Welcome Guest 
検索
MenuBar
オンライン状況
2 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが XPWiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 2

もっと...
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

自動車

トヨタ、中国でEV量産へ C―HRベースに19年にも。水素は縮小余儀なくさせる。 anchor.png

2017/7/22

トヨタ自動車中国で生産販売する電気自動車のベースとする「C−HR」。

 トヨタ自動車が電気自動車(EV)の大量生産に、まずは中国で2019年にも始める方針を固めた。
エコカー戦略の柱にガソリンも使うハイブリッド車(HV)を据えてきたが、環境規制の強化に対応。EVシフトで先を行く海外勢に対抗する。

 中国は18年以降、EVなどのエコカーの一定以上の販売をメーカーに義務づける。
HVは対象外になるため、対応を迫られていた。

 今回のEVはスポーツ用多目的車「C―HR」がベース。生産台数は規制や補助金の内容を見極めて決めるが、年間数千台以上でスタートする可能性がある。
日産の様に電池技術持ちを自社調達したいところだが、トヨタにはその技術がないので電池技術と電池などの基幹部品は中国での現地調達とする。

このEVの販売は中国市場に限るが。
中国に先立ち、米カリフォルニア州も17年秋から規制を強化する。

トヨタはこの規制に対し、当面トヨタの技術では対応ができないので、外部からの充電もできるプラグインHVや燃料電池車(FCV)で対応する予定だが、現状PHV程度て PHEV の性能に達していないトヨタがどこまで認知されるかは微妙。
さらに中国でしか対応できないトヨタは日産と違いアメリカでも弱い状況にある。

トヨタが電池も含めどこまで日産に様に電気技術を高められるかが鍵となる。


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 379, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2017-07-22 (Sat) 15:15:39
Last-modified: 2017-11-01 (Wed) 22:17:43 (JST) (882d) by 123-YouSinnanji2
XOOPS Cube PROJECT