Welcome Guest 
検索
MenuBar
オンライン状況
12 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが XPWiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

1734 2017/07/12アラカルト anchor.png

秋生まれの一学生
余命さん。
いつもブログ拝見しております。
初めて投稿させていただきます。

zakzak by夕刊フジ(産経系)2017年7月11日
「逃げ腰」習氏にトランプ氏激怒、北潰しプロのCIAが韓国で極秘工作 中朝工作員は突然「安倍潰し」活発化
北朝鮮のこれ以上の暴発は断じて許すわけにはいかない。日本は米国との連携を強めていく必要がある。だが、深刻な不安が浮上している。
 外事警察関係者は「日本国内で、中国北朝鮮の工作員の動きが、突然活発化している。安倍政権を攻撃するものだ」といい、こう続けた。
「『加計学園問題』や『豊田真由子衆院議員の暴言・暴行問題』『稲田朋美防衛相の失言』などが相次ぎ、自民党は都議選で歴史的敗北をした。ネット上では、中朝工作員とみられる、『安倍政権潰し』の大量の書き込みがあった」
 「彼らは『安倍政権を倒せば、日米同盟は弱体化し、トランプ政権は中国制裁や北朝鮮攻撃が不可能になる』と考えているようだ。工作員たちが政界関係者やマスコミ関係者と接触している。危険だ」
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170711/soc1707110007-n3.html

テロ等準備罪施行日にこのような記述が。
どのメディアであれ、記事の内容を容易に鵜呑みにするのはいけないかもしれませんが、この内容が大手紙系列のメディアに載ること自体、敵側には大打撃ではないでしょうか。公に出るのは初めてな気がします。
特に、注目なのは、コメントの主が外事警察関係者。
 余命さんや読者さんたちにとっては「何を今更」かもしれませんが、この記事を見る限りすでに警察は、メディア・政界と工作員の関係性を掴んでいる模様。
あれ、「森そば加計そば」云々やってる間に、反日勢力詰み手では?
いや、詰み手だからこそやってるのか…?
何にせよ、これからが面白くなりそうですね。
以上報告お粗末さまでした。

おかちゃん
共謀罪成立、ひとますは安堵ですね。
あとは、これが実際に効果を発するのかどうかですね。
 我々が望むような効果がでなければ、総理は死んだふりでは済まずにこのままマスゴミどもにまた葬り去られてしまうかもしれません。これ以上はいくらなんでも支持率を下げてはいけません。
 相変わらずまだマスゴミの偏向報道は続いており、まだ油断はできる段階ではないと思います。さんざんマスゴミからいやな思いを受けてきた保守派の逆襲をそろそろ見たいと願います。
調子に乗りまくってくれた、野党、マスゴミ、タレント、団体すべてに天誅を!

とある深川人
共謀罪(とあえて書きます)の施行、本当に喜ばしい限りです。
騒いでいるマスコミ、左翼達の今後に注目したいと思います。
 これから国際組織犯罪防止条約の締結と、どこかの危険なテロリスト団体が指定されるのが、今後の路線でしょうか。
 何にせよ普通の『市民』には影響のない話ですし、もし危険団体と関係を持っていたとすれば、一時期話題になった『国連の方から来た人』もどうなることやら、という気がします。
まずは一歩。
まだまだ先は長いので次の告発にも全面的に協力させて頂きます。
今後ともよろしくお願いします。

とろりん。
余命様、余命スタッフ様、いつもありがとうございます。
三峡ダムの南、湖南省寧郷市で大洪水だそうです。
どちらに向かって水が流れているのか存じ上げませんが、見た感じでは、大洪水が起きるという事でダム=治水の意味が…
【動画】中国、湖南省豪雨洪水、被害状況を政府が情報隠蔽か?市民が抗議 [海外]
ttp://toychan.blog.jp/archives/51665044.html

sand castle
やっと新ケータイを契約しました。今のままではネットが何も見れなくなるので(笑)。古ケータイも健在です。これは古ケータイです。来月から?IDが変わりますが私です。宜しくお願い致します。テロ等準備罪が出来たので、やっと変える決心をしました。色々噂のある企業がオカシナ動きをしたら分かりますし。
 今日は靖國神社に行き、(平日だと忘れてて、昇殿参拝は余りに人が居なかったので諦めて)賛敬会の永久会員(5万円)になりました。今までは一般で毎年払ってきたのが無くなります。
 御国の為に命を懸けた親戚等が居なくて(体が弱い等で)、心苦しく思っていたので、これでやっと普通に、私も日本人だと思えます。大和会さん等に寄付出来ず、申し訳ありません。
今は帰り電車です。帰ったら新ケータイと格闘です。失礼致しました。

名無し
>パチンコ規制の関するパブリックコメント 7月11日から8月9日まで
素敵な情報有難うございます。早速送っておきました。
大事なのは、コピペではなく自分の言葉で伝える事かと。

↓自分はこんな文面にしました。
◆◆◆
パチンコ・スロットは三店交換方式を採用した実質的な民営違法ギャンブルであり、廃止または強く規制すべきと考えます。
経営者の9割以上は外国人、中には収益の一部が北朝鮮韓国に違法送金され、日本を狙うミサイルの部品代になっているという話すら耳にしますので、戦後から続く歪な状態、日本の闇と言えます。
また、駅前の一等地で18歳以上なら誰でも気軽にギャンブル出来るのは、国際常識に反します。
2020年東京オリンピックを見据えても非常にまずい状態で、強い規制が必要と考えます。
 パチンコ・スロット機は電力を大量消費するため、原発事故の影響で発電コストが上がっている中、非常に無駄な電力使用用途であると言えます。
 それに加えて、日本国内の経済的な面でも足を引っ張っており、パチンコが無ければもっと健全な用途への支出が増え、日本経済が活性化するはずです。
 以上の事から、パチンコ・スロットの存在は、非常に日本の足を引っ張っている悪しき存在と言え、一刻も早く、制度の廃止または強い規制を行い、パチンコ産業全体を収束方向に誘導頂きたいと思います。

余命のおかげ
余命様、PTスタッフの皆様、毎日大変な作業ありがとうございます!
ソフトバンクが何やらしでかそうとしています。

ソフトバンクグループが中国韓国、ロシアの電力会社と共同で、モンゴルで発電した電気を日本へ送る計画を進めている。送電線を敷く海底の調査などを今年度中に終え、早ければ2020年の送電開始を目指す。国内の受け入れ体制など課題も多いが、壮大な構想は実現するのか。
毎日変態新聞から。。
 モンゴル南部の南ゴビ砂漠。ソフトバンクは現地企業とともに22万ヘクタールの土地を確保した。原子力発電所7基分に相当する700万キロワットの風車を建設。そこで発電した電気を、国境をまたぐ送電線で日本へ送る計画を描いている。
海底調査ってww

24応援(@24oueninfo1)
原田學植弁護士についてです。
 原田氏はあちこちに出没するので、この前リストに入れたのも何度目か、という所でした。今回確認するにあたって日弁連サイトを使った所、本名が記載されていました。趙學植(チョウハクシク)というのが本名のようです。
 ちなみに今回リストに上げたのは、原田氏が所属する東京神谷町綜合法律事務所が、FC KOREAのオフィシャルスポンサーだからです。この事務所の代表弁護士のひとりは李宇海氏です。
西村ひろゆき氏についてですが、噂ベースですが在日という話があります。

pumppump999
ロナルド・ワトキンス氏については、net geek においてジム・ワトキンス氏の息子として、写真付きで記事が掲載されています。2chは家族経営の掲示板とのことです。

sand castle
やっと電子ノートを買って、ネットでの記事を打ち込んでます。
パソコンの方が早いし楽だけど、まだネットに繋げないし(邪魔や乗っ取り等)ノートでいいかと。
 最初は日本共産党の記事。月刊正論(2016年11月号)だったので買えばいいじゃんと止めました。
 今は北朝鮮の工作員話。出してるのは幸福カガク?この宗教団体は創価の後釜狙いだからウヨク顔してるだけで、天皇皇室無くそう思想だから信用出来ない。イタコ教祖だし(生き霊まで呼ぶからなー)。
お涙頂戴話しやら、家族を拘束やら無理矢理スパイやらで北朝鮮は酷い等々、知らんがな、アンタラの国でしょうが。
 半島はまともなニンゲン扱いしてはいけなかった、それは日本やアメリカの汚点、ミス。
でもあれだけ金を注ぎ込んでもまともになれない連中なんだから、後は自己責任だろ。一々日本を見るな、日本人に助けを求めるな、日本に来るな!と言いたい。本当に頭にくる連中。
 あれだけ日本人をバカにし嫌がらせばかりしておいて、いざというときは助けて貰おうとか、どんな脳みそ持ってんだ、いや脳みその代わりに何が入ったらあんなナマモノが出来るんだろう?と最近は呆れるのを通り越してますがね。人間じゃない。あ、でも日本での法は一応人間相手だからマズイか。ああいう、ヒトの形をした何か、にもちゃんと対応してくれますよね(笑)。ヤツラ、いざとなったら「自分達は人間じゃありませーん」とか言い出しそう(笑)。
あ、また話がズレまくり。申し訳ありません。
 新しいケータイで余命ブログやミラーサイトを見て、やっと普通に(笑)色々見れて嬉しい。今の旧ガラケーでも実質11万円位ネットしてるそうなので(汗)今のも定額にしました(笑)。安倍首相の動向も解るようになるし、余命様方の呼び掛けにも対応出来ます。頑張ります。これからも宜しくお願い致します。

ななこ
内閣支持率が下落した、不支持率が最高に達した。メディアの狂喜乱舞ぶりは正視に耐えないものがあります。金科玉条のごとき威力を持つ世論調査ですが、その実態とはいかなるものでしょうか。

■RDD
「RDD」とは「ランダム・デジット・ダイヤリング(Random Digit Dialing)」の略で、コンピューターで無作為に数字を組み合わせて番号を作り、電話をかけて調査する方法です。
asahi.com(朝日新聞社):世論調査 ? ニュース特集 ? 朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/special/08003/rdd.html

◆無作為に発生させた電話番号。これはどこまで無作為でしょうか。全国世論調査を行うとき、本当にランダムに調査を行っているでしょうか。もしかしたら地区別選挙区別にグループ分けされているとしたらどうでしょうか。そしてその選挙区別にすべて市外局番が一致していて、その後ろだけがランダムになっている整理済みのリストだとしたら、RDDとはどこまで本当に無作為と言えるのでしょうか。

◆発生させられる番号が地区別に分けられているとしたら、それは固定電話を意味します。固定電話に出る人は、新聞テレビだけを見る人と一致する蓋然性が極めて高いと思われます。

◆世論調査に素直に答えてくれる人は、すべての電話の何パーセントでしょうか。「朝日新聞です」「毎日新聞です」と名乗られても、何の抵抗も感じずに話をする人。世論調査の母体です。回答率が100%を大きく下回るのは、名乗った途端に電話を切られているからです。ここで数字としては切り捨てられた回答しなかった人たちは、明らかに朝日と毎日に拒絶反応を示す、まともな日本人の比率が非常に高いと思われます。ここで、まともな意見は排除されています。

◆世論調査を行っているのは誰でしょうか。そこに受発注の関係があり、新聞社が発注者となっているとしたら、クライアントに対する忖度が働いていると考えるのは極めて自然なことと思われます。依頼された側は、クライアントに良い結果を出したいと考えているでしょう。

◆求人サイトに選挙前や世論調査が発表される直前に、「単発のお仕事」「発信」「社会貢献」とあるものは、マスコミ関係であることが多いです。もちろん、国籍は関係ありませんし、依頼者も国籍は関係ありません。
倒閣に使われるようなデータが、どれほど杜撰に処理されているかを、心ある日本国民が知るところとなったら、現在のマスコミは完全に日本国内に居場所を失うでしょう。

.....アンケートはいくらでもコントロール可能だよね。余命の読者なら、何度も母集団に問題があり、没という記事を見ているだろう。これをいじるとなると、意図的かつ組織的にならざるを得ないから、犯罪行為としてチェックは必要だろう。メディアは終わったな。
投稿日: 2017年7月12日

Page Top

1735 懲戒請求アラカルト29 anchor.png

昭彦
毎日お疲れ様です。千葉弁護士会会長、及川智志より調査開始通知書が届きました。岩渕健彦弁護士は千葉弁護士会所属ではないので懲戒の手続きはできませんので取り扱いしないとの事です。岩渕弁護士の所属先は日本弁護士会に聞いてくれとの事です。他の事案は受付けられました。取り急ぎご連絡まで!

