Welcome Guest 
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

日本

「偶像を拝むものは天からの炎によって滅ぼされる」 anchor.png

2017/10

韓国は世界中に自分達の神の偶像を立ち上げてしまいました。既に滅びに向かって走り出しています。
キリスト教よ、聖書は現代社会の縮図であることを理解していますか? これ(銭)を拝んでいる国が滅びる様を見届けようではありませんか。

ftp://younan.dip.jp/韓国/韓国経済崩壊 もう遅い 奈落の底まで日本をパクるのか IMFが警告して完全終了ww.mp4

ftp://younan.dip.jp/韓国/超強気外交!なんと日本政府が韓国に500兆を返還要求ww 余りの日本の強気ぶりに韓国が手も足も出なくなるw.mp4

貴重な情報が消去されています。情報統制が行われることは分かっていました。なんとか少しでも対処します。

ftp://younan.dip.jp/韓国/韓国経済崩壊 もう遅い 奈落の底まで日本をパクるのか IMFが警告して完全終了ww.mp4

Page Top

・2017年10月、日本で戦後始めて憲法9条改変を訴えて選挙。その結果? anchor.png

 ここ10年、日本以外の周辺国で戦争に向けた動きが活発化している。

 北朝鮮アメリカを相手に核弾頭を搭載したICBM開発を進め、かつ核開発を推し進めた。結果核を容認しないアメリカ北朝鮮を空母で取り囲み既に半年が過ぎた。

 中国は、日本の乗っ取りを終了したと宣言したと同時に、日本国内でのスパイ活動を活発化。多くのメディアなどは彼らに都合のよい内容しか流さなくなった。

 南韓国は、日本を仮想敵国に認定し、ここ10年間で日韓戦争に備えた準備を進めてきた。

 日本は、外部からの戦争圧力に対応できるよう、戦後始めて9条改変するための衆議院選挙を行った。結果国民の4/5の支持を得て大勝した。

ftp://younan.dip.jp/日本/憲法改正・九条自衛隊明記へ 国民集会・桜井よしこ氏ほか.mp4

Page Top

核廃絶決議、問われる整合性 核禁条約に賛同しない日本 ファビョル朝日新聞 anchor.png

下記に過去日本を席巻した朝日新聞の掲載記事を添付します。
ご承知のごとくアメリカ日本に対して核容認の立場をとりました。

「激震! トランプ氏が日本の核武装を容認」

「米政府が日本の核武装を容認」

「サルでもわかる北朝鮮と日本・アメリカの問題」

「米バイデン副大統領が「日本が本気出したら、中国は一瞬でやられる」とコメントした根拠とは?」

さて、なぜ世界中の国々が日本に対して核を持つべきであると宣言しているかは非常に明快です。しかしこれら情勢が理解できないのは日本語が読めないか、中国韓国日本の力を押さえ込もうとしているとしか考えられません。

対する日本も何もせずてをこまねいていた訳ではありません。2017年10月国政選挙に突入しました。これは日本国民が望んでいる憲法9条決着をつけるためです。

 結果は 9 条 改変について修正する方向で動きだし、特にアメリカとの同盟国として日本の役割か増すのは間違いなく、アジア全体を日本支配下に置き安全と生活を確保することを認めているのです。アジア中国韓国以外はそれを望んでいます。

 間違えてはいけません。過去日本と併合した韓国は、この国が発信しているような支配の仕方ではありません。
学校を作り、川には橋をかけ、道を整備し、鉄道を敷き、町と法律を整備し、そこに住む人々が文化的生活が営めるような支配をしていたことは、韓国の様々な写真と歴史資料が物語っています。
 最もそれを良く思わなかった人もいます。要するに原始人の様な生活を望んだ者もそれなりに居たことは事実であったのです。この者達は現在日本国内でスパイ活動を行い、この日本を含めて原始生活に戻るような情報操作をし混乱させています。
日本人は、優しいのでこれら命を脅かす人々であっても受容し共に生活していますが、彼らの心の中はこれら受容する日本人を好きにはなれず、原人の感覚で殺しあう生活を望んでいるのです。
さて、日本人は近代国家です。既に韓国人とは違い原始人の生活には戻れません。
今回の選挙結果にそれが顕著に表れました。アメリカ日本に負けない国であって欲しいのです。それに対抗する勢力に対し日本は力も持して徹底的に戦う意志を持つ国民です。結果は選挙が物語っています。

