Welcome Guest 
検索
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

自動車

2017年 水素自動車の現状を調査しました。 anchor.png

2017/10

 2017年も残り二ヶ月を切り、なんとなく今年の状況も読めるようになった現在、水素ステーションの数が一時は減少しトヨタが推進する水素自体が頓挫していることが分かりました。
そこで再度、水素自動車の電力効率などを再確認し、使い物になるか正しい情報を纏めることとしました。

Page Top

水素自動車とEVが1000キロ走った場合の電力量比較 anchor.png

詳細はここを確認してください。

日産リーフとトヨタ MIRAI で1000キロ走れる電力量を比較します。

日産リーフでは、
117.7kwh/1000キロ である。
一方トヨタの MIRAI では、
42062.11kwh/1000キロ である。

よって、トヨタ MIRAI は日産リーフより、357.36 倍効率が悪いことが確認できます。
もし、トヨタ MIRAI が多く走った場合、原発が100機以上必要となるでしょう。これが復旧するとは考えられませんので日本人は頭がいい国民であることが理解できます。

ちなみに、トヨタ MIRAI と日産ノート ePowre は、構造が全く同じである。違うのは、1、MIRAI は電気を水素に変換しそれを再び電気に変換。これをバッテリに充電しモータを回して走る。2、ノート ePower はガソリンを電気に変換しバッテリに充電。これでモータを回して走る。よって MIRAI と ePower は水素かガソリンかの違いだけで、構造は全く同じでなのだ。

Page Top

2017年10月現在の水素自動車の動向 anchor.png

燃料電池車の普及進まず 販売台数は発売2年で僅か1500台弱に。

 次世代自動車としてトヨタなどが販売し、水素を燃料に使う燃料電池車の国内登録台数が、発売から2年が過ぎた昨年末現在で千五百台弱にとどまっていることが関係者への取材で分かった。
 車体が720万円超と高価な上、「2020年度に160所程度」が政府目標である水素ステーションの数も現在、99所と少ないことかつスタンドの運営時間が非常に短いなどが理由とみられ「20年に4万台程度とするとの国の目標達成は厳しい情勢だ」(政府筋)という。
 関係者によると、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」の登録台数は14年の発売から昨年末までで約1370台。ホンダが昨年からリース販売をしている「クラリティ フューエルセル」は約110台だった。
 業界関係者によると、燃料電池車に水素を供給する水素ステーションは、1カ所の建設費用が約4億円に上る。採算が取れるには1カ所当たり一日顧客約1000台の燃料電池車の利用が必要とされるなどの状況から建設がまるで進まない。
 経済産業省など産学官の有識者らでつくる水素・燃料電池戦略協議会が2016年3月にまとめた「水素・燃料電池戦略ロードマップ」は「燃料電池車は2020年までに4万台程度、2025年までに20万台程度」とするなどの目標を明示したものの、水素ステーションは「20年度までに160カ所程度、2025年度までに130カ所程度」と下方修正された。更に、電力効率が EV には及ばないので、更なる別の使用法が求められている。
 経産省資源エネルギー庁は「燃料電池車への需要はあり、今後、メーカーの生産能力向上も期待できる。普及台数やステーションの目標は野心的ではあるが、現実的な目標だと考えている」(新エネルギーシステム課)としている。
 燃料電池車は走行時に温室効果ガスを出さない次世代のエコカーとして官民が普及を進めているが、実際の電力効率は EV に遥か及ばないばかりか、排出される水には素水素原子が含まれるので完全な温室効果ガスゼロ排出車ではない。

 水素と酸素の化学反応によって電気をつくる燃料電池の力で進む自動車。運転中には水と素水素しか出ないため次世代のクリーン自動車として開発が進んでいた。トヨタが2014年12月、世界初の一般向け燃料電池車「MIRAI(ミライ)」を発売。トヨタは年間の生産台数や目標を明らかにしていないが2015年1月に「2017年には3000台程度に拡大する」と発表したが、1台720万円超と高価格な上、水素の生産や輸送、ステーションの整備などの低コスト化が課題。こうしているうちに EV ステーションは次々と構築され続けている。

