Welcome Guest 
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

トヨタ、3年前発表の計画破棄。2050年まで現状のエンジン搭載から2025年ごろからエンジン車だけの車種ゼロへ変更せざる得なくなった。 anchor.png

2017年12/18(月)

トヨタ、エンジン車だけの車種ゼロへ 2025年ごろまでに。

トヨタ自動車が今秋の東京モーターショーで発表したEV試作車「コンセプト・アイ」

 トヨタ自動車は18日、エンジン車だけの車種を2025年ごろまでにゼロにすると発表した。電気自動車(EV)に、ハイブリッド車(HV)やプラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)も加えた「電動車」を、すべての車種に設定する。

【写真】トヨタ自動車が今年2月に発売した新型「プリウスPHV」

 併せて、20年から売り出すEVを20年代前半には10車種以上に増やすことも発表した。まず発売する中国に続いて、日本、インド、米国、欧州に順次投入していく。世界各地で強まる環境規制に対応していくためだ。

 トヨタは13日、電動車の世界販売台数の割合を15%から30年ごろには50%以上に引き上げる方針を発表。約150万台から約550万台に増やす想定だ。これを達成するため、電動車用の電池をめぐるパナソニックとの提携強化を検討することも公表していた。

 量産HVの「プリウス」を世界に先んじて発売してからことしで20年。HVや「究極のエコカー」と位置づけるFCVだけでなく、長く慎重だったEVにも注力。商品化の出遅れを取り戻していく。

 世界販売で首位を争う独フォルクスワーゲンが25年までに50種のEVを投じる方針を示すなど、電動車シフトは世界的に加速している。

世界は、トヨタの計画より10年先んじた計画で進んでいるので、トヨタの圧倒的遅れをなんとかしなければならないと考えているだろう。
ここ5年、トヨタが発表してきた計画は、一切腰を落ち着けず一般ユーザーに一切関係ないものばかりであったので、やっと時代を読み始めたか。


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 288, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2017-12-18 (Mon) 20:53:50
Last-modified: 2017-12-18 (Mon) 21:06:03 (JST) (832d) by 123-YouSinnanji2
XOOPS Cube PROJECT