Welcome Guest 
検索
MenuBar
オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (5 人のユーザが XPWiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

自動車

トヨタに未来はあるか? 中島聡に寄せられた質問 anchor.png

今週は、こんな質問がありました。

トヨタ自動車の未来についての質問です。

Q. 先日、トヨタ自動車とマツダ自動車が資本提携を結び、将来的にはEVの共同生産も開始するといった情報が出ておりました。
トヨタ自動車としてはイノベーションのジレンマでなかなかEVへの完全シフトに踏み切れない事情もあると思うのですが、
今のままだと世界のEVの潮流に完全に取り残されてしまうリスクもあるのと思います。
トヨタ自動車がこのまま中途半端なEVシフトしか対応しなかった場合、トヨタはどのようになっていくと思いますか?
また、もしも、EVに本腰を入れて取り組んだ場合、
大胆なリストラや関係会社をドラスティックに切っていくようなこともやっていかなければならないと思うのですが、
そんなことトヨタにはできるでしょうか?

イムリーな質問、ありがとうございます。

EVへのシフトは、もはや時間の問題でしかないと私は見ていますが、そのスピードに関しては、各社の政策、消費者マインドの変化、石油価格、既存の自動車メーカーの対応、Tesla Model 3 の成功、リチウムイオン電池技術の遅れから中国を中心とした製品で新規参入、など様々なパラメータがあるため、予測するのは簡単ではありません。

いずれにせよ、シフトは一夜で起こるわけではないし、全ての車両タイプで起こるわけではないので、たとえトヨタ自動車が中途半端な EV シフトをしなくとも、それが2〜3年以内に売上や利益に直接的な大きな影響を与えるとは思いません。
直接影響を受けるとしても、Tesla Model 3 と米国で直接競合する車種(小型の高級セダン)だけだと思います。

もちろん、中長期的にはトヨタ自動車自身も EV シフトをせざるを得ませんが、そこで一番のネックになるのがディーラーネットワークだと思います。
ディーラーは、今や車両の販売価格と卸値の差で儲けるのではなく、販売後のサービスや部品で儲けるビジネスになっているため、メンテナンスがほぼ不要な EV 車を売るインセンティブが全く働かないのです。
かといって、彼らのマージンを増やしていては、Tesla などのライバルとの価格競争に負けてしまいます。

「EV だけ直売」のようなことが出来れば良いのですが、現在のディーラーとの契約ではそれは無理だと思います。

ディーラーとの契約をかいくぐる「ウルトラC」として、今回提携を発表したマツダと EV 専門の新会社を作り、そこはディーラーを通さずに直売をするということも可能なように思えますが、それをディーラーたちが黙って見ているとも思えないので、痛みを伴う改革になることは確実です。

トヨタ自動車にとって、もう一つの大きな悩みは、莫大な開発費を投じたものの絶対実にならないことを知っている水素自動車です。
「EV に本気で取り組む」とは、すなわち「水素自動車を捨てる」ことです。
現在のように、「EV と 水素自動車は並行して進める」というメッセージを出している限りは、経営陣はまだ本気ではないと解釈して間違いないと思います。

痛みを伴う改革は、実際のところは「できるかどうか」ではなく「やるかどうか」なので、それは全て経営者たちの覚悟次第だと思います。

ちなみに、どんな大企業でもそうですが、トップが危機感を持っているにも関わらず、実際に働いている人たちは、日々の仕事に忙殺されて、大きな変化に目を向けている余裕もなく、結局対応が遅れてしまうということがしばしばあり(私が Microsoft にいた時にも体験しました)、それが改革の足を引っ張ります。

既存のビジネスを壊さず、かつ、同時に新しい変化に対応するということが非常に難しいことは、歴史が何度も証明しています。
ここから数年の自動車業界からは目が離せません。

Page Top

日産に大きく出遅れ! 世界の大トヨタがEV(電気自動車)開発に積極的ではないワケ anchor.png

ハイブリッド技術があるからトヨタはEV(電気自動車)には積極的ではない?・・・しかしiQのEVに乗って驚いた!