Page Top

「水素自動車」も「水素ステーション」も全然普及する見込みがない件 anchor.png

「水素自動車」の登録台数が、現状は全く普及していない模様。

次世代自動車としてトヨタなどが販売し、水素を燃料に使う燃料電池車の国内登録台数が、発売から2年がたった昨年末現在で1500台弱にとどまっていることが関係者への取材で22日、分かった。

車体が720万円超と高価な上、「2020年度に160カ所程度」が政府目標である水素ステーションの数も現在、90カ所と少ないことなどが理由とみられ「20年に4万台程度とするとの国の目標達成は厳しい情勢だ」(政府筋)という。
関係者によると、トヨタの燃料電池車「MIRAI(ミライ)」の登録台数は昨年末までで約1370台。 ホンダの「クラリティ フューエルセル」は約110台だった。

MIRAI を購入すると、合計で2,252,900円の補助金が支給される。

内訳は↓
エコカー減税(自動車重量税)・・・約30,000円減税
エコカー減税(自動車取得税)・・・約180,900円減税
グリーン化特例(翌年の自動車税)・・・約22,000円
CEV補助金・・・約2,020,000円
MIRAIの車両本体価格は7,236,000円ですので、補助金が支給されると、5,216,000円で購入できるものの、これでもまったく普及していないのが現状。

水素ステーションも全く普及していない。また水素ステーションがあっても稼動している時間が1週間でわずか4時間程度と使えない状況にある。店員に話を聞いてみると「水素」がないとのこと。
それはその通りで、水から水素を作ろうとすれば EV の350倍以上の電力量が必要となる。どこの会社でも利益がないことが確実であるものに投資はできないのだ。人の税金をばらまいた補助金という制度で設置したとしても結局長続きしないのは明らかで、この程度も分からないのがトヨタなのだ。

トヨタのウェブサイトによると、現在の水素ステーションの設置数は、全国で僅か92ヶ所。22都道府県にしか水素ステーションはありません。また、店が開いている時間も一週間で僅か4時間程度である。

平成29年4月1日現在、トヨタのお膝元である愛知県には、水素ステーションが16ヶ所あるようですが、それ以外の都道府県では、全然普及していないのが現状です。

宮城県・・・1ヶ所
茨城県・・・1ヶ所
埼玉県・・・8ヶ所
千葉県・・・3ヶ所
東京都・・・13ヶ所
神奈川県・・・13ヶ所
山梨県・・・1ヶ所
静岡県・・・2ヶ所
愛知県・・・16ヶ所
岐阜県・・・2ヶ所
三重県・・・2ヶ所
滋賀県・・・1ヶ所
京都府・・・2ヶ所
大阪府・・・7ヶ所
兵庫県・・・2ヶ所
広島県・・・3ヶ所
山口県・・・1ヶ所
徳島県・・・2ヶ所
香川県・・・1ヶ所
福岡県・・・9ヶ所
佐賀県・・・1ヶ所
大分県・・・1ヶ所

水素ステーションが存在しない都道府県
北海道
青森県、
岩手県、
秋田県、
山形県、
福島県、
栃木県、
群馬県、
新潟県、
富山県、
石川県、
福井県、
長野県、
奈良県、
和歌山県、
鳥取県、
島根県、
岡山県、
愛媛県、
高知県、
長崎県、
熊本県、
宮崎県、
鹿児島県
沖縄

今後、水素ステーションは結論を先にいうと、全く増えない模様です。
経済産業省が策定した「水素・燃料電池戦略ロードマップ改正のポイント」を見てみましょう。

水素自動車の普及は、2020年までに4万台、2025年までに20万台、2030年までに80万台を目標にしている模様。
で、水素ステーションは、2020年までに160ヶ所、2025年までに320ヶ所の設置を目標としているようです。
このデータを見る限り、水素自動車は絶対に普及しません。

