Welcome Guest 
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

犯罪

<森友学園>国が地盤資料「出せばプラス」 国有地売却で anchor.png

2017/8/24

 学校法人「森友学園」(大阪市)に国有地が格安で売却された問題で、国が売買交渉の際、学園側に「プラスになる」として過去に実施した地盤調査の記録を早く提出するよう求めていたことが交渉内容を記した学園の内部資料で分かった。
学園は当時、地中のごみが見つかったとして損害賠償をちらつかせており、国が学園側に有利な形で早期解決を図ろうとした疑いがある。

 大阪地検特捜部は、国側が国有地を不当に安く売却したとする背任容疑で捜査。詐欺容疑などで逮捕した前理事長、籠池泰典(64)と妻諄子(60)の両容疑者ら学園側との交渉について解明を進めている。

 学園は国有地を借りて小学校建設を進めていた2016年3月11日、地中のごみを発見。
15日に両容疑者が財務省幹部と面会し、開校に支障が出るとして「損害賠償を起こす」などと対応を迫った。
24日には近畿財務局に土地購入を要望し、値引き交渉が始まった。

 内部資料によると、国が地盤調査の記録を求めたのは4月1日。
学園側が14年に2カ所でボーリング調査し、液状化の恐れがある軟弱地盤との結果だった。

 国は1日に学園側に送ったメールで「廃棄物層、軟弱地盤関係等を評価に反映させ、価格提示を行いたい」と記載。
財務局とともに交渉した大阪航空局は7日、地盤資料を「少しでも早くほしい」と依頼した。

 学園の窓口だった設計業者は、調査でごみが地下3メートルまでしか出ていないため、交渉で不利になると懸念。
記録の抹消や国側に出さないことを一時検討した。

 しかし、設計業者は4月11日に学園や工事関係者に宛てたメールで、航空局の担当者から同日、電話で「ボーリングの資料があったほうが、軟弱地盤を評価する上でプラスになる」と提出を求められたことを記載。
設計業者が「こちらとして有益な要素とおっしゃられているのですね」と念押しすると、担当者は「必ずしもプラスになるという約束はできないが、プラスになる資料と考えています」と発言したという。

 学園側は13日、この地盤調査の記録を提出。
航空局は翌14日にごみ撤去費を約8億円と算定し、財務局は同22日、軟弱地盤を考慮した鑑定評価を不動産鑑定士に依頼した。
国は6月、鑑定額から撤去費を引いた1億3400万円で学園に売却した。

 小学校は17年4月に開校予定で、学園は遅くとも16年6月に工事を再開し、生徒募集を始める必要があった。
財務省は国会で「開校予定時期が迫る中、早めに算定する必要があった」と答弁している。

Page Top

◆森友学園への国有地売却の経緯◆ anchor.png

<2015年>

5月29日 国と学園が借地契約

<2016年>

3月11日 学園が地中ごみを発見と国に報告

  15日 籠池夫妻が財務省幹部と面会

  24日 学園が近畿財務局に土地購入を希望

4月1日 国が地盤調査などの記録提出を求める

  11日 大阪航空局が「(学園に)プラスになる」として地盤調査記録の提出を促す

  13日 学園が国に地盤調査記録を提出

  14日 航空局がごみ撤去費を約8億円と算定

5月31日 鑑定士が土地評価額を9億5600万円と鑑定

6月20日 国がごみ撤去費を引いた1億3400万円で売却


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 235, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2017-08-24 (Thu) 20:32:21
Last-modified: 2017-11-02 (Thu) 20:28:51 (JST) (878d) by 123-YouSinnanji2
XOOPS Cube PROJECT