 トヨタは電気自動車に対し積極的ではない。おそらくハイブリッドという素晴らしい技術を持っているからだろう。
日産が持てる力の全てを電気自動車に投入しているのと対照的である。
本来なら電気自動車など作りたくないという姿勢ながら、そうもいかない。
カルフォルニア州の規制をクリアしなければならないからだ。

 トヨタもホンダも2012年に年間1200台程度の電気自動車をカルフォルニア州で販売する必要があります。
だからこそトヨタもホンダもイヤイヤ電気自動車開発し、今回のLAショーで発表した。
しかし最近の流れを見ていると、トヨタも「電気自動車にもっと注力しなければアカンか?」と考え始めたように思う。
だからこそテスラモータースに資本参加したのだろう。ここまで読んで「トヨタなら簡単に電気自動車なんか作れるでしょ?」と思うかもしれない。
確かに量産しないとコストが下がらないインバータやモーターなど、すでにトヨタは持っている。
iQの電気自動車のインバータ、プリウス用だ。

 試乗してさらに驚く。
車体や制御技術は世界一と言ってよかろう。
プリウスと同じ協調制御ブレーキ(回生と油圧のコントロールを電子制御する)を使っているため、効率の良い回生が可能。
プリウスで燃費を稼ぐために得たノウハウ(アクセルオフで電車のような滑走状態になる)もキッチリ入ってます。
日産ですら、アクセル戻すとエンジンブレーキ程度の回生を行う、というムダな制御をしているのに。
また、車体を徹底的に軽量化。どうやら1050kgしかないらしい。これにより40kWのモーターでもビックリするくらい元気良く加速する。
試乗したiQ、年内発売でも不思議じゃない仕上がり。

トヨタが陥ったEV開発の落とし穴とは

 ではどこがダメか?
二つある。
まず電池。パナソニックと共同開発した電池(性能良いが危険性高いニッケル正極タイプ)は大失敗作。
しかもスバルが持っていたNECの電池(今は日産)を手放させてしまうという2重の失点となった。
スバルに持たせておけば、どんなに有利だったことだろう。

 あわてて買収したサンヨーも、どうやらトヨタの意のままにならない模様。
加えてコスト的に高いようだ。だからこそiQの電気自動車は高価なバッテリーをなるべく少なくする、ということを最大の開発テーマにしている。
バッテリーに関していえば、完全に2周遅れになってしまった。

 もう一つはニーズ。
トヨタによれば「電気自動車は近距離のコミューターである」。
耳への聞こえはよい。
でも走行距離の少ないコミューターだと安い電気代を活かせません。
走行距離が10万kmになれば、ガソリンより車両価格50〜70万円高くても安い電気を使うことでペイ可能。
そもそもHVだってペイできませんので。

 けれど近距離しか使わないコミューターなら、安価なガソリン車の方がコストパフォーマンス高い。
誰も安価な部品と走れない電気自動車なんか買わないですよ。
必要とされる電気自動車は、ムーブやタントのような広い室内を持つヴィッツ級(価格は150〜200万円)。

トヨタの電気自動車戦略は練り直しが必要だと思う。

Page Top

マツダとトヨタが資本提携。本当に最適な相手だったのか? anchor.png

一般的には、天下のトヨタ様が記事タイトルの先に来ますが、マツダ車専門の当店blogでは当然マツダが先に来ます。

「マツダとトヨタの資本提携」です(笑)
それはさておき、EVでは完全に出遅れたマツダとして、トヨタの資本提携はメリット大・・・と言いたいところですが、EVではトヨタもマツダ同様、完全に出遅れてます。とすると、EVでは弱者連合ですので、手放しで評価できるかと言えばそうでもないでしょう。