.....岩淵弁護士は別途、懲戒請求済みである。同様な件で日弁連は手続きせずに、それを理由に大和会あて懲戒請求書を返送してきた。この差は施行規則ではなさそうだな。

五省
 余命さま、プロジェクトの皆様、余命読者の皆様、いつも勇気を頂いておりますありがとうございます。
 明日は11日ですね、正直な気持ちマストにZ旗が揚がったとでもいいましょうか、日本再生の為の艦隊が初弾を敵に叩き込む、、なんて想像したら東郷元帥に叱られそうですけどね(笑)

割印無
〒番号
住所
○○ ○○様

平成29年7月7日
千葉弁護士会
会長 及川智志 朱印

調査開始通知書
後記懲戒請求事案について、綱紀委員会に事案の調査を求めましたので通知します。
なお、懲戒請求書の中に岩渕健彦弁護士に対する懲戒請求が含まれていましたが、岩渕弁護士は当会に所属する弁護士ではありません。
 弁護士法第58条第1項により、弁護士について懲戒することを求める場合は、その弁護士の所属弁護士会に行うことになっており、当会が岩渕弁護士について、懲戒の手続を行うことはできません。
 よって、当会は上記岩渕弁護士への懲戒請求を懲戒請求事案として取り扱いません。同弁護士の所属弁護士会は日本弁護士連合会にお問合せください。
(お問合せ先)
日本弁護士連合会
〒100-0013 東京都千代田区霞が関1ー1ー3
電話 03ー3580ー9841(代)
(懲戒請求事案の表示)
1 事件番号 千弁平成29年(綱)第58号
懲戒請求者 ○○ ○○
対象弁護士 山村 清治
2 事件番号 千弁平成29年(綱)第458号
対象弁護士 菅野 亮
3 事件番号 千弁平成29年(綱)第858号
対象弁護士 濟木 昭宏
4 事件番号 千弁平成29年(綱)第1258号
対象弁護士 岩井 浩志

以上
全体的に日本語が不自由な方が書かれたのでしょうか(汗)へんちくりんな文面ですね。
 まだまだ、書き足りませんが、一言言います。戦後学生運動、組合運動で左巻き活動を頑張った団塊の世代の皆様、大変お疲れさまでした。皆様の活躍のお陰で余命読者をはじめ多数を巻き込み、右も左もなくフラットに戻りつつあります。
 東京朝日毎日新聞、偏向番組サンモニ、Nステ等創作されている優れた思想家の皆様の媒体、文面、番組等を一億総白痴の如く視聴する時代は終わりました。我々は目覚めてしまいましたよ、多数の在日、反日の皆様お疲れ様でした。
 暑い日々か続きます、余命さま、プロジェクトの皆様、余命読者の皆様お身体ご自愛ください。

赤トンボの戦い
先程ポストを覗きましたら、千葉県弁護士会から届いておりました。
6月17日に第二東京弁護士会
6月29日に神奈川県弁護士会
そして本日7月10日が3通目です。
割印なし
平成29年7月7日
千葉県弁護士会
会長 及川智志 角印
調査開始通知書
後記懲戒請求事案について、綱紀委員会に事案の調査を求めましたので通知します。
なお、懲戒請求の中に岩渕健彦弁護士に対する懲戒請求が含まれていましたが、岩渕弁護士は当会に所属する弁護士ではありません。
 弁護士法第58条第1項により、弁護士について懲戒することを求める場合は、その弁護士の所属弁護士会に行うことになっており、当会が岩渕弁護士について、懲戒の手続きを行うことはできません。
 よって、当会は上記岩渕弁護士への懲戒請求を懲戒請求事案として取り扱いません。
同弁護士の所属弁護士会は日本弁護士連合会にお問合せください。
(お問合せ先)
日本弁護士連合会
〒100-0013 東京都千代田区霞ヶ関
1-1-3
電話 03-3580-9841
(懲戒請求事案の表示)
1事件番号 千弁平成29年(綱)第185号
懲戒請求者 ○○○私の氏名
対象弁護士 山村清治
2事件番号 千弁平成29年(綱)第585号
懲戒請求者 ○○○私の氏名
対象弁護士 菅野亮
3事件番号 千弁平成29年(綱)第985号
懲戒請求者 ○○○私の氏名
対象弁護士 齊木昭宏(さいはさんずいあり)
4事件番号 千弁平成29年(綱)第1385号
懲戒請求者 ○○○私の氏名
対象弁護士 岩井浩志
以上でした。
 明日はいよいよ…ですね。ワクワクする気持ちを押さえながら、いつも通り毎朝日課の官邸メールをしたいと思っております。
暑さも厳しさを増して参りましたので、どうぞご自愛下さいませ。
いつもありがとうございます♪

柏餅二千年
7月9日千葉弁護士会より調査開始通知書が届きました。7月7日付けでした。お知らせします。

ottotto
ちびにゃん様と7月7日付け同様文書2通が、本日10日に届きましたのでご報告します。
違うとこだけ報告します。
右下にナンバーが打たれています。私:497。
下二桁は、私:25。
平成29年(綱)第2525号 山田秀樹
平成29年(綱)第2625号 畑 良平

↓                    以上です

慶子
余命様、スタッフの皆様お疲れ様です。
安倍総理を辞めさせ隊、凄いメンバーの勢揃いですね。
奥田愛基さんは不参加だったのでしょうか?
奥田さんと言えば、若狭勝さんと似てる気が…
 今日、千葉県弁護士会から届きましたが、懲戒請求事案の表示の懲戒請求者欄に、私の名前が記載されてました。1枚の用紙ですがなんか変とよく見たら、岩渕弁護士以外の4名に各々記載。初めてです。
 日中ニュースを見る事がないに近いのですが、九州の被害の酷さに茫然としてます。行方不明の方々が早く見つかりますように。亡くなられた方々のご冥福を祈りながら失礼致します。

AO
いつもありがたうございます。神奈川入りのコピーが本日30日にヤング倉庫へ届きます。よろしくお願いします。神奈川県弁護士会の会長は延命さんとおっしゃるのですね。冗談ですか。ところで四文字くんなさって何ですか。(AO)

.....延命は難しいと思うがね。

ぷ〜3333
余命爺様、PTの皆様、日本再生大和会の皆様、同志の皆様、日々のご活躍ありがとうございます。
明日から共謀罪施行を待ちに待った日が来るとは感慨深いです。
調査開始が神奈川県と千葉県から届きました。

 神奈川は会長の延命政之氏公印省略、対象弁護士1409号三浦、1410号高橋、1411号安達、1412号苑田、1413号宮下、1414号種村、1415号二川、1416号木村、1417号三木、1418号宋、1419号榊原1420号櫻井、1421号姜、以上調査請求日平成29年6月27日

 千葉県弁護士会会長及川智志割り印無弁護士会の押印
岩渕弁護士は所属弁護士会が日本弁護士連合会なので懲戒請求はそちらにお問い合わせのことだそうです。
そして事件番号第147号山村、第547号菅野、第947号濟木、第1347号岩井、その都度私の懲戒請求者名をつけて表示されていました。

もちろんスルーということで、、、、長くなるので割愛致しましたご査収の程よろしくお願い致します。

こめびつわさび
余命様、スタッフの皆様お疲れ様です。こめびつわさび と申します。
皆様お体酷使なされておられる旨、どうか少しでもお休み取れることを願ってやみません。
 弁護士会への懲戒請求の件、当方は現状、東京弁護士会・第一東京弁護士会・福岡県弁護士会の3つから通知を受け取っております。それぞれ懲戒対象人物に「事案番号」あるいは「事件番号」が付されていますが、例えば 日本を愛する心 様 が投稿なされたように、私の元に届いた通知に書いてある番号も、皆様と異なっています。弁護士会側は請求者ごとに番号を区別し別事件扱いしているのでしょうか。
 私の受け取った通知も、コピーなど取ってお送りすれば、弁護士会の対応を調査分析するに資するでしょうか。お役に立つのであれば、文書と封筒のコピーを取って、日本再生大和会様あてに送付したいと思うのですが、よろしいでしょうか。
 さておき、皆様が少しでも休息してご回復なされることを祈っております。

.....いただいた資料は分類して保管している。

眩暈
千葉県弁護士会から調査開始通知書が届きました。公印あり、日付は7/7でした。調査開始日等の記載はなし。先日話のあった岩渕弁護士の件の記載がありました。
事案の表示と書いてあるのになぜか事件番号が千弁平成29年(綱)第88号、千弁平成29年(綱)第488号、千弁平成29年(綱)第888号、千弁平成29年(綱)第1288号と付与されていました。これも良く分からない番号ですね。
取り急ぎご連絡でした。

ななこ
余命様、スタッフの皆様、同志である読者の皆様、厳しい暑さが本番となってまいりました。共謀罪施行、川崎リベンジデモ、蓮舫戸籍公開でしばき隊錯乱状態、法務大臣の訓令、首相補佐官による「総がかりで安倍つぶし」への言及。いつ何が発火してもまったく不思議ではない状況になりました。本日は地道な懲戒請求について一部まとめてみました。

 同志の皆様ご投稿によると懲戒請求に対しての弁護士会の対応が、見れば見るほどバラバラでわけがわかりません。
 神奈川弁護士会による、個々人バラバラで何も知らない懲戒請求者に「協議して代表者を決めろ」というのは、「共謀罪による司法妨害を捏造するつもりなのではないか」と慶子様のご見解に(反対方向ですが)触発されて、ものすごく疑ってしまいました。
 単純に弁護士会として発出された違法な「朝鮮人学校への補助金支給声明」は、法の番人としておかしいですので懲戒対象になりますよね、では誰でもできるそうなので請求しました。あとはよろしくお願いいたします。それを受けて弁護士会が結果を出すだけのお話ではないでしょうか。わからないので、過去記事の「弁護士法 廚函嵎杆郢遼´◆廚鯑匹濆んでみました。それにつきまして、私なりの見解を述べさせていただきます。

上記事由(それぞれの弁護士会会長声明については、いつ、どこで、誰が、何を、なぜ、どのようにはすべてはっきりしている)により、第五八条に基づいて、つまり誰でもできるというので懲戒請求しました。何も問題はありません。事案は確定しています。そして、弁護士会では懲戒請求の手続きをして綱紀委員会に事案の調査をさせることになっています。義務ですよね。これは内部手続きであり、懲戒請求者は結果を待つのみです。
 まあ、懲戒事由にある5w1hの「なぜ」を否定したいのかもしれませんね。「利敵行為をするために」となってしまうのですから。
 今回の弁護士会から送られてきた調査開始通知については、第六四条の七によると、「綱紀委員会に審査を求めたとき、懲戒委員会に事案の審査を求めたとき」に「その旨と事案の内容」について、懲戒請求者に通知しなければならないとあります。

 事案の内容、つまり、各弁護士会会長により発出された違法な「朝鮮人学校への補助金支給要請声明」という文言がありましたでしょうか。事案内容は記載されることになっています。また、事案に触れずにそれ以外の書類不備について触れるのは法的に定められた通知の範囲外ではないかと思われます。

まず、開始したことと「事案の内容」を記載して通知する。事案の表示はありますが、事案の内容はどの通知書にも見当たりません。対応がバラバラの弁護士会ではありますが、その点だけ一致しているのはどうしてでしょうか?
 さらに第五八条の2によると、弁護士会は「懲戒の事由があると思料するとき又は前項の請求があったときは、懲戒の手続きに付し、綱紀委員会に事案の調査をさせなければならない」とあります。調査はさせて当たり前。さらに事由について通知書に記載する義務がある。この点、弁護士法に基づいていないように思われますがどうなのでしょう。

他にもまだ疑問点がありますが、頭が混乱してきましたので本投稿はここまでとさせていただきます。より一層確実にひた押しに、皆様と一緒に頑張ります!
投稿日: 2017年7月12日

Page Top

1736 総がかり行動実行委員会リスト anchor.png

総がかり行動実行委員会賛同者一覧
先般取り上げた6000人有事リストには7割ほど登録されていると本日連絡があった。
まあ旗幟鮮明は堂々としている。敵味方の識別が省けるのはお互いに結構なことである。
対朝鮮有事には反日、反安倍ははっきりとした敵勢力であるから殲滅対象となる。
 外患罪告発が進み共謀罪が施行されたので、いよいよだね。
 ファイルは多いので3つに分けた。

ななこ
本日衛藤首相補佐官の発言録として「いま、総がかりで『安倍つぶし』」という記事が配信されました。総がかりは、9条がらみであらゆる反安倍(反日)勢力が結集した行動実行委員会の名称でもあり、総がかりで安倍つぶしという語句には意味があると思われます。7月19日には議員会館前で安倍首相退陣要求集会を計画しています。
あまりにも長いので全員をあげるのは躊躇われる部分もありますが、誰が合議しながら望んで倒閣を図っているかをはっきりさせるために18ページ分の総がかり賛同者名簿を記事とは分けて投稿いたします。賛同者には日本人ではない名前も散見され、のりこえねっと共同代表の辛淑玉氏と宇都宮健児弁護士、そして最近活発に行動している海渡雄一 弁護士も含まれています。

◆「いま、総がかりで『安倍つぶし』」 衛藤首相補佐官
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170711-00000008-asahi-pol
7/11(火) 7:46配信 朝日新聞デジタル

■衛藤晟一首相補佐官(発言録)
 メディアや共産党、民進党、社民党が連合して、安倍政権をつぶすために総がかりで来ているというのがいまの状況だ。「安倍首相は本気で憲法改正をやろうとしている。安倍首相だったら、ひょっとしたらできるかもしれない」と心配した方々が、いま総がかりで「安倍つぶし」をやっている。このことを認識しないと大変なことになる。

 首相が内閣改造をやると言われているが、思い切って完全な出直しでやらない限り、この勢力に対抗することはできないだろう。我々としては何が何でも首相を支えなければいけない。

