オンライン状況
1 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが XPWiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 1

もっと...
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

バカはばかのまま、他人を追求する前に自分の罪を償えよな、 anchor.png

メディアは、嘘つきで、若い日本人を次々とホテルに持ち込んだ前川や、こんな奴である森友追及のジャーナリスト・菅野完を起用するのかね。
ますます、メデイアが発している力がなくなってますね。

菅野完氏にアメリカで逮捕状が出ており今も有効。本人も事実を認めた。ドメスティックバイオレンス、傷害罪だ。

しかも保釈中に逃亡している。

過去に菅野氏は性的暴行賠償訴訟で110万円の支払判決を受けているが、これでも一部メディアは「問題ない」として、菅野氏を起用し続けるのだろうか?

籠池佳茂「菅野完と縁を切ったのは裁判費用4000万円を在日本大韓民国民団に借りると言ったから」2018年7月30日。
森友学園問題において安倍総理と対立した籠池泰典理事長。長男の籠池佳茂氏がここに来て立場を変え、安倍総理に謝罪し始めた。これまで明かされることのなかった裏話が飛び出す。

詳細は月刊Hanada9月号の対談に掲載されている。

籠池氏の長男が菅野完氏と訣別し、目が覚めたきっかけ。菅野完氏と裁判費用について打ち合わせをした時、菅野氏から「金は民団幹部の会社経営者から(4千万位)工面する」と言われ、これはマズイんじゃないかと‥‥

籠池佳茂氏は徐々に菅野完のことを信用できないと思い始めていた。そんな頃、裁判費用について尋ねたところ、菅野完は「民団幹部の会社経営者から4,000万円を工面する」と回答した。

※民団とは「在日本大韓民国民団」のこと

いつの間にか「日本VS韓国」の戦いという変な話になっていたのだ。おそらく韓国としては、憲法改正で自衛隊明記を目論む安倍総理のクビをとり、日本弱体化を狙うのが目的だろう。そのためなら4,000万円を負担できるという話かもしれない。

民団の名前が出た時点で妙な話になっていると気づいた籠池佳茂氏はすぐに菅野完との決別を決めた。そしてついに籠池家が間違っていたことを認め、安倍総理と昭恵夫人への謝罪に踏み切ったのだ。

ただし両親はまだ菅野完を信じて仲間だと思っている。菅野完は森友学園問題において非常に姑息な手段を使って情報を操作していた。

以下、籠池佳茂氏の暴露話。

(1)辻元清美が塚本幼稚園に来ていた件は菅野の指示で「間違いだった」と証言を変えさせられた
(2)菅野完は「自分の庇護者は共産党」と言っていた
(3)証人喚問でした回答は実は菅野完が書いた創作文章

森友問題の追及では、膨大な資料を読み解き、疑惑の解明に先鞭をつけたジャーナリストも、自らの過去の清算については、「大甘」だった。「若き日の過ち」で片付けられるものではなさそうなのだ。本日発売の週刊現代で詳細を報じているその内容とは。

テキサス州キリーン市警のロバート・バーク巡査が現場アパートに急行したとき、顔面が血だらけになった女性は、泣きながら床にへたり込んでいたという。加害者の男は、女性を介抱するでもなく、「凶器」となった電話機に付着した血を洗い流すべく、キッチンの流しに立っていた……。

これは安手の海外ミステリーの書き出しではない。著述家・菅野完(すがのたもつ)氏(43歳)が、21年前に米国・キリーン市警に逮捕された際、捜査報告書に記された内容だ。

この1年半にわたり、森友学園問題を追及してきた菅野氏の活躍にはめざましいものがあった。森友学園の塚本幼稚園の園児たちが「安倍首相がんばれ!」と発言する異様な動画を手に入れ、そもそもの発端を作り出したのも菅野氏だし、安倍昭恵夫人から森友への「100万円」寄付疑惑の根拠とされた振込用紙を入手したのも菅野氏である。