ちなみに、トヨタ自身は「電動化技術は十二分に蓄積してきているので、出遅れてはいない」と言うとは思いますが、それならテスラなんかと連携を模索する必要はなかったと言えますし、EVの完成車の台数をみてもこの主張には説得力に欠けます。
理屈で考えるとEVが必ずしも環境に優しい車ではないことは明らかですが、世の中は理屈だけで動くわけではありません。
フランスがガソリン・ディーゼル車の販売を禁止(2040年までに)するなんてことを言い出したことから分かるように、EV化の大きな波は無視できなくなっています。

フランス政府が6日、2040年までに国内のガソリン車とディーゼル車の販売を禁止する方針を明らかにした。
トヨタは2050年になったらエンジン車の製造を止めるそうですけれど。

マツダが幾ら「内燃機関こそが主流」と主張しても、世の中がEVに向かって、販売する車が無くなって経営が傾いては元も子もありません。
マツダの規模からいえば今からEVを単独開発する余力は全く無いし、強みも出せないので既にハイブリッドシステムで提携関係にあったトヨタと共同でEVを、というのは分かりやすい動きでしょう。

しかし、自動運転技術の観点からこの資本提携を見ると、さらに、もう一つの課題が見えてきます。

自動車業界において、中長期的に経営のキーになってくるのは、EV等の電動化技術と、自動運転系の技術の2本だと思います。
ところが、マツダは自動運転技術についても、微妙なポジションを取っています。

(参考)“Be a driver.”のマツダは何を作る?

藤原専務に聞く自動運転社会 

(1) 人が、人を助けるための自動運転 | マイナビニュース

あくまでも人間中心の自動運転で、自動運転はそれを補助するものである、という考え方です。
車好きとしては激しく同意なのですが、EVと全く同じで、自分たちの思いとは関係なく世の中は動きます。
自動運転技術が今後も補助的な技術という位置づけであり続けるとは思えません。
10年前にEVがここまで勢いを増してくるとは予想し難かったのと同様、10年後には人間の補助だとか、そんな小難しい話は抜きにして自動運転技術を無視出来ない状況になっていると予想します。
10年後どころか、もっと早く5年後ぐらいにその波がやってきそうな雰囲気です。

以上を踏まえ、「この資本提携が正しかったのか?」の問いに戻ると、EVと同様の疑問が沸いてきます。
自動運転技術で出遅れているマツダにとって、同じく自動運転技術でも遅れているトヨタで良かったのか。

トヨタもその遅れを挽回すべく必死に取り組んではいますから、それが成果として実を結ぶ可能性もありますが、それ以上に競合も力を入れていますので楽観視は全くできません。

例えば、EVだけでなく自動運転技術にも積極的な中国では、全体主義であることを生かして27万屬發亮動運転テスト用の街を作ってしまう(正確には作っている最中)ぐらいで、今後、自動運転技術で世界を牽引していく可能性は十分あるでしょう。少なくとも、自動運転技術のトップ群には入ってくると思います。

反射的に「中国企業に買収されるよりは・・・」と思ったものの、元々スウェーデンの企業だったボルボはジーリー(浙江吉利控股集団)に買収されて業績絶好調です。

ということで、先入観なしに考えると、トヨタ以外にも提携先はあったのでは?
と思わざるを得ません。
中国企業がいい、とまでは言いませんが、身近な相手を短絡的に選んだ印象を受けてしまいます。
それとも、経産省の横やりでも入ったのでしょうか??

経営に「正しい答え」というものはなく、これが正しい選択だったのかは歴史の証明を待つしかありません。
いまを生きるマツダ車ファンとしては、この提携が上手くいってくれることを祈るしかないですね。


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 376, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2017-08-09 (Wed) 22:57:43
Last-modified: 2017-11-01 (Wed) 22:33:11 (JST) (882d) by 123-YouSinnanji2
XOOPS Cube PROJECT