 安倍首相には苦言を呈しようかなと思っている。こういうことを招いてきた脇の甘さ、見通しの甘さがあった。ちゃんとした対策を講じられなかった、という意味での甘さを反省している。本格的な出直しをやってもらいたい。(自身の政治資金パーティーで)

戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

 『安倍9条改憲NO! 憲法を生かす全国統一署名』にご協力をお願いします。 
 『安倍9条改憲NO! … 続きを読む
 戦争させない・9条壊すな!総がかり行動

森友問題もトカゲの尻尾切りを許さないたたかいを。これを共謀罪の行動とともに頑張りましょう。

7月10日(月)12時〜
閉会中審査で加計・森友疑惑徹底追及!7・10緊急国会行動
場所:第2議員会館前を中心に
主催:総がかり行動実行委員会

7月11日(火)12時〜
私たちはあきらめない!共謀罪施行抗議!共謀罪は必ず廃止!安倍内閣退陣!7・11国会議員会館前行動
場所:衆議院第2議員会館前
呼びかけ:総がかり行動実行委員会&共謀罪NO!実行委員会

7月11日(火)18時半〜
共謀罪は廃止しなければならない7・11集会ー廃止運動の課題と展望ー
場所:文京区民センター2A集会室
主催 共謀罪NO!実行委員会
協賛 総がかり行動実行委員会

7月12日(水)18時半〜
STOP安陪政治 緊急シンポジウム 改憲を許さない市民集会
場所:中野ZEROホール
参加費:500円
主催:安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合

7月19日(水)18時半〜
安倍内閣の退陣をめざす7・19大集会
場所:衆議院第2議員会館前を中心に
主催:戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会

戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会
(略称;「総がかり行動実行委員会」)
連絡先:
戦争をさせない1000人委員会
解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会
戦争する国づくりストップ!憲法を守り・いかす共同センター

カンパのお願い
集会成功と新聞広告のためのカンパを募っています
(一口1000円、なるべく複数口で)。
ご協力をお願いします。

口座番号:
・郵便振替口座番号 00120−7−634378
口座名称 総がかり行動実行委員会
・ゆうちょ銀行口座 〇一九店019
当座 口座番号 0634378

賛同者一覧リスト
http://sogakari.com/wp-content/uploads/2016/09/総がかり行動賛同者一覧.pdf
総がかりに関連する検索キーワード
総がかり行動 共謀罪
総がかり行動 19日
総がかり行動実行委員会 正体
総がかり行動 twitter
総がかり 意味
総がかり行動実行委員会 中核派
総がかり行動 大阪
総がかり行動山口
総がかり行動実行委員会 共謀罪
総がかり行動実行委員会 福山

総がかり行動実行委員会賛同者一覧(8月29日現在、五十音順・敬称略)
アーサー・ビナード 詩人
愛敬浩二 名古屋大学教授
相沢幸悦 埼玉学園大学経済学部教授
葵生川玲 詩人
青井未帆 学習院大学教授
青木理 ジャーナリスト・ノンフィクション作家
青木敬介 播磨灘を守る会代表世話人
青木はるみ 詩人
青木正雄 新日本スポーツ連盟愛知県連盟会長
青沼裕之 武蔵野美術大学教授
青柳志解樹 文筆業
赤井純治 新潟大学名誉教授
赤川次郎 作家
赤間弘記 日本勤労者山岳連盟副会長
?場準一 一橋大学名誉教授
秋葉忠利 元広島市長
秋間実 東京都立大学名誉教授
秋村宏 詩人
秋山亮二 写真家
浅井薫 詩人・愛知文化団体連絡会議顧問
浅井基文 元広島平和研究所長
浅尾忠男 詩人
朝倉義寛 福知山原水協代表・来迎院住職
麻島昭一 専修大学名誉教授
浅田彰 京都造形芸術大学教授
浅見定雄 東北学院大学名誉教授
浅見輝男 茨城大学名誉教授
鰺坂真 関西大学名誉教授
梓志乃 歌人
東寿太郎 津田塾大学名誉教授
東幹夫 長崎大学名誉教授
東康文 蓮得寺住職
安達和志 神奈川大学教授
安孫子麟 元東北大学教授
油井大三郎 東京女子大学
阿部真也 福岡大学名誉教授
阿部猛 東京学芸大学元学長
阿部浩己 神奈川大学教授
阿部百合子 俳優
雨宮処凜 作家・活動家
荒井献 東京大学名誉教授
荒井信一 茨城大学名誉教授
荒川智 茨城大学教授・全国障害者問題研究会全国委員長
荒川章二 国立歴史民俗博物館
荒川高明 龍江寺東堂
荒川庸生 日本宗教者平和協議会理事長・真宗大谷派長永寺住職
荒木繁 和光大学名誉教授
荒木豊
新崎盛暉 沖縄大学名誉教授
新舩海三郎 文芸評論家
荒牧重人 山梨学院大学
有馬鯆譟[弸兔〜蟾饂派管長
有山輝雄 歴史学者
安斎育郎 立命館大学名誉教授
安在邦夫 早稲田大学名誉教授
安西賢誠 真宗大谷派僧侶
安藤久義 作曲家
安藤実 静岡大学名誉教授
飯島滋明 名古屋学院大学准教授
飯田哲也 社会イノベーター
飯田裕康 慶大名誉教授
飯田正紀 神戸女学院大学名誉教授
飯田泰雄 鹿児島大学名誉教授
五十嵐暁郎 政治学者・立教大学名誉教授
五十嵐敬喜 法政大学名誉教授・弁護士
五十嵐隆明 京都・総本山永観堂禅林寺第八十八世法主
五十嵐仁 元法政大学教授
碇山洋 金沢大学経済学類教授
井口秀作 愛媛大学教授
池享 ソウル大学校師範大学教授
池内了 名古屋大学名誉教授
池住義憲 元立教大学大学院教員
池田香代子 翻訳家
井ヶ田良治 同志社大学名誉教授
池辺晋一郎 作曲家
伊佐千尋 作家
石井かほる 舞踏家(コンテンポラリーダンス)
石井寛治 東京大学名誉教授
石井拓児 名古屋大学准教授
石川逸子 詩人
石川貞夫 俳人
石川友好 日本勤労者山岳連盟副理事長
石黒修 公益社団法人日本プロテニス協会名誉顧問
石子順 映画評論家
石坂啓 マンガ家
石田一志 音楽評論家
石田雄 政治学研究者・東大名誉教授
石田芳夫 囲碁棋士
石部正志 元宇都宮大学国際学部教授
石山久男 歴史教育者協議会前委員長
伊集院立 法政大学名誉教授
磯野有秀 山口県立大学名誉教授
板垣雄三 東京大学名誉教授
板先達 安養寺住職
市川浩 広島大学教授
一ノ瀬秀文 大阪市立大学名誉教授
市原悦子 女優
井筒和幸 映画監督
井出嘉憲 東京大学名誉教授
伊藤定良 青山学院大学名誉教授
伊東史朗 人形劇演技演出脚本
伊藤セツ 昭和女子大学名誉教授
伊藤高弘 武蔵野美術大学名誉教授
伊藤地張 日蓮宗僧侶
伊藤千尋 国際ジャーナリスト
伊藤巴子 俳優
伊藤博義 宮城教育大学名誉教授
伊藤真 弁護士・伊藤塾塾長
伊藤誠 経済学者
伊東光晴 京都大学名誉教授
伊藤康子 愛知女性史研究会
伊藤陽一 法政大学名誉教授
井戸謙一 弁護士
稲正樹 国際基督教大学客員教授
井上鑑 作・編曲家
井上和衛 明治大学名誉教授
井上勝生
井上完二 東京農工大学名誉教授
井上英夫 金沢大学名誉教授
井端正幸 沖縄国際大学法学部教授
今関信子 児童文学作家
今宮謙二 中央大学名誉教授
いまむらいづみ 女優
岩井忠熊 立命館大学名誉教授
岩崎加根子 女優
岩佐茂 一橋大学名誉教授
岩下浩 俳優
岩波道子 新日本スポーツ連盟副理事長
岩野英夫 同志社大学名誉教授
岩間一雄 岡山大学名誉教授
岩見良太郎 埼玉大学名誉教授
いわむらかずお 絵本作家
岩本智之 元京都大学教員
宇井孝司 アニメーション監督
上田薫 都留文科大学名誉教授
上田勝美 龍谷大学名誉教授
上田恵介 立教大学教授
上田誠也 東大名誉教授
上田睦子 元青山学院大学講師
上野健爾 京都大学名誉教授
植野妙実子 中央大学教授
上野卓郎 一橋大学名誉教授
上野正 数学者
上野千鶴子 社会学者
上脇博之 神戸学院大学法学部教授
鵜飼良昭 弁護士・日本労働弁護団会長
浮田久子 平和の白いリボン行動・藤沢
牛山積 早稲田大学名誉教授
碓井敏正 京都橘大学名誉教授
臼井久和 獨協大学・フェリス女学院大学名誉教授
碓田のぼる 歌人
内海愛子 恵泉女学園大学名誉教授
内田雅敏 弁護士
内田麟太郎 絵詞作家
内野光子 歌人
内橋克人 経済評論家
内山晟 動物写真家
宇都宮健児 弁護士・元日本弁護士会会長
内海和雄 一橋大学名誉教授
うのていを オイコノミア研究所長
梅川勉 元大阪市大教授
梅野泰靖 俳優
梅林宏道 ピースデポ特別顧問
梅原英治 大阪経済大学教授
浦田一郎 明治大学教授
浦西和彦 関西大学名誉教授
浦部法穂 神戸大学名誉教授
瓜生崇 日本脱カルト協会理事
瓜生正美 青年劇場顧問
漆間徳然 住職
永六輔 放送作家
江沢洋 学習院大学名誉教授
江尻美穂子 津田塾大学名誉教授
遠藤公嗣 明治大学教授
遠藤教温 日蓮宗本立寺住職
遠藤剛 俳優
大石芳野 写真家
大江健三郎 作家
大江真道 日本宗教者平和協議会代表委員
大木一訓 日本福祉大学名誉教授
大木正純 音楽評論家
大串和雄 東京大学教授
大久保史郎 立命館大学名誉教授
大熊政一 弁護士・日本国際法律家協会会長
大倉一美 カトリック司祭
大川内弘 音楽家
大崎滋生 元桐朋学園大学教授
大笹吉雄 演劇評論家
大城立裕 作家
太田一男 酪農学園大学名誉教授
大高全洋 山形大学名誉教授
大竹美登利 東京学芸大学教授
大竹雄介 画家・グラフィックデザイナー
大谷禎之介 法政大学名誉教授
太田治子 作家
太田真季 歌手
大田昌秀 元沖縄県知事・沖縄国際平和研究所理事長
太田幸男 東京学芸大学名誉教授
大塚初重 明治大学名誉教授
大槻眞一 阪南大学名誉教授
大西広 慶応義塾大学教授
大野晃 スポーツジャーナリスト
大橋博明 中京大学名誉教授
大林宣彦 映画作家
大林弘道 神奈川大学名誉教授
大原穣子 ドラマの方言指導
大平一誠 僧侶
大平聡 宮城学院女子大学教授
大平ゆう子
大牧広 雑誌出版
大和繁 和光学園教員
大和有志
大和玲子
岡観浄 住職
岡崎晃 日本キリスト教団牧師
岡崎武志 フリー・ライター
丘修三 日本児童文学者協会理事長・「子どもの本・九条の会」代表団
岡田京子 作曲(めだか大学主宰)
岡田信弘 北海道大学特任教授
岡田英樹 立命館大学名誉教授
岡部耕大 劇作家
岡部牧夫 著述業(日本現代史)
岡部正孝 龍泉寺住職
岡本好古 作家
丘山万里子 音楽評論
小川典子 ピアニスト
小川洋 新日本スポーツ連盟全国勤労者スキー協議会理事長
小河義伸 日本バプテスト仙台基督教会牧師
輿石千英乃
輿石勇
沖ななも 現代歌人協会常任理事
奥田靖二 浅川金刀比羅神社宮司
奥野恒久 龍谷大学教授
奥村宏 経済評論家
小倉英敬 神奈川大学教授
小栗康平 映画監督
尾崎吉彦 新日本スポーツ連盟宮城県連盟会長・新日本スポーツ連盟全国連盟顧問
長田譲 真宗佛光寺派・僧侶
小山内美江子 脚本家
小澤勝美 法政大学名誉教授
小澤隆一 東京慈恵会医科大教授
押見俊穎 真宗大谷派僧侶
小田川興 在韓被爆者問題市民会議代表、早稲田大学日韓未来構築フォーラム主宰、元朝日新聞編集委員
小田中聰樹 東北大学名誉教授
落合恵子 作家
小貫雅男 滋賀県立大学名誉教授
小野和典 真宗大谷派僧侶
小野塚春吉 公益財団法人政治経済研究所評議員
小野文А,題目九条の会呼びかけ人
尾畑文正 同朋大学名誉教授
恩地日出夫 映画監督
海渡雄一 弁護士・元日弁連事務総長
戒能民江 お茶の水女子大学名誉教授
戒能通厚 早稲田大学名誉教授
暉峻淑子 埼玉大学名誉教授
香川京子 俳優
香川良成 舞台演出家
柿沼肇 日本福祉大学名誉教授
影山健 愛知教育大学名誉教授
葛西和雄 俳優
梶井功 東京農工大学名誉教授
樫山文枝 俳優
糟谷憲一 一橋大学名誉教授・歴史学
粕谷進 日本大学名誉教授
加瀬和俊 帝京大学教授
片岡 京都大学名誉教授
片方信也 日本福祉大学名誉教授
片桐直樹 映画監督
片桐雄一 中央区退職教職員の会代表
形野清貴 大阪経済法科大学教授
片平洌彦 健和会 臨床・社会薬学研究所所長
勝目梓 小説家
桂敬一 ジャーナリズム研究者
桂壮三郎 映画プロデューサー
桂直久 大阪音楽大学名誉教授
加藤アオイ ジャズミュージシャン
加藤一彦 東京経済大学教授
加藤順教 浄土真宗本願寺派布教使
加藤俊生 石手寺住職
加藤節 成蹊大学名誉教授
加藤典洋 文芸評論家
加藤久晴 メディア総研研究員
角倉一朗 東京芸術大学名誉教授
門脇厚司 筑波大学名誉教授
金瀬胖 写真家
金子兜太 俳人
金子ハルオ 東京都立大学名誉教授
金子勝 立正大学名誉教授
金子泰夫 新日本スポーツ連盟千葉県連盟事務局長
金子幸枝 劇作・俳優
投稿日: 2017年7月13日