ベストセラー『日本会議の研究』では大宅賞読者賞も受賞した菅野氏の、ジャーナリストとしての活動には、本誌も敬意を払いたい。

だが、この菅野氏に重大な疑惑が浮上した。

菅野氏には、米国で2度にわたる「女性暴行」での逮捕歴があり、刑事事件となっている。そして逮捕状が出ているにもかかわらず、いまも「国外逃亡中」の身だ—。

2度目の逮捕では、裁判所に出頭しないまま国外逃亡を果たしたため、この逮捕状は現在も有効である。その重大性に鑑み、プライバシーにも配慮したうえで、現地警察の捜査記録や員面調書、テキサス州ベル郡の裁判所での公判記録など多数の資料をもとに、菅野氏がいかにして「逃亡犯」となったかを記そう。

冒頭の事件は、「第1の犯行」である。キリーン市内のセントラル・テキサス大学(2年制)に在籍していた菅野氏は、まだ22歳。ガールフレンドだったのが、交際1年になる同級生の日本人・A美さん(当時20歳)だった。

'97年8月27日、夜7時頃、菅野氏のアパートで事件は起こった。

「6ヵ月前にも似たようなことがあって、彼の暴力で指を怪我しましたが、もう耐えられません。顔を怪我し、鼻の形まで変わってしまった」

と直筆で綴られるのは、当時A美さんが警察に提出した上申書だ。何が起こったというのか。

「彼の電話料金を支払えと言われたんです。私は彼の電話を使うときは、必ず彼の許諾を得たうえで、フリーダイヤルだけを使っていたから、料金を支払ういわれはないと拒否した。すると、彼は私に電話料金の請求書を投げ、さらに電話機を私の顔に投げつけたんです。それで大量の血が鼻から流れ出ました。警察を呼ぼうとしましたが、彼は電話機をとりあげ、何度も私を叩き私を押し倒したので、私は叫び声を上げて隣人に助けを求めたのです」(上申書より)

保護観察中に再び犯行

A美さんは近隣の病院へと移送された。捜査資料によれば、鼻からの流血はひどく、カーペットやソファ、ドアにも血が付着しており、菅野氏本人の手や腕、シャツやジーンズにも血が付いていた。9月5日、菅野氏は市警によって傷害罪で逮捕され、キリーン市拘置所に収監された。

'98年5月29日、テキサス州ベル郡第2裁判所は、菅野氏に対して判決を出す。菅野氏は争わなかったので、罰金650ドルなどの支払い命令と、12ヵ月の保護観察処分が言い渡された。

だがこの判決日の直前、「第2の犯行」が起こっていた。1年前とは別のキリーン市内のアパートに、2人の警察官が急行したのは5月23日夕方だ。

「一緒に住んでいるボーイフレンドに顔を殴られたと(女性が)証言したので、ボーイフレンドを逮捕した」(捜査報告書)

左頬は赤く腫れ上がっていたという。なんと、またも被害者はA美さんだった。罪名は、前回の「傷害罪」ではなく、「家族や同居人への傷害罪」に変わっている。いわば「ドメスティック・バイオレンス(DV)」罪というべきものだ。

A美さんとは「同棲」状態にあったとみられるが、2度にわたる逮捕となると、「DV常習者」とみられてもおかしくないだろう。

菅野氏はすぐさま保証業者に立て替えさせて2500ドルの保釈金を納めた。ところが—。

'99年6月25日に開かれたテキサス州ベル郡第2裁判所での公判に、被告である菅野氏が姿を見せることはなかった。当日出された「仮判決文」は、保釈金没収を宣言した後、こう記している。

「被告の再逮捕の令状発行を求める」

菅野氏は、保釈中に逃亡したのである。保釈金の保証業者に対して支払いをしていないことも、明らかになっている。

記録によれば菅野氏がセントラル・テキサス大学に在籍していたと見られるのは、'98年8月まで。「第2の犯行」の後、姿をくらませた。日本に帰国後、菅野氏はサラリーマンとして活動しながら、やがて執筆活動を始める。ベストセラー『日本会議の研究』が出版されたのは、「第2の犯行」から18年後のことである。

本誌の取材に対し、当の菅野氏はどう答えたのか。7月30日発売の週刊現代では、菅野氏の告白が掲載されている。

「週刊現代」2018年8月11日号より


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 303, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2018-07-30 (Mon) 21:54:03
Last-modified: 2018-07-30 (Mon) 21:54:03 (JST) (612d) by 123-YouSinnanji2
XOOPS Cube PROJECT