 残念ながら韓国は共産主義に飲み込まれ解決方法がなくなっています。彼らは2017年の選挙で顕著となりました。しかしこれは韓国の人々が望んだ結果であり、日本は何も言うことはできません。韓国韓国国民の意思に委ねるしかないのです。
日本の結果は大きく違います。アジアにおいて自由意志により発展する国であり、揺るがない力と憲法をもった国に生れ変ろうとしています。
これを阻む者は外患罪として国家転覆を目論む活動家であることは間違いなく、極刑に処せられます。また時効も無いようです。
それでも日本を貶めるようなことをしていますが。

↓ ここから ↓ (内容は 99% 嘘で固められていますのでご注意ください)


2017/10/29(日)

核廃絶決議、問われる整合性 核禁条約に賛同しない日本

日本が提出した核兵器廃絶決議が144カ国の賛成で採択された。
核兵器禁止条約に触れず、核兵器の非人道性の表現を弱めたことなどから、核保有国である米英仏の支持を得られた半面、賛成は昨年から23カ国減った。

被爆国として核廃絶を訴えながらも、核禁条約に賛同しない日本の核政策は、今後も国際社会で整合性を問われる。

27日の国連総会第1委員会。日本の決議案には多くの批判が出た。

「2017年は核軍縮の転換点。核禁条約ができたことは、無視できない画期的な出来事のはずだ。今年は賛成できない」

昨年は賛成したコスタリカの代表はこう述べ、棄権に回った。今年の決議案が、7月に国連で採択された核禁条約に触れていない点を問題視した。
コスタリカは条約をまとめる交渉で議長国を務めた。

同じく昨年は賛成したニュージーランド。デル・ヒギー軍縮大使は「今年の決議案には過去の決議からの根源的な逸脱があり落胆している」と述べ、やはり棄権を宣言した。

今年の決議案が、「核兵器の使用による壊滅的な人道的結末についての深い懸念」とした点などを指している。
昨年は「核兵器のあらゆる使用による壊滅的な人道的結末についての深い懸念」と、「あらゆる」という言葉が入っていた。

「あらゆる」という言葉がないと、核使用を完全に禁じることにはならず、核使用を容認するような解釈を生む――というのが専門家の共通見解とされる。

フランスの元外交官でシンクタンク「ジュネーブ安全保障政策研究所」のマルク・フィノー氏は「自衛のためなどの場合、合法的に核兵器を使用できうるという意味になる」と解説する。
別の国際法専門家は「核攻撃に対して、核による『報復攻撃』の可能性を残しておくというのが日本の立ち位置ではないか」と指摘した。

また今年の決議案で批判が集まった中に、昨年の「核兵器の完全な廃絶を達成」という「明確な約束」を再確認する文言が、「達成」部分が削除され「核不拡散条約(NPT)の完全履行」に後退した点がある。NPTは核の使用を禁じていない。
日本政府関係者によると、安保環境が厳しくなる中、核保有国の支持を得るため交渉を重ねた結果、この表現でしか折り合えなかったという。

唯一の戦争被爆国の日本は1994年以来、毎年、国連総会に核廃絶決議案を提出し、核軍縮を世界に呼びかけてきた。決議には加盟国に対する「勧告」程度の強さしかないが、それゆえ、核を巡る立場の違いを超えて、多くの国々の賛同を得ることができる。
昨年は167カ国から賛成を取り付け、日本政府が世界の核軍縮分野の「橋渡し役」としての存在感を発揮することを可能にした。

今年の決議案に賛成した国からも、批判の声は上がっている。スイスとスウェーデンの代表は「再解釈や書き直しのいかなる試みにも断固として反対する」。
同じく賛成したある国の関係者は取材に対し、「来年も同じ決議案なら、投票行動の変更を検討する」と述べた。


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 409, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2017-10-29 (Sun) 16:18:26
Last-modified: 2017-11-08 (Wed) 08:41:58 (JST) (872d) by 123-YouSinnanji2
XOOPS Cube PROJECT