Page Top

1737 総がかり行動実行委員会リスト anchor.png

金城実 彫刻家
金原瑞人 法政大学教授・翻訳家
鎌倉哲夫
鎌田慧 ルポライター
鎌田浩 専修大学・熊本大学名誉教授
神沢利子 童話作家
上條恒彦 歌手
神山征二郎 映画監督
神山寛 新劇俳優
亀田美佐子 ヴァイオリニスト
亀山統一 日本科学者会議常任幹事
加茂直樹 京都教育大学名誉教授
鴨野幸雄 金沢大学名誉教授
香山美子 作家
香山リカ 精神科医
河相一成 東北大学名誉教授・みやぎ憲法九条の会共同代表
河合弘之 弁護士・脱原発弁護団全国連絡会共同代表
川上十郎 画家・九条美術の会発起人
川上則道 都留文科大学名誉教授
河北亮司 児童文学作家
川口智久 一橋大学名誉教授
川嘉元 中央大学名誉教授
川崎健 東北大学名誉教授
河俊栄 立正平和の会理事長
川泰資 マスコミ市民顧問・元NHK記者
川那部綾子 造形作家
川那部浩哉 京大名誉教授
川鍋正敏 立教大学名誉教授
川野浩一 原水爆禁止日本国民会議議長
川端正久 龍谷大学名誉教授
川村肇 獨協大学教員
川本隆史 国際基督教大学教員
川本眞理 音楽家
河原崎國太郎 俳優
姜在彦 元花園大学客員教授
神田香織 講談師
菅野成寛 中尊寺釈尊院住職
木内みどり 女優
菊井禮次 立命館大学名誉教授
菊田幸一 弁護士・明大名誉教授
菊池東太郎 新日本歌人協会代表理事
岸野亮淳 仏教僧侶(恵光寺住職)
杵島直美 料理研究家
来嶋靖生 歌人
北川曉子 ピアニスト
北島義信 四日市大学名誉教授・正泉寺前住職
紀田順一郎 作家
北住炯一 愛知学院大学客員教授
北田芳活 東京経済大学名誉教授
北爪やよひ 作曲家
木谷勤 名古屋大学名誉教授(西洋史)
北原道彦 龍谷大学名誉教授
北村肇 「週刊金曜日」発行人
北村実 早大名誉教授
北村洋基 慶応大学名誉教授
北山雅昭 早稲田大学教授
木下そんき 作曲家
木畑洋一 成城大学教授
金石範 作家
木村朗 鹿児島大学教員
木村茂光 帝京大学教授
木村宏嗣 禅龍寺住職
清枝博之 真宗大谷派光照寺住職
清末愛砂 室蘭工業大学准教授
久峩良修 僧侶
日下部吉彦 音楽評論家・大阪音楽大学客員教授
草深直臣 立命館大学特任教授
久富善之 一橋大学名誉教授
功刀貞如 定林寺院首
功刀俊雄 奈良女子大学教授
窪島誠一郎 美術館館主・作家
久堀勝敏 浄土真宗本願寺派僧侶
熊谷博子 映像ジャーナリスト
くまがいマキ 映画配給
熊澤喜久雄 東京大学名誉教授
久万須俊雄 真宗大谷派林光寺前住職
熊田眞幸 元和歌山大学教授
組坂繁之 部落解放同盟中央執行委員長
雲尾保喜 本山修験宗快蔵院住職
倉持孝司 大学教員
倉本聰 脚本家・劇作家・演出家
栗岩恵一 アルペンスキー元WC選手・全国勤労者スキー協議会会長
栗城壽夫 大阪市立大学名誉教授・上智大学名誉教授
栗田禎子 千葉大学教授
栗原彬 政治社会学者
栗山民也 演出家
黒滝正昭 宮城学院女子大学名誉教授
黒田?益 信州大学名誉教授
郡島恒照 仏教徒非戦の会・福岡代表
小池汪 写真家
小泉和子 昭和のくらし博物館館長
小泉浩 フルート奏者
纐纈厚 山口大学教授
高史明 作家
甲田四郎 詩人
河内照治 真言宗豊山派浄瑠璃寺住職
河野太通 龍門寺住職
古今亭菊千代 噺家・真打
古在由秀 天文学者
越川弘英 同志社大学教授・日本基督教団牧師
小島美子 国立歴史民俗博物館名誉教授
古関彰一 憲政史家
古世古和子 児童文学作家
小谷汪之 東京都立大学名誉教授
児玉房子 ガラス絵作家・天ケ森ガラス会館館長
後藤仁敏 鶴見大学名誉教授
後藤正人 和大名誉教授
後藤道夫 都留文科大学名誉教授
後藤陽吉 俳優
小西一雄 立教大学名誉教授
小沼通二 物理学者
小橋孝一 日本キリスト教協議会議長
小橋孝一 牧師・日本キリスト教協議会議長
小林亜星 作曲家
小林功 日本基督教団引退牧師
小林研一郎 指揮者
小林秀一 プロボクシング・元日本ウェルター級チャンピオン
小林節 慶應義塾大学名誉教授
小林武 沖縄大学客員教授
小林信彦 作家
小林春規 版画家
小林緑 国立音楽大学名誉教授
小林弥六 筑波大学名誉教授
小林勇 医学博士・日本社会医学会名誉会員
小室等 フォークシンガー
小森香子 詩人会議運営委員長
小森田秋夫 神奈川大学教授
小森陽一 東京大学教授
金光威和雄 作曲家
近藤富枝 作家
今野廣隆 高千穂大学名誉教授
崔善愛 ピアニスト
齋藤昭俊 大正大学名誉教授
斎藤貴男 ジャーナリスト
斉藤豊治 甲南大学名誉教授・弁護士
斎藤治子 東京ロシア語学院理事長
斎藤文男 九州大学名誉教授
斎藤稔 法政大学名誉教授
斉藤義孝 日本山岳文化学会理事・日本勤労者山岳連盟前理事長
佐伯快勝 浄瑠璃寺住職
早乙女勝元 作家
坂井定雄 龍谷大学名誉教授
酒井広 元NHKアナウンサー
阪上順夫 東京学芸大学名誉教授
榊法存 真宗大谷派皆龍寺住職
阪口正二郎 一橋大学教授
坂田栄一郎 写真家
坂田雅子 映画監督
坂野潤治 東京大学名誉教授
坂元忠芳 東京都立大学名誉教授
坂本洋子 フリージャーナリスト・NPO法人民法改正ネットワーク mネット 理事長
坂元良江 テレビプロデューサー
佐久博美 劇団銅鑼 制作
佐久間英俊 中央大学教授
佐々木愛 劇団文化座代表・日本新劇俳優協会会長
佐々木園子 東海大学名誉教授
佐々木猛也 弁護士
佐々木誠正 真宗大谷派僧侶
佐々木雄太 名古屋大学名誉教授
佐々木隆爾 東京都立大学名誉教授
佐相憲一 詩人
佐高信 評論家
佐藤一子 東京大学名誉教授
佐藤和丸 真宗大谷派照寺住職
佐藤敬二 立命館大学教授
佐藤宏司 黙笑寺住職
佐藤竺 成蹊大学名誉教授
佐藤純彌 映画監督
佐藤司 神奈川大学名誉教授
佐藤文隆 京都大学名誉教授
佐藤学 学習院大学教授
佐藤幹雄 日本キリスト教団岩見沢教会牧師
佐藤光政 声楽
里村専精 僧侶
佐貫浩 法政大学教授
佐野彰義 最勝寺住職
沢田昭二 名古屋大学名誉教授
沢渡朔 写真家
澤地久枝 作家
澤野義一 大阪経済法科大学教授
ジェームス三木 脚本家
塩川伸明 東京大学名誉教授
塩原勉 社会学者
鹿野政直 日本史学者
敷地あきら 新俳句人連盟会長
重富健一 東洋大学名誉教授
重森曉 大阪経済大学名誉教授
茂山あきら 狂言師
篠原義仁 弁護士
柴垣和夫 東京大学名誉教授
柴田悦子 大阪市立大学名誉教授
柴田元幸 東京大学特任教授
芝憲子 詩人
柴宜弘 東大名誉教授
渋谷靖子 新日本婦人の会岩手県本部会長
島川雅史 立教女学院短期大学教員
志摩陽伍 東洋大学名誉教授
清水雅彦 日本体育大学教授
清水正美 うたごえ喫茶ともしび・ソプラノ歌手
清水御代明 元京都大学教授
下条倬弘
下村由一 千葉大学名誉教授
下山房雄 経済学者
ジャン・ユンカーマン 映画監督
徐京植 作家・東京経済大学教授
白井厚 慶応義塾大学名誉教授
白井一夫
白川義員 写真家
白戸清 日本キリスト教団野辺地教会牧師
白藤博行 専修大学教授
神宮茂十郎 高演研
辛淑玉 「のりこえねっと」共同代表
新谷のり子 歌手
進藤榮一 筑波大学名誉教授
新間智孝 日蓮宗妙法華院住職
水田嘉美 東海大学名誉教授
須賀誠二 日本キリスト教団隠退牧師
菅沼嘉弘 美術・手しごとの教育
杉浦康平 デザイナー
杉浦敏雄 真宗大谷派光秀寺住職・和歌山県宗教者平和協議会事務局長
杉江榮一 中京大学名誉教授
SUGIZO 音楽家・ミュージシャン
杉本大一郎 東京大学名誉教授
すずききよし 音楽家
鈴木龍男 脚本・演出家
鈴木力 社団法人「マガジン9」代表理事
鈴木智祐 宗教法人住職
鈴木瑞穂 俳優
鈴木道彦 フランス文学者
鈴木伶子 キリスト者平和ネット前事務局長
須田京祐 僧侶
隅野隆徳 専修大学名誉教授
寿美花代
諏訪兼位 名古屋大学名誉教授
関次男 写真家
関春南 一橋大学名誉教授
瀬戸内寂聴 作家・僧侶
瀬戸内寂聴 作家
瀬戸口夏 陶芸家
妹尾河童 舞台芸術家・エッセイスト
芹田健太郎 京都ノートルダム女子大学学長
せんぼんよしこ 映画監督
荘村清志 ギタリスト
袖井孝子 お茶の水女子大学名誉教授
袖井林二郎 法政大学名誉教授
外尾健一 東北大学名誉教授
對月慈照 真宗大谷派9条の会・長浜事務局長
醍醐聰 東京大学名誉教授
平良修 牧師
高井有一 作家
高内俊一 元立命館大学教授・元毎日新聞編集委員
高尾法水
盞雄治 札幌学院大学名誉教授
睫攣興 住職
高木敏子 作家
高草木光一 慶應義塾大学教授
高作正博 関西大学法学部教授
眦膺福日本福祉大学名誉教授
高島忠夫
高田和夫 九大名誉教授
高地敬 日本聖公会京都教区主教
高津勝 一橋大学名誉教授
高鶴礼子 川柳作家
高遠菜穂子 イラク支援ボランティア
高橋アキ ピアニスト
高橋瑛至 花巻ユネスコ協会顧問
盒彊豈辧日本体育大学名誉教授
高橋邦夫 映画人九条の会事務局長
高橋伸彰 立命館大学国際関係学部教授
高橋千劔破 作家・文芸評論家
高橋哲哉 東京大学教授
たかはしべん フォークシンガー
盒鏡脚 脚本家
高橋正志 日本のうたごえ全国協議会常任委員顧問・文化団体連絡会議事務局長
高橋祐吉 専修大学教員
高畑勲 アニメーション映画監督
高原孝生 明治学院大学教授
高室晃三郎 (協)日本映画・テレビ編集協会副理事長
高山英男 子ども文化評論家・元子ども調査研究所長
高良鉄美 琉球大学教授
滝沢ロコ 俳優
田北亮介 龍谷大学名誉教授
田口冨久治 名古屋大学名誉教授
竹内啓 東京大学名誉教授
竹内敏信 写真家
竹中恵美子 大阪市立大学名誉教授
竹森正孝 岐阜大学名誉教授
田島栄 劇作家
田島一 作家
田島征彦 絵本作家
田代高英 福岡教育大学名誉教授
田代俊孝 同朋大学大学院教授
田代美江子 埼玉大学教授
多田一路 立命館大学教授
只野雅人 一橋大学教授
多田羅迪夫 東京藝術大学名誉教授
立川談之助 落語家・真打
立川秀道 浄土真宗本願寺派住職(法隆寺)
立川涼 元高知大学学長
建部正義 中央大学名誉教授
田中孝彦 武庫川女子大学教授
田中敏弘 関西学院大学名誉教授
田中 日本ニュージーランド文化交流協会会長・稲城市大気汚染測定連絡会会長
田中浩 一橋大学名誉教授
田中優子 法政大学教授
田中陽 俳人九条の会会員
田邊順一 写真家
谷口誠 元国連大使・元OECD事務次長
谷口真由美 大阪国際大学准教授
谷山博史 日本国際ボランティアセンター
田畑光永 ジャーナリスト
田丸信堯
田港朝昭 琉球大学名誉教授
田村悳 舞台音響効果家
田村広志 歌人
田山輝明 早稲田大学名誉教授
千坂げんぽう 宗教
ちばてつや 漫画家
塚本是順 お題目九条の会呼びかけ人
築田哲雄 浄土真宗法光寺住職
辻真先 ミステリ作家・アニメ脚本家
津島佑子 小説家
辻山幸宣 公益財団法人地方自治総合研究所所長
土田ヒロミ 写真家
土橋亨 映画監督
土屋源太郎 「伊達判決を生かす会」共同代表
土山秀夫 長崎大学名誉教授
坪井直 被爆者
爪田一寿 武蔵野大学専任講師
寺尾徹 香川大学教授
寺昌男 東京大学名誉教授
寺嶋陸也 作曲家
暉峻衆三 元東京教育大学教授・元農業・農協問題研究所理事長
典厩五郎 作家
道家達將 東京工業大学名誉教授
冨樫行慶 僧侶
徳永俊明 駒沢大学名誉教授
利谷信義 法学者
十島英明 演出家
戸田修三 中央大学名誉教授
轟宏誓 浄土真宗本願寺派伝照寺住職
富田充保 相模女子大学教授
富山妙子 画家
富山和子 立正大学名誉教授
外山雄三 音楽家
鳥居淳子 成城大学名誉教授
鳥飼慶陽 日本基督教団番町出合いの家牧師
鳥越俊太郎 ジャーナリスト
鳥畑与一 静岡大学教授
内藤光博 専修大学教授
直野敦 東京大学名誉教授
永井博 新日本スポーツ連盟会長
中内光昭 高知大学名誉教授
長尾正二 新日本スポーツ連盟顧問
長尾十三二 教育学博士・元立教大学教授・元中央大学教授
中川敬 ミュージシャン/ソウル・フラワー・ユニオン
永崎暁 僧侶
中里見博 徳島大学准教授
投稿日: 2017年7月13日