Page Top

水素自動車が普及しない理由 anchor.png

水素自動車が普及しない理由は、水素自動車を増やそうとしているのに、水素ステーションの絶対数と水素を作れるプラントが足りないからです。

↓詳しく説明します。

現状、1500台の水素自動車に対して、92ヶ所の水素ステーションがあります。

で、2020年に水素自動車の目標台数4万台に対し水素ステーションの設置目標は僅か160ヶ所しかありません。水素自動車を26倍増やそうとしているのに水素ステーションは1.73倍しか増えませんので完全に不足です。更に水素を作り出すプラント計画が見えません。ネットでは仮想的内容が発表されているもののどれも実現できる内容ではありません。
この状況で、水素が主流になるというは、国民を愚弄しているとしか思えません。

2025年の計画として水素自動車目標台数20万台に対し水素ステーションの設置目標は僅か320ヶ所です。2020年から5年間で水素自動車が5倍増やそうとしているのに対して水素ステーションの設置目標は2倍です。現状のステーションですら水素がないので一週間で僅か4時間しか開店できない状況でありながら、ステーションを増やしても運営できないのは明らかです。

↓一昨日のニュースです。水素ステーションの数は、上記の経済産業省が策定した「水素・燃料電池戦略ロードマップ改正のポイント」に基づいているようです。ってか、日本を代表する大企業が11社も集まって新会社を設立するのに、2020年までに160ヶ所の水素ステーションしかできないのはおかしくないですか?

水素ステーション普及へ トヨタ、日産、ホンダなど11社が新会社設立へ覚書
燃料自動車(FCV)の普及に向け、官民一体となった取組みが本格化する。政府が描く「水素社会」の実現を目指し、トヨタ自動車など11社が水素ステーションの整備を目的とする新会社設立に向けた覚書を交わした。
まずは2020年度までに水素ステーション160箇所の整備、FCV4万台の普及を目標にオールジャパン体制を築く。
2030年までにFCV普及台数を80万台。

この度覚書を締結したのは、トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業、JXTGエネルギー、出光興産、岩谷産業、東京ガス、東邦ガス、日本エア・リキード、豊田通商、日本政策投資銀行の11社。

5月19日に覚書を交わし、年内の新会社設立に向けた協議に入る。
出資比率や資本金等の詳細は今後調整を行う。自動車メーカーはFCVの普及拡大、インフラ事業者は水素ステーションの整備・運営、金融機関等はファイナンス等による支援を行う。
それぞれの役割分担を明確にしつつ、オールジャパンの企業連合が連携して目標を目指す。

念頭にあるのは政府の進める「水素社会」の現実である。
経済産業省は「水素・燃料電池戦略ロードマップ」を公表している。
それによると、水素ステーション整備数は2020年度までに160箇所、2025年度には320箇所、FCVの台数は2020年までに4万台、2030年には80万台とする事を目標としている。
この目標を達成するべく、今回の覚書が交わされたのである。4月に政府が「水素社会」の実現に向けた基本計画の年内策定を決めた事も大きい。

政府が絵を描き、民間が実現させる、正に官民一体となった事業である。
政府は道筋を示すだけでなく、補助金の投入等の金融支援や規制緩和の継続、拡大を検討していく。

インフラ拡充でFCV普及に弾みをとは言うが、FCVはトヨタが2014年に「ミライ」、ホンダが2016年に「クラリティフューエルセル」を市場投入しているが、普及台数はまだ1700台程度に留まっている。
トヨタは水素を燃料とするバスも開発し、2月に1台目を東京都へ納入しているが、商用部門での展開は乗用部門より更に遅れを取る。次世代自動車では電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)が大きく先行しているのが現状である。

FCVの普及に向けた障壁は主に2つある。
1つ目は水素ステーションの普及である。水素ステーションは現在全国で約90箇所しかなく、普及に向けたインフラが整っているとは言えない。
また、現状の水素ステーションの建設コストはガソリンスタンドの数倍であると言われている。
官民一体となり、コストが先行してでも水素ステーションの拡充を進める事で、インフラの整備が進むと共に、建設コストの低減も可能となる。