Page Top

1738 総がかり行動実行委員会リスト anchor.png

中澤康人 俳人
仲地博 沖縄大学教授
中嶋佐恵子 姫路獨協大学准教授
中嶌哲演 明通寺住職
中島三千男 神奈川大学前学長
長砂實 関西大学名誉教授
永田和宏 京大名誉教授・京都産業大教授・歌人
中谷哲造 日本基督教団牧師
中塚明 奈良女子大学名誉教授
中津公雄 四国霊場第20番鶴林寺住職
中西新太郎 横浜市立大学名誉教授
中西進 国文学者
中西又三 中央大学名誉教授
なかにし礼 作家
長沼宗昭 日本大学教授
中野麻美 弁護士・日本労働弁護団常任幹事
中野聡 一橋大学大学院社会学研究科教授
中野光 元教師
中野ユリ
中原道夫 詩人
中原道子 VAWW RAC 「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクション・センター共同代表
永原陽子 京都大学教授
中平まみ 犬猫不!殺生実現 愛犬小説家
中村梅之助 劇団前進座代表
中村方子 中央大学名誉教授
中村加津彦 俳誌「青い地球」代表
中村研一 北海道大学名誉教授
中村梧郎 フォトジャーナリスト
中村敏子 北海学園大学教授
中村平治 東京外国語大学名誉教授
中村雄介 天理教鯱雄布教所長
中村行秀 千葉短期大学名誉教授
中本信幸 演劇評論家・神奈川大学名誉教授
中本昌年 富山大学名誉教授
中森孜郎 宮城教育大学名誉教授
中山千夏 作家
永山利和 元日本大学教授
奈倉哲三 跡見学園女子大学名誉教授
那須正幹 児童文学作家
奈良達雄 憲法9条を守る歌人の会
成嶋隆 獨協大学教授
鳴海正泰 関東学院大学名誉教授
新倉修 青山学院大学教授
新美治一 名古屋経済大学名誉教授
新実徳英 作曲家
丹生潔 名古屋大学名誉教授
西尾漠 原子力資料情報室共同代表
西川潤 早稲田大学名誉教授
西川信廣 演出家
西嶋有厚 福岡大学名誉教授
西谷敏 大阪市立大学名誉教授
西野瑠美子 VAWW RAC共同代表
西村京太郎 推理作家
西村成雄 元大阪外国語大学教授・歴史研究
西村汎子 白梅学園短大名誉教授
西本武志 日本勤労者山岳連盟会長
二宮厚美 神戸大学名誉教授
二宮周平 立命館大学法学部教授
二宮素子 前短大教員
二瓶敏 専修大学名誉教授
ねなしかづら 書家
野井真吾 日本体育大学教授
野上修市 明治大学名誉教授
野口俊邦 信州大学名誉教授
野口信彦 新日本スポーツ連盟副会長
能島龍三 日本民主主義文学会副会長
野中俊彦 法政大学名誉教授
野見山暁治 東京芸術大学名誉教授
野村須磨子 俳優
野村武司 獨協大学法科大学院教授
野村秀和 京都大学名誉教授
芳賀日出男 日本写真家協会名誉会員
秤屋和久 舞台照明家(劇団民藝所属)
萩京子 作曲家
萩原秀三郎 民俗研究家
朴慶南 作家
橋本治 作家
橋本進 ジャーナリスト
橋本のぶよ シンガー・ソング・ライター
橋本紀子 女子栄養大学教授
橋本勝 風刺マンガ家
橋本喜典 歌人
蓮見音彦 東京学芸大学名誉教授
長谷川俊夫 天理教平和の会役員
長谷部恭男 早稲田大学教授
長谷詔夫 演出家・演劇プロデューサー
長谷良雄 真宗大谷派利覚寺住職
畠山カツ
秦恒平 作家
畑潤 都留文科大学名誉教授
畑田重夫 国際政治学者
八田満穂 劇団新人会 演出・制作
英伸三 写真家
羽田澄子 記録映画作家
馬場康雄 東京大学名誉教授
土生長穂 法政大学名誉教授
浜矩子 同志社大学大学院ビジネス研究科専門職学位課程教授
浜林正夫 一橋大学名誉教授
早川和男 神戸大学名誉教授
早川毅 真宗僧侶
早坂暁 作家
林昭 龍谷大学名誉教授
林郁 作家
林京子 著述業
林浄伸 日蓮聖人門下・京都立正平和の会事務局長
林正道 真宗大谷派安養寺住職
林辰也 生協ひろしま顧問・広島YMCA名誉主事
林紀昭 関西学院大学名誉教授
林屋礼二 東北大学名誉教授
原和良 弁護士
原田純孝 東京大学名誉教授・中央大学法科大学院教授
原寿雄 ジャーナリスト
春原昭彦 上智大学名誉教授
晴山一穂 専修大学法科大学院教授
日色ともゑ 劇団民藝俳優
樋口恵子 評論家
樋口陽一 憲法学者
久田恵 ノンフィクション作家
久々湊盈子 千葉県歌人クラブ会長
姫田光義 中央大学名誉教授
平沢功 日本基督教団北千住教会牧師
平野喜一郎 三重大学名誉教授
平野健一郎 国際関係史研究者
平野武 龍谷大学名誉教授
廣兼正明 一般社団法人ミュージック・ペンクラブ・ジャパン会員
広川禎秀 大阪市立大学名誉教授
広瀬恒子 親子読書地域文庫全国連絡会代表
広田照幸 日本大学教授
広原盛明 京都府立大学元学長
広渡清吾 専修大学教授
深澤光有 真宗仏光寺派大光寺住職
福應健 東京経済大学名誉教授
福島明夫 演劇制作者
福島久一 日本大学名誉教授
福田美鈴 詩人
袋正 俳優
藤井香代子
藤井慶昭 真宗大谷派淨明寺前住職
藤井慶輝 本願寺派妙福寺住職
藤井久志 元教員
不二今日子 作家
ふじたあさや 劇作家・演出家
藤田のぼる 児童文学評論家
藤田勇 東京大学名誉教授
藤野美都子 福島県立医科大学医学部教授
藤久ミネ 放送評論家
舟越耿一 長崎大学名誉教授
古川純 専修大学名誉教授
古城利明 中央大学名誉教授
星出卓也 日本長老教会西武柳沢キリスト教会牧師
星埜惇 福島大学名誉教授
星野直之 「日の丸・君が代」不当処分撤回を求める被処分者の会共同代表
星野実 和光中学校教諭・学校体育研究同志会全国常任顧問
星利三 新日本スポーツ連盟滋賀県連盟副理事長
保立道久 東京大学名誉教授
堀尾輝久 東京大学名誉教授
堀尾幸男 日本舞台美術家協会会長
堀文子 日本画家
堀雅晴 立命館大学教授
本庄春雄 九州大学教授
本多勝一 週刊金曜日編集委員
本田稔 立命館大学教授
本間愼 フェリス女学院大学元学長
本間義人 法政大学名誉教授
前澤哲爾 山梨県立大学教員
前田朗 東京造形大学教授
前田哲男 ジャーナリスト
前野育三 関西学院大学名誉教授
前野慈作 太極拳指導員
牧野富夫 日本大学名誉教授
牧野広義 阪南大学教授
牧柾名 元東京大学教授
正本乗光 浄土宗長専院住職
益川敏英 名古屋大学特任教授
増谷英樹 東京外国語大学名誉教授
増田正人 法政大学教授
増田善信 気象学者
増山均 早稲田大学教授
松井久子 映画監督
松浦悟郎 カトリック司教
松熊信義 俳優
松沢弘陽 前国際基督教大学教授
松野迅 ヴァイオリニスト
松野豊 東北大学名誉教授
松原望 聖学院大学教授
松村高夫 慶応義塾大学名誉教授
松本三之介 政治思想史学者
松本猛 美術評論家・作家(ちひろ美術館常任顧問)
松元ヒロ コメディアン
松本侑子 作家
真鍋和子 児童文学作家
間宮芳生 作曲家
鞠川了綽 真宗大谷派住職
丸田善明 岩手真宗会館館長
丸山敬一 中京大学名誉教授
丸山恵也 立教大学名誉教授
丸山重威 ジャーナリスト
丸山直起 明治学院大学名誉教授
三浦二郎 新日本スポーツ連盟東京都テニス協会顧問
三浦まり 上智大学教授
三上昭彦 教育学者
三上智恵 映画監督
右崎正博 獨協大学教授
三沢浩 建築家
水落博 香川歌人会会長
水尾比呂志 武蔵野美大名誉教授
水越実全 智泉寺住職
水島朝穂 早稲田大学教授
水島文夫 自営
水田珠枝 名古屋経済大学名誉教授
水田洋 名古屋大学名誉教授・日本学士院会員
水野昌雄 歌人
水林彪 早稲田大学法学学術院特任教授
三田和代 女優
三林輝夫 東京芸術大学名誉教授
三谷昇 俳優(フリー)
南典男 弁護士・日本民主法律家協会事務局長
峰岸純夫 東京都立大学名誉教授
美濃部民子 画家
宮城泰年 聖護院門跡門主
宮久保加乃子
宮子あずさ 看護師・著述業
宮崎隆次 千葉大学名誉教授
宮礼子 日本女子大学名誉教授
宮里邦雄 弁護士・日本労働弁護団元会長
宮地正人 東京大学名誉教授
宮島喬 社会学者
宮田耕八朗 尺八演奏家
宮田光雄 東北大学名誉教授
宮村光重 日本女子大学名誉教授
宮本憲一 大阪市立大学教授
宮良瑛子 画家
明珍美紀 元新聞労連委員長
三輪定宣 千葉大学名誉教授
三輪隆 埼玉大学名誉教授
無着成恭 仏教徒
宗川吉汪 京都工芸繊維大学名誉教授
村井健 演劇評論家
村井敏邦 一橋大学名誉教授
村上處直 防災都市計画研究所会長
村田尚紀 関西大学教授
村山士郎 大東文化大学名誉教授
持田季未子 大妻女子大学教授
望田幸男 同志社大学名誉教授
望月たけし 新俳句人連盟副会長
本橋成一 写真家
本秀紀 名古屋大学教授
元山健 龍谷大学名誉教授
森詠 作家
森岡清美 東京教育大学名誉教授
森川恭巖 元短大学長
森東 映画監督
森武麿 神奈川大学教授
森達也 ノンフィクション作家
森田博 元新日本体育連盟京都理事長
守中高明 早稲田大学教授
森英樹 名古屋大学名誉教授
森村誠一 作家
守屋益男 登山家
諸石幸生 音楽評論家
門奈直樹 立教大学名誉教授
八木忠栄
矢暁子 弁護士
矢澤康祐 専修大学名誉教授
安井三吉 神戸大学名誉教授
安海和宣 牧師・特定秘密保護法に反対する牧師の会共同代表
安川悦子 名古屋市立大学名誉教授
安川寿之輔 名古屋大学名誉教授・「不戦兵士・市民の会」副代表理事
安原和雄 足利工業大学名誉教授
安丸良夫 一橋大学名誉教授
泰山義雄 北摂地域ユニオン委員長
柳沢遊 慶應義塾大学教授
柳谷明 牧師
?田陽子 大学非常勤講師
矢野太一 天理教よろこび布教所長
矢野達雄 広島修道大学教授
山内撼濤 書家
山内敏弘 一橋大学名誉教授
山家悠紀夫 暮らしと経済研究室
山際巌
山口二郎 法政大学教授
山口孝 明治大学名誉教授
山崎健 新潟大学教授
山耕宇 東京大学名誉教授
山定人 映画監督
山節子 主婦
山崎朋子 ノンフィクション作家
山下高行 立命館大学教授
山田昭次 立教大学名誉教授
山田敬男 労働者教育協会会長
山田真 小児科医
山田稔 作家
山田洋次 映画監督
山中悦子 NPO法人「草の根援助運動」
山中永之佑 大阪大学名誉教授
山中恒 作家
山本證 武蔵野大学名誉教授
山本光一 日本キリスト教団牧師
山本さとし シンガーソングライター
山本武彦 早稲田大学名誉教授
山本司 歌人・評論家
山本駿 映画撮影監督
山本正明 法政大学名誉教授
山本洋 映画プロデューサー
山本洋子 映画監督
山本義孝 静岡大学名誉教授
山本龍二 俳優
由井晶子 フリーライター
湯川れい子 音楽評論家・作詞家
湯原和夫 彫刻家
弓矢健児 千里山教会牧師
横井久美子 歌手
横川功 演劇制作者
横田耕一 九州大学名誉教授
横田力 都留文科大学教授
横田弘行 日本福音ルーテル教会牧師
横山壽一 金沢大学教授
横山宏章 北九州市立大学名誉教授
?井清文 関西勤労者教育協会会長
吉岡しげ美 音楽家
吉岡達也 ピースボート共同代表
吉尾宥昭 真言宗僧侶
吉開那津子 作家
吉沢久子
吉田栄司 関西大学法学部教授
吉田傑俊 法政大学名誉教授
吉田善明 明治大学名誉教授
吉田正志 東北大学名誉教授
吉田裕 一橋大学大学院教授
吉永仁郎 劇作家
吉信粛 関西大学名誉教授
吉見義明 中央大学名誉教授
吉村武彦 明治大学教授
吉村睦人 元開成高教頭・元青稜中高校長・新アララギ代表
吉行和子 女優
吉原泰助 福島大学名誉教授
米川哲夫 東京大学名誉教授
米田貢 日本科学者会議事務局長
ワシオ・トシヒコ 美術評論家・詩人
和田演郎 真宗大谷派僧侶
和田進 神戸大学名誉教授
渡辺治 一橋大学名誉教授
渡部憲一
渡辺健二 東京藝術大学教授
渡辺皓司 画家
渡辺大修 正福寺東堂
渡辺美佐子 女優
渡辺美奈 アクティブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館」(wam)事務局長
渡辺幸博 関西大学名誉教授
和田春樹 東京大学名誉教授
和田守 大東文化大学名誉教授
投稿日: 2017年7月13日