2つ目の障壁はFCVの車両価格の高さである。様々な補助金を使っても、FCVの車両価格はガソリン車やEVよりも高くつく。
インフラの拡充を先行させ、FCVの普及を促す事で、自動車メーカーがFCVの量産体制に入り、車両価格が下がる事を狙う。

FCVはEVと比べ水素充填時間は短いが、航続距離がEVと変わらないという特徴がある。現状の障壁をクリアできれば、普及に大きな弾みがつく可能性も十分にあると考えるのは早計で、走行効率がEVより350倍悪い現状を考えれば先行きは明るくない。官民連合の発足は世界を代表するFCV大国を目指した第一歩となるが、基本的に EV には特性上勝つ事はできないだろう。

Page Top

逆にこういう考え方もある。燃料電池車発売2年で1500台も売れた! 目標20万台は266年で完了だ!!! anchor.png

2017/07

実際 EV に乗るとスタンドに行かない習慣は病み付きになる。わざわざスタンドに行きガソリンを入れるのが苦痛なのだ。
水素ステーションは東京に住んでいても自宅から1時間以上の道のりで往復2時間。1週間に1回として1ヶ月で8時間。
もし EV で自宅で充電するは場合、朝1分でコネクタ外す。帰宅し1分コネクタを取り付けるだけ。これで朝にはフル充電される。 一週間に1回フル充電するとして一ヶ月の時間は僅か8分しか消費しない。
これで水素が優れているという理由は既にない。

高値影響、水素供給施設も少ない。次世代自動車としてトヨタなどが販売し、水素を燃料に使う燃料電池車の国内登録台数が、発売から2年がたった昨年末現在で1500台弱にとどまっていることが関係者への取材で2017年9月22日、分かった。

54 :2017/07/11(火) 10:52:41.01 ID:/IreYb+l0.net
なんにせよ日本は世界の標準にはなれない。
※航空機は除外

21 :2017/07/11(火) 10:23:25.94 ID:4GST68et0.net
水メタノール噴射(ウォーーー!)

58 :2017/07/11(火) 11:00:26.33 ID:JFII+OQG0.net
水素タンクをカートリッジ式にして
それを搬送販売回収すれば効率的
ローリ式やってる場合じゃねえ

68 :2017/07/11(火) 11:54:50.87 ID:zPmr3ArN0.net
 >>56
アルアル!
作戦練るのが下手なんだよな…
もう日本国内でのみ有効な技術を磨き上げていくしかないよね

80 :2017/07/11(火) 12:54:01.17 ID:CZ/jf1AC0.net
 >>75
ちょう高圧に圧縮するのはどうすんだよハゲ
けど、それに近いシステム作りはパナソニが目指してるな
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ03I0B_T00C15A7TI1000/

23 :2017/07/11(火) 10:25:24.02 ID:z+BQoQsZ0.net
 >>16
ちくしょーちくしょー! 水素社会に…… 水素社会にさえなればー! 日本は沈没する。

49 :2017/07/11(火) 10:48:28.00 ID:JFII+OQG0.net
あのクルマカッコいい憧れるう。にならんと拡販しないよ。
安い現行車ですらね。

71 :2017/07/11(火) 12:27:28.60 ID:TNNeoKh20.net
余剰電力を水素にして有効活用って言うくらいならわかるけど
燃料電池車をいきなり普及させるのは無理があるよなあ。

32 :2017/07/11(火) 10:32:20.23 ID:z+BQoQsZ0.net
燃料電池の核の部分の寿命はどれくらいなんだろう?
水素を電気にする部分。

79 :2017/07/11(火) 12:52:11.60 ID:CZ/jf1AC0.net
 >>6
マイクロガスター10は超小型の発発として割と有望だと思う

90 :2017/07/11(火) 21:10:09.72 ID:lz2qU0jr0.net
水素補給ホースが100回分の耐久性しかない
交換に100万円、大赤字ですわ。

89 :2017/07/11(火) 20:18:14.81 ID:xfhzrVB60.net ?PLT(13000)
経産省の天下り程度の組織が水素ステーション全国に作るのは不可能。
ここにも在日特権にやらせて大儲けさせようとしているのがミエミエです。