Page Top

1739 共謀罪アラカルト anchor.png

余命のおかげ
余命様、プロジェクトチームの皆様、いつもありがとうございます!
そして、このひた押しプロジェクトに参加させて頂けた事の幸運と、
共謀罪施行 喜びを分かち合える皆様と出会えた事に感謝しております!(^^)/ そしてご無沙汰でございます(笑)
まだ終わりの始まったばかりなので、まだまだ頑張らねばなりませんが、日本を取り戻すために粛々と進んで行きたいと思っております。
私も最近は光テレビのザシネマとか洋画専門チャンネル等を見ています。古いものはいいのですが、最近のはハリウッドが志那に汚染されてる為に志那人が出てくるので、チャンネルを変えます(笑)
地上波なんか見てると毒気を感じます”(-“”-)”
昨日7/10の休会審査会では、元文科省で元愛媛県知事の加戸氏の答弁が心に響きました。
とても渋くてダンディなお方ですね( ^ω^ )でもメディアは加戸氏の答弁を報道しません。本日のプライムニュースで桜井女史がズバッと言って下さってかなりすっきりしました(笑)
気候の変化に身体がついていかずもうバテてますが、まだ負けるわけにはいきません!頑張ります(^^)/
余命様もお身体お大事になさってくださいね。

べっこう飴
余命様 余命プロジェクトチームの皆様 日本再生大和会の皆様
お疲れ様でございます。いつもありがとうございます。
暑くなってまいりましたので、こまめな水分補給をお勧めいたします。
お忙しいと思いますが、ご自愛下さいませ。(*^^*)

川崎デモの記事をyahooニュースで見つけましたので、お知らせまで。

ttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170711-00019179-kana-l14
7/11(火) 23:15配信
カナロコ by 神奈川新聞

◇差別主義者計画のデモ 16日に中原区で 再び人権侵害の恐れ◇

【時代の正体取材班=石橋 学】在日コリアンの殺害を唱えるヘイトデモを川崎市内で繰り返してきた人種差別主義者、津崎尚道氏=同市高津区=が予告していたデモは16日に同市中原区で行う計画であることが分かった。津崎氏は横浜地方法務局の勧告を無視してヘイトスピーチを続けており、重大な人権侵害が再び引き起こされる恐れがある。デモと道路使用許可の申請を巡り、県公安委員会と県警の判断が注目される。

津崎氏は昨年6月5日、同区で在日コリアンの民族浄化をうたった「川崎発!日本浄化デモ第3弾」を主催。人権侵害を食い止めようと集まった約千人の市民の抗議で10メートルしか進めず、中止に追い込まれた。今回のデモのもう一人の計画者、極右政治団体「日本第一党」最高顧問の瀬戸弘幸氏は「昨年断念してやれなかった『川崎デモ』をもう一度やる」「リベンジ」とブログで表明しており、前回同様、公園の使用申請はせず、中原平和公園前を出発するものとみられる。

津崎氏は「朝鮮人をぶち殺せ」などと叫ぶヘイトデモを2013年5月から12回主催。15年11月と16年1月には在日コリアンの生活圏である川崎区桜本の住宅街を目掛けて「日本浄化デモ」を行った。その深刻な人権被害が在日3世の女性により国会で証言され、ヘイトスピーチ解消法の立法事実となった経緯がある。

「第3弾」はデモ出発前の集会のために申請した公園使用が「市民の安全と尊厳を守る」という市の判断で不許可となり、中原区に場所を変えて幹線道路上から出発する形で強行されていた。津崎氏に対しては昨年6月、横浜地裁川崎支部が桜本地区でのデモを禁じる仮処分決定を出し、横浜地方法務局も同8月、差別的言動を二度と行わないよう勧告している。

だが、津崎氏は、勧告1週間後に都内の街宣に参加した際、「この国をおとしめるやつらは徹底的に差別する」と宣言し、勧告に反した言動を続けている。

今回のデモについてはブログで「総反撃」「日本人を見縊(くび)らない方が得作」などと在日コリアンへの敵意をあらわにし「反日勢力と戦う現場へと出撃しましょう。『皆さんには世界を浄化する力があります!』」と民族浄化を意味する言葉を再度用いて参加を呼び掛けている。

.....たったこれだけの記事のなかで、いったいいくつねつ造とすり替えがあるだろう。石橋君、さすがに問題があるぜ。津崎氏の名誉毀損民事訴訟待ったなし。神奈川新聞も同罪だな。素人目には名誉毀損と信用毀損及び業務妨害といったところかな。

(名誉毀損)
第二百三十条 公然と事実を摘示し、人の名誉を毀損した者は、その事実の有無にかかわらず、三年以下の懲役若しくは禁錮又は五十万円以下の罰金に処する。

(信用毀損及び業務妨害)
第二百三十三条 虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。

ななこ
法務大臣が検察庁に訓令を出したとのことです。取り急ぎお知らせいたします。

金田法務大臣は、「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法の施行を受けて、全国の検察庁に対し、「テロ等準備罪」を適用した事件の受理から確定判決までの節目ごとに法務大臣への報告を義務づける訓令を出しました。

「共謀罪」の構成要件を改めて「テロ等準備罪」を新設する改正組織犯罪処罰法は11日施行され、テロ組織や暴力団などの組織的犯罪集団が、ハイジャックや薬物の密輸入などの重大な犯罪を計画し、メンバーの誰かが資金または物品の手配、関係場所の下見そのほかの準備行為を行った場合、計画した全員が処罰されることになりました。

これを受けて金田法務大臣は、改正法の適正な運用を図るため、11日付けで全国の検察庁に対し、「テロ等準備罪」を適用した事件の受理から確定判決までの節目ごとに法務大臣への報告を義務づける訓令を出しました。

これに関連して金田大臣は、閣議の後の記者会見で、「国民の安心・安全を守る重要な法律であるとともに、自由と人権をしっかり守るという考え方で、これまで努力してきた。原点を忘れずに努めていく」と述べました
7月11日 14時57分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170711/k10011054191000.html?utm_int=news-politics_contents_list-items_001

匿名
こんにちは、余命翁様、スタッフの皆様お疲れさまです。
忸怩たる思いに捕らわれながらも、目の前の仕事に取り組む毎日です。
検察庁もどう動くのか未だに内側からも見えません。
悲観と楽観が渦巻く中、自分なりに考えて行動したいと思います。
皆様も無理せずがんばってください。

それで、ひとつ面白いお話をします。
先日、法務省の例規が一つ改正されました。
刑事関係報告規程がそれです。
なぜか、該当する例規を含め法務省例規が内部では閲覧できない状態が続いているのですが。
さてこの改正、法務大臣に報告が必要な事件について、とある罪名が対象から外されました。
その罪名のひとつが「外患に関する罪」です。
最初は驚きました。
今この罪名を報告対象から外すのか?と悲観しました。
しかし、待てよと。
この大臣宛の報告は一件でもそこそこの労力が必要になるものです。
今後、外患罪が何千、何万件と受理・処理されることになればその件数分の大臣報告が必要となってしまう・・・
それを大臣報告から外す、つまりこの先受理・処理が想定されているということなのでしょうか。
何せ、処分請訓の方は改正されていないのですから。
面白い話の部分は直ぐにアップされない方が良いかもしれませんね。
それでは、皆様ご自愛ください。

.....内部情報的なものは、常にいただいている。公務員の場合は守秘義務の問題があるので、万が一を考えて、些細な情報でも一切公開しないようにしている。自衛隊OB懇談会も現在進行形となっているため掲載を止めている。
この関係は、公表されてから扱うようにしているので対応が遅れているようだが、実際は、かなり前から情報を把握して対応をしているということである。
外患罪事案の告発件数が東京地検だけでも数万、全国では30万件にもなるという状況がこれ以上進むと、門前払いはさすがに無理ということで動き出したのだろう。
ただし、外患罪適用下を明示するとか、受理、起訴については、積極派と消極派が拮抗していて決めきれないようだ。よって相変わらずグレーの対応となるだろうが、さすがに公印なき門前払いは難しいと思われる。まあ、いずれにしても返戻処分ということになる。
いいも悪いも、今のところ検察にはそれしか取る手がないからだ。
11日共謀罪施行にあたって、処分請訓も改正されたようだから、そろそろ返戻が始まるだろう。地検の返戻状況にもよるが、第六次告発は250件の予定である。
物理的に限界があり、第六次告発は数にはこだわらないことにしている。やはり、2000人はきつい(笑い)

こつる
日本万歳!
ななこ様ご投稿の、「1736 総がかり行動実行委員会リスト」は
集団自殺リストを見るようで、思わずご冥福をお祈りいたしました。
合掌。

○○おろしと、今となってはどうでもいいんじゃないかと思われる
人物の戸籍公開、川崎デモへのカウンターとか、
反日工作員たちは、この蒸し暑いのに、すごく活動的ですね。
そして、安倍総理が大分福岡の被災地を訪れ、「反日メディアはあまり扱わないだろうな」と思いきや、被災地を侮辱するように総理への自爆テロ予告が行われていたと行橋市小坪議員のブログで知りました。
テロ等準備罪」、早く実行を望みます。

小坪しんやのHP
ttps://samurai20.jp/2017/07/yurusenai-2/
安倍総理への殺害予告があった。
すでに通報がなされているかと思うが、
この「爆破予告犯」については心から許せない。
大型掲示板には数種あり、その中の「爆サイ.com」なるサイトの『安倍首相、九州豪雨で視察 復旧・復興に全力』のスレにおいて犯行予告はなされた。
川崎デモについては爺さまはあまり心配しなくていいとのこと、
了解しましたが、こちらもヘイトとレッテル張りされて侮辱されるのはたまらないので、
定点観測のためにもすいませんがしつこく投稿します。

くんあつ a.k.a.らにき@kun_atsu
絶対許さんよ。前回は10メートル。今回は10分で終わらせましょう。
ttp://twilog.org/crac_kawasaki/date-170713
魚拓ttp://megalodon.jp/2017-0713-0710-29/twilog.org/crac_kawasaki/date-170713

.....本当にカウンターに来るのか実に興味がある。昨年6月5日のデモはこれから訴訟になるが、共謀罪施行以後のカウンター繰り返しはかなり法的に危ないと思うがね。
投稿日: 2017年7月13日

Page Top

1740 2017/07/12アラカルト2 anchor.png

マンセー名無しさん
暴力団がマニュアル作りとは、どこかで聞いた話ですね。
テロ等準備罪】山口組がテロ等準備罪の対策マニュアルを作成していた 「実績作りの集中摘発に警戒を」
ttp://www.sankei.com/affairs/news/170712/afr1707120040-n1.html via @Sankei_news
共謀罪の構成要件を厳格化したテロ等準備罪を新設する改正組織犯罪処罰法が11日に施行されたことを受け、指定暴力団山口組が同法に対応するためのマニュアルを記した文書を作成し、組員らに配布していたことが12日、関係者への取材でわかった。
産経新聞が入手した文書は計5枚。同法について、「法律の実績作りのためにヤクザが集中的に対象とされる可能性が高い」「トップを含め根こそぎ摘発、有罪にしようというもの」などと説明。「想定される適用例」として、組関係者が過去に関与した事件を示しながら、警察当局の摘発対象にならないよう警戒を呼び掛けている。
将来的に警察当局による通信傍受が行われることを想定するような記述もあるほか、「取り調べでのやり取りなどを細かくメモするようにすること」と組員が逮捕された場合の対処法も記している。
光利
始めまして余命さま、皆さま活動お疲れ様です。
youチューブ動画でいつも拝見させていただいてます。
このところの安倍おろしの報道、支持率の低下など見てるとものすごい不安感じます。安倍さんの次は麻生さん、菅さんと控えてる人たちがいるとしても、自民党がいつまで持ちこたえれるかわからないなと感じます。
最近のテレビは、何か宗教じみた反日のプロパガンダみたいになって楽しめませんね(-_-;)うちの家電を返してくれと叫びたい気持ちです。
話飛びましたが・・
後に続く政党が出来ていないのが危機に思えます。youチューブ動画でも結構いい人たち出てきているなぁと希望も感じるのですが、バラバラで気持を掲げても、やっぱり勢力が小さいと何とも世間に与える影響力が心許ない。日本維新の会や日本こころもあるけどまだまだ影響力が小さすぎる。第一党、しきしま会等々、あとは党ではないが日本を守るために立ち上がって声を上げて、すごい胸を打つご活躍されてる人たちもいますね。
そういう方々が一纏めになればなぁと物凄く理想なのになぁと思えて仕方がない。
先の都議選でも、あの結果は個人的に第二の自民党を望む、国民の大事な声だったと思うんです・・・とりあえず、日本を取り戻したいと思う人たちの間で、いいなぁと思う人をリストアップしてみて、理想の党のイメージを作ってみるのもいいと思います。 今日はとりあえずここまでで、失礼いたします
踊る愛国者5-387
NHKの首都圏ネットワークを見ていたら、コソボ難民を主題にした朗読劇の紹介をしていました。これは朝鮮戦争が再開したときに差別せずに難民を受け入れろ、という洗脳ではないかとちょっと思いました。朝鮮戦争再開時の難民はなんとしても入国阻止しないといけません。有事宣言して便衣兵として受け入れ拒否ということになるのでしょうか。
霧隠
内閣支持率のアンケート調査の話題が出ていたので体験談を披露します。1?2年前に固定電話に掛かってきました。相手は自動応答のメッセージです。「政治に関するアンケート調査を実施しています。
あなたは現在の内閣を支持しますか?支持する場合は0、支持しない場合は1を押してください。」というような非常に簡潔で単刀直入な質問がいくつか来ました。回答を誘導するような前振りは一切ありませんでした。また、調査の主体(企業名、団体名、依頼主の名称等)についての情報も一切ありませんでした。5問くらい答えたところで、「ありがとうございました」と言って切れました。
世の中にはこのような電話やネットの調査を代行する企業がいくつかあります。料金さえ払えば代行してくれますから、依頼主としては政府、与党、学術機関その他いろいろな可能性が考えられます。マスコミが調査する場合は、どうやら回答者を誘導するような質問の仕方をするようですから、ある程度結果にバイアスがかかるでしょう。場合によっては、調査結果そのものの改ざんすら疑いたくなります。
しかし、政府や与党はそういった代行業者を使うなどして独自に調査可能ですから、マスコミ各社が発表する内閣支持率とは違った数字を把握していることも考えられます。国民の方も、そういった裏の事情があり得ることを念頭においてマスコミ発表の数字を見た方がいいのではないかと思いました。(霧隠#4)
踊る愛国者5-387
待ちに待ったテロ等準備罪施行ですね。うちの近所の韓国料理屋が7/12臨時休業しています。関係あるのかな。うふふ。
笛吹働爺
余命さまスタッフのみなさまいつもありがというございます。
ツイッターを流し見してて引っかかった人が数人いました。
江川紹子、立川談四楼(前川を絶賛)、郷原信郎、水道橋博士(談四楼などをRTしてる)。まだまだ居るがとりあえず。
前川参考人招致で青山議員の質問中に後ろでヘラヘラ揶揄笑いしてた民進党杉尾議員(元TBS)、ひどいものでした。
BIGLOBEニュースも青山議員を無茶苦茶に落としていた。あそこは在日に乗っ取られているようだ。
てーけー
いつもありがとうございます。
蓮舫を後ろから撃った今井雅人議員ですが、ざっと調べた感じでは特に背後関係を感じないですね。
パチンコストアチェーン協会くらいです。
比例復活組なので都民ファーストに逃げようとしてるのか、
蓮舫使えねぇ!とスポンサーにやらさせられたのか
ふぃくさー
ソフトバンクのモンゴル風力発電のニュースを読んでまず真っ先に浮かんだのは「メガソーラーの儲けをもう一度」の夢か、という事ですが、それとは別にちょっとした妄想を抱きました。大陸から日本に向ける送電経路に関するものです。まさか、まさか、経費削減のために海底ケーブルセンサーに相乗りの可能性をさぐるという口実で「センサー網を提示せよ」とかの動きを狙っているなんて事は・・・???
トップシークレットの提示なんてするわけないですが、ちょっとだけ気になりました。電力関係はど素人の分野なので技術的裏付けも何もありません。全くトンチンカンな妄想であれば捨て置きくださいませ m(_ _)m
時事真実
余命様、スタッフの皆様 いつもありがとうございます。
個人的には好きな作家や役者さんがいたのですが、アチラ側の戦力として動かれるのならば、こちらも相応に対応するしか有りませんね。(結構ドライな自分にビックリです。)
山ほととぎす
余命翁様、スタッフの皆様、日本再生大和会の皆様
連日、連発銃のように矢継ぎ早な発信をしていただき有難うございます。共謀罪が施行されてテンションが上っているのか、読み手・受け取る側もどきどき、わくわくしながら読ませていただいております。
余命翁様、スタッフの皆様、どうぞ、時々息抜きもなさってください。
追記
総がかり実行委員会が郵便振替口座とゆうちょ銀行口座で寄付を募っています。寄付を募る場合、事前に政治資金規正法による届出が必要です。
ネットでみると、10ほどの団体が上記の同一口座で寄付を募っています。
ゆうちょ銀行にこれらの団体が政治資金規正法の届出をしているかどうか私も確認をしてみようと思いますが、どなたか他の方も確認をしていただけますでしょうか。
確認方法について以前ブログに投稿がありましたが、再掲していただけますでしょうか。
八咫烏
こんにちは。作業の隙間の八咫烏です。

ななこ様の「総がかり行動実行委員会」について、もうここまで簡単に身バレ上等自ら外患思想晒すとかバカなのしぬのとゲラゲラ笑いたかったのですがメンツ見てたら笑えませんでした凄い名前がありすぎて。まあまあ、リストの方々の処遇については一般人の知るところではありませんしどうなってもオトナの自己責任。魂からの反日でないファッションリベラルには現実知ってもらいましょう。そこはどうでもいいです。個人的にそれを発言なさった衛藤晟一首相補佐官の方がひっかかったもので。
私は前回の投稿でも書きましたが政治というものに全く詳しくないのです。忌避感と憎悪しかなかったため本当に知識ゼロです。だから自民党内のマトモな議員は誰なのか、それすら全く知りません。なので名前が挙がった時に調べられれば調べるようにしました。衛藤晟一首相補佐官、この方も「誰やこれ」だったのでウィキで確認しました。あの発言だけ見たら「まさかのこいつがこの総がかりどもの発起人かいな!」と思ってしまったからです。もしくは「安倍ちゃんどーすんのこれ〜(ニヤニヤ 」かもしれないし。なので経歴と政策や主張を確認しました。そしたら一次の安倍内閣で彼自身がこの衛藤晟一氏を引き上げてるんですよね。詳細は皆様ご自身でウィキだけでも確認していただけたらと思いますが、「ええこれだけで相当じゃない?」でした。随分買われているじゃないかと。
そして主張や発言を見たならこれがまた、
・憲法9条の改正に賛成し,自衛隊を他国同様「国防軍」にすべき
・集団的自衛権の行使容認に賛成
・総理や閣僚の靖国参拝は問題ない
・航空幕僚長を更迭された田母神俊雄を擁護。政府に対して「歴史認識を教育するなんてことを言ってもらったら困る」と述べた
あと、2013年の首相靖国産廃に対して米国が「失望」と発表した事に対してようつべ動画で痛烈に米国批判(内容読んで爆笑しました衛藤ちゃんカッケー)
等々、まあ個人の些末な意見をぶっちゃければただ一言
「マトモ……」 ←
ていうか今の自民内では既に希少動物クラスやんかと(笑)
なのでその衛藤晟一氏の歩んできた歴史をバックボーンとして取り込んでもう一回彼の発言集引用を見てみたら「なるほど」と。以下【】内は個人的に解釈した「大事だぞ」部分、かつ()内は私が解釈した衛藤氏の心の声です(笑)

いま総がかりで「安倍つぶし」をやっている。

このことを認識しないと【大変なことになる】。(事実です。情報コレ大事、だから開示。)
内閣改造について、

思い切って完全な出直しでやらない限り、【この勢力に対抗することはできないだろう】。(持ち上げて貶すスタイル)政治家だからさ。
んでこの総がかりリストについて

安倍首相には苦言を呈しようかなと思っている。(ソッコー知らせたにきもとるわ)

こういうことを招いてきた脇の甘さ、見通しの甘さがあった。

ちゃんとした対策を講じられなかった、という意味での甘さを反省している。(棒)←
総じて、彼の内心ではこうだったかなと。
(死んだふりたいがい疲れたわーでも慣れたわー、)(つか今ココ。向こうなりふり構ってねえけどまとまってくれた方がやりやすいやろ?ごっそりリスト提供したるわ、あとどうすっかわかっとんなおまいら。)
かなあと。 ←
まあ要は、反日勢力に対しては弱ったふりの建前と、全国に散らばる憂国の志士どもに向けての空気読め発言てことかしら。特に余命様んとこに対しては「ここにのっけてくれたら一気に拡散完了なんだけどなー(チラッ 」かと。 ←←
苦言を呈するという建前で安倍ちゃんに最速で注進、自ら身バレしてくれたんだからこれそのまま公安にそっくりリストが行ってるでしょうね。
リストを全部見て、こんな人があの人がと予期せぬ名前にびっくりすると同時に、【絶対あの人の名前はあるだろうなと思っていた人の名前がなかった】事も大変興味深かったです。これまでさんざパヨク発言と行動繰り返して幻滅させられたかつての尊敬すべき著名人が、あのリストに載ってはいませんでした。

なんでかな?(笑)
日和ったか、覚醒したか。単に旗色違う事を感じて黙って局面をやり過ごす方にシフトしたか。安倍ちゃんの政策には賛同出来ないけど倒閣までは考えてないよ、なのか。色々でしょうね。
また、もしかしたらの可能性として【勝手に名前を使われてる】方もいるかもしれないなあと思いました。
なにしろぱよちんですからそれくらいの事は平気でする。と即座に思ったので、リストの全部をすぐさま丸呑みにせず本人の思考思想を確認した方がいいかなとも思いました。
最後に。余命1734にて秋生まれの一学生さんが情報提供して下さった夕刊フジのニュース。私が一番びっくりしたのは「日本国内で、中国北朝鮮の工作員の動きが、突然活発化している。安倍政権を攻撃するものだ」と発言したのが「外事警察」だと記述されていた所です。ずっと何年も警察機構を調べて勉強していた者として、「外事課がなんか発言する事自体があったっけ!?」だったから。更に、「工作員たちが政界関係者やマスコミ関係者と接触している。危険だ」とも記述が。(だから衛藤氏にも身構えたんですけどね笑)
警察庁長官でも警視庁警視総監でも公安関係者でもなく「外事関係者」という時点でかなりな事だと思って下さい。名前の通り国内ではなく海外について情報収集している部署だから、ヘタしたら外交問題になるんですよね。だから今まで発言そのものがなかったんだと私は解釈しています。その外事課が敢えて発言という跡を残した。共謀罪施行されTOC条約締結を決めた7月11日当日にです。
外事課ももちろん公安です。内閣改造され法務大臣も交代となれば法務省の外部組織である公安調査庁でも何か動きがあるのかな?と、共謀罪施行後の警察方面からの変化も注目しています。長文失礼致しました。
八咫烏

ななこ
昨年の川崎デモで逮捕されたカウンター学生の支援を行っていた「川崎反ヘイト学生救援会」は余命三年時事日記の読者のようです。川崎であらゆるカウンターを行ない、予定されている川崎リベンジデモについても情報収集しています。拉致問題も差別扇動とか、もうどこから突っ込んでよいやらわからないレベルです。以下、ご参考です。

◆川崎反ヘイト学生救援会@NO_HateKawasaki
ヘイトデモは抗議を避けるために告知されていないそうですが、ネットには16日か23日実施という書き込みも(余命3年時事日記より)。
3:37 ? 2017年7月7日

 川崎反ヘイト学生救援会 @NO_HateKawasaki
 HSを許さない かわさき市民ネットワーク ? 【緊急街頭PR】2017.7.8(Sat.)13:30〜...
 またしても差別主義者が川崎を標的にヘイトデモを計画している。絶対に許さずPRに参加しよう
 https://kawasakiar.tumblr.com/post/162545894281/緊急街頭pr201778sat1330 …
 川崎反ヘイト学生救援会 @NO_HateKawasaki
 ヘイトデモは抗議を避けるために告知されていないそうですが、ネットには16日か23日実施という書き込みも(余命3年時事日記より)。 pic.twitter.com/Es5OQ42e9h

◆川崎反ヘイト学生救援会@NO_HateKawasaki
こんなものは阻止すればいいんです。それだけです。

#0716川崎ヘイトデモを許すな
16:32 ? 2017年7月12日
ttps://twitter.com/NO_HateKawasaki/status/885280698025758721

◆川崎反ヘイト学生救援会@NO_HateKawasaki
ちなみにデモの警備は中原警察署ではなく、神奈川県警本庁が直接指揮をとるそう。県警自身がレイシストを守りたくて仕方ないようだ。警察なんてそんなものだけど。

#0716川崎ヘイトデモを許すな
16:55 ? 2017年7月12日
ttps://twitter.com/NO_HateKawasaki/status/885286440757637120

◆川崎反ヘイト学生救援会@NO_HateKawasaki
本庁による警備に関して中原署の相談係(?)は「去年は大変な事になっちゃいましたからね?」などと言っていたが、大変なのは差別に晒される当事者でしょう。

#0716川崎ヘイトデモを許すな
17:00 ? 2017年7月12日
ttps://twitter.com/NO_HateKawasaki/status/885287826182463488

◆川崎反ヘイト学生救援会@NO_HateKawasaki
拉致問題を装う差別扇動デモを許すな。
2:33 ? 2017年4月21日

 
 川崎反ヘイト学生救援会 @NO_HateKawasaki
 拉致問題を装う差別扇動デモを許すな。
 18:33 - 2017年4月21日
 件の返信

投稿日: 2017年7月13日

Page Top

1741 2017/7/13アラカルト anchor.png

24応援(@24oueninfo1)
今日も暑いですが、ブログの更新有難うございました。
スレッドには書き込みましたが、7/19に集会を行う戦争する「国づくりストップ!憲法を守り・いかす共同センター(憲法共同センター)」は都心でチラシを入れたティッシュを配っています。チラシは貰わない人もティッシュならもらいますからね。
「安倍政権にレッドカード」をと太字で書かれており、「共謀罪」強行採決許さない 安倍政権の横暴に審判を、うやむやにするな「森友・加計疑惑」徹底究明を、9条改憲への暴走にストップ!、主催者は私たち 政治は変えられる!の4つの小見出しの下に小さい文字で主張が記載されています。A5大の紙を横に使っており、一番下に憲法共同センター(国づくりストップ!憲法を守り・いかす共同センター)とあり、小さな字で住所、電話番号、HPのURL 2017.7と印刷されています。
そしてポケットティッシュの後ろにも労組の情報を記した紙が入っていました。全印総連です。ここが主体でこのチラシを配ったという事だと思いますが、せっかく情報を頂いたので、リストは作りました。
憲法共同センターの運営委員会構成団体は以下の通りでした。
全国労働組合総連合(全労連)
全国商工団体連合会(全商連)
日本婦人の会
農民運動全国連合会(農民連)
日本民主青年同盟(民青同盟)
自由法曹団
憲法改悪阻止各界連絡会議(憲法会議)
日本共産党
HPを見ると、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会主催の集会は毎月19日に開催されるようです。8月、9月にも予定されています。
CatmouseTail
東京地検と東京簡裁・・・外患罪告発に押されたかどうかは判然としませんが、何らかの動きがあったように思います。『簡裁が検察側の略式起訴を退けるのは珍しい』とのことで注目しています。
これ以外に、パナソニックと西日本高速の過労死事件も書類送検後、何の報道もされていないようで。

電通違法残業事件、正式裁判に 東京簡裁「略式不相当」
ttp://www.sankei.com/affairs/news/170712/afr1707120035-n1.html
大手広告会社の電通(東京)が社員に違法な残業をさせていた事件で、東京簡裁は12日、労働基準法違反罪で電通を罰金刑とする略式命令を不相当と判断し、正式な裁判を開くことを決めた。簡裁が検察側の略式起訴を退けるのは珍しい。新入社員の過労自殺に端を発した事件は公開の法廷で審理されることになった。
略式起訴と略式命令は、簡単な事件について非公開の書面審理だけで罰金刑などを言い渡す手続き。より重い罰金刑や、事実の解明・明確化などの理由で略式命令を出すことがふさわしくないと簡裁が判断すれば、通常の公判が開かれる。検察側は公判で改めて罰金刑を求刑するとみられる。
東京区検は5日、労働基準法違反罪の両罰規定を適用して法人としての同社を略式起訴。起訴状によると、電通は過労自殺した新入社員の高橋まつりさん=当時(24)=ら社員4人に対し、電通本社の労使協定(三六協定)が定めた月50時間を超え、平成27年10〜12月に3時間30分〜19時間23分の時間外労働をさせたとしている。
高橋さんの当時の上司ら本社幹部3人と、中部、関西、京都の各支社の幹部計3人は不起訴処分(起訴猶予)となっていた。
高橋さんの母、幸美さん(54)は「電通はこれまで繰り返し過労死を発生させているので、そのことを踏まえて、裁判所は適切な判断をしていただきたい」とコメントした。電通は「裁判所の判断に従い対応する」としている。
ひげにゃん
余命さま、スタッフのみなさま、いつもありがとうございます。
無事に共謀罪も施行し、晴れてTOC条約も締結できましたね。(発効は30日後の8月10日)本当によかった。万歳!万歳!万歳!

実はとっても興味深い記事を見つけました。
?電通違法残業?審理公開、驚く検察 識者は評価
毎日新聞  7/12(水) 21:41配信
◆東京簡裁「略式命令は不相当」と判断 正式裁判に
電通を巡る違法残業事件は12日、東京簡裁が「略式命令は不相当」と判断し、公開の法廷で審理されることになった。
異例の判断に、略式起訴した検察からは驚きの声が漏れ、労働問題の専門家からは「社会へのメッセージになる」と評価する声が上がった。

今回の簡裁の判断について、ある検察幹部は「被告が否認しているわけでもないのに、略式起訴が正式な裁判になるのは珍しく、意外だ」と驚いた様子。別の検察幹部は「社会的注目を集めた事件だったので、公開の法廷で行うべきだという考えで出した判断なのかもしれない」と推測し「検察としては証拠もそろえて問題なくやっており、略式でも正式な裁判でも影響はない。粛々と公判に向けて準備する」と話した。

あるベテラン裁判官は「今回の電通事件は、事案が複雑で慎重な審理が必要なケースだと判断されたのではないか。あり得る判断だと思う」と語った。簡裁は今回、「不相当」とした理由を明かしておらず、別のベテラン裁判官は「例えば事実認定のために証拠調べが必要な場合など、どういう時に『不相当』と判断するのかは、裁判官の間で共通認識がある。それを踏まえて淡々と判断したのではないか」と分析した。
日本労働弁護団事務局長の嶋崎量弁護士は「長時間労働は人の命に関わり、刑事罰も科されうる問題であるとの認識が電通事件で広まった。公判が開かれればメディアでも報道され、労働問題を軽く考えてはいけないという社会的メッセージが発信される」と簡裁の判断を評価する。

その上で「政府は残業時間の上限を法定化して罰則を設ける方針だが、使用者が労働者の労働時間を適正に把握していない状況では『隠れ残業』が増える恐れがある。公判を通じ、社会で過労死の原因と対策を考える必要性を感じてもらいたい」と話している。
[平塚優太、伊藤直孝、巽賢司]  (←ここまで記事)

略式起訴した検察からは驚きの声が漏れ…〉とあり、いかに異例の事だったのかを伺い知ることができるのです。身内の事案を何とか穏便に処理しようとしていたのかもしれない、いや!処理しようとしていたのはミエミエで、この前に略式起訴との記事が出た時には「またか」と判決疑義リストに入れようと思っていた矢先の今回の記事。小躍りせんばかりのガッツポーズをしてしまいました。以前塩崎厚労大臣は「この件は社長が退陣ということで済む話ではない」という趣旨のことも言っていたのを記憶しています。最近の目に余る程の裁判官による≪身内贔屓判決≫に、日本国民がどれ程憤っていたか思い知るがいい! さらに、簡裁は今回、「不相当」とした理由を明かしておらず…〉ですよ〜
?簡易裁判所(ウィキより一部抜粋)
通常一審事件の管轄を有する地方裁判所に対し、請求金額が一定金額以下の民事事件や、罰金刑に該当する刑事事件など、比較的軽微な事件を主に担当する。

裁判は裁判官(簡易裁判所判事)1人で行う。
簡易裁判所の裁判官は、地方裁判所におかれる判事ではなく、「簡易裁判所判事」(簡易判事)という職位である。簡易判事はしかるべき経歴や学位を持つ裁判所書記官や法学者など司法試験に合格していない者でも任官資格がある。 (以下省略)
私の読み違いでしょうか?何か動く気配がして仕方がないのです。これが小さな突破口になることを期待して、この先も注視していきたいと思っています。
まだまだ闘いは続きます。日本再生のため、ますます「ひた押し」に拍車をかけ邁進していきますのでよろしくお願いいたします。
暑さ厳しい毎日、どうかご自愛下さいますように。
CatmouseTail
CatmouseTail への返信
関連して、『経産省が電通を指名停止 労基法違反で1カ月』ttp://www.sankei.com/economy/news/170712/ecn1707120015-n1.html
という記事がありましたが、これまた処分内容に影響が出るんでしょうねw
経産省の「指名停止1カ月」の根拠は「略式起訴」だったから、これが「正式裁判」となれば、まあ、指名停止は長引かないとおかしなことになりそうで。
ここら辺りからも、経産省の汚鮮状況が特定できそうな感じですね。

余命様スタッフ様同志の皆様感謝申し上げます。
外患罪告発中の売国議員が相も変わらずマンセーしております。お知らせまで
日韓議員が囲碁交流 14年ぶり日本で親善対局
http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/170713/plt17071319010018-n1.html
民進党の菅直人元首相ら超党派の「囲碁文化振興議員連盟」は13日、韓国の国会議員でつくる「棋友会」の元裕哲会長(自由韓国党)らを参院議長公邸に招き、親善交流対局を行った。日本での実施は約14年ぶり。議連会長の柳本卓治参院議員(自民党)は「近隣の親戚同士だ。友好を高め合ってほしい」とあいさつ。日本側は自由党の小沢一郎代表や、引退した山崎拓元自民党副総裁ら約10人が参加した。日韓議員の囲碁交流は平成11年に始まったが、日韓関係悪化に伴い16年に中断した。日韓国交正常化50周年に当たる27年、ソウルで約11年ぶりに再開した。
皆様ご自愛なさって下さい。

.....総がかり行動実行委員会に囲碁界の重鎮石田芳夫がいるのには仰天した。リストの中で30数名は知己のなかである。しかし、まあ、思想信条はそれぞれでどうでもいいことであるが、これはさすがに少々問題がある。各囲碁クラブですでに話題となっており、耳をふさいでいる。囲碁界は日中韓のつながりが強いが、昨今の関係は少なくともよくはない。政治を持ち込まないようにそれぞれが努力し、個人的にも約50年近く、陰に陽に日本棋院を初めとする活動を支えてきただけに今回の件は大変残念である。
神宮さん
「総がかり行動実行委員会」
やっと名前が出ましたね、森村誠一。こいつがのうのうと生きていることが悔