99 :2017/07/11(火) 22:23:24.23 ID:iPiyZ0Xv0.net
レポート記載内容
 走行段階(燃料製造)
  燃料供給段階の排出量(採取、精製、輸送etc.含)について評価する。
  日本:本研究では、顧客への車両引渡し時に充填されている苛性ソーダの副生水素を適用した。
 問題点
 ・流通している水素は、ほとんどCO2を排出した化石燃料改質水素にもかかわらず、車両引き渡し時の副生水素を適用
 ・副生水素は全て有効利用されて余っていないので、トヨタが横取すると横取りされたほうは化石燃料を代わりに使う。
  よってCO2の排出は減らないにもかかわらず、副生水素だからCO2発生を少なくカウント。

レポート記載内容
 化石燃料消費ポテンシャルはリファレンス車(ハイブリッド)はMIRAI(天然ガス)より良い結果が出ている

問題点
 MIRAIのほうがライフサイクルトータルでクラウンハイブリッドより化石燃料を多く消費する

104 :2017/07/12(水) 09:20:59.28 ID:QMKFUUth0.net
 >>14
 >>18
自宅で太陽光発電してバッテリーで貯めといて帰宅してから充電ってスタイルが推奨されてるな

43 :2017/07/11(火) 10:41:26.66 ID:ngfcsN7A0.net
 >>5
トヨタ車なんか買わん。燃料電池だからとか関係ないよ。

40 :2017/07/11(火) 10:37:55.27 ID:xfhzrVB60.net ?PLT(13000)
 >>34
なんであんなデザインダセェんだよ

102 :2017/07/11(火) 23:52:42.53 ID:H6OoBATY0.net
 >>82
チョビチョビでも毎日作ってくれればありがたいんだけどな。
もしくは
雑草とかぶっこめば水素かエタノールにしてくれるユニット作って欲しい

62 :2017/07/11(火) 11:20:39.94 ID:Cg/OEIbm0.net
 >>56
以前はその屁理屈をHVとクリーンディーゼル(笑)でやってましたね

3 :2017/07/11(火) 10:13:41.55 ID:yRFDp2RX0.net
まぁ目標位は高く持たないとね

53 :2017/07/11(火) 10:51:34.23 ID:JFII+OQG0.net
カスタマーは箱の中身など
どうでもいい
分かれよ

41 :2017/07/11(火) 10:39:44.05 ID:6Rmy0p+60.net
 >>37
作るのはどのメーカーもやれる。
インフラ整備がそもそも不可能なだけ。
だから誰も手を出さなかった。

72 :2017/07/11(火) 12:32:48.16 ID:AUEb+42S0.net
値段が高い
RX8 や 86 みたいなスポーツ外観にして話題と人気取りする
水素ステーションをガススタ並みに増やす

最低このラインはクリアしないとアカン

63 :2017/07/11(火) 11:26:10.77 ID:6Rmy0p+60.net
 >>55
有名。ググってみ?

24 :2017/07/11(火) 10:26:08.95 ID:6Rmy0p+60.net
 >>20
ならないよ、水素圧縮する電気を直接EVに充電しろと。

69 :2017/07/11(火) 11:55:56.14 ID:r0Rj3Wxc0.net
 >>1
なんや違和感があるんやが。
「目標1500万台」とかあるやん。
これって計画経済っちゅーか、社会主義的な感じがするんやが。
売れる売れないは、市場とそれを安定的に動かせる「専用のインフラ」が少しづつ増えていって、売れる数なんて個人の要望や社会情勢によって変わりますやんか。
この「目標」ってのは、なんで設定してるんやろけ?
社会主義的な思考が経済に入り込んでるんかの?

20 :2017/07/11(火) 10:22:24.16 ID:st0m+XLy0.net
なに利権だよ
万が一水素自動車が世界で普及しても世界標準は欧米方式になって設備全とっかえになるんだろ


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 293, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2017-10-15 (Sun) 05:55:53
Last-modified: 2017-11-01 (Wed) 22:41:23 (JST) (879d) by 123-YouSinnanji2
XOOPS Cube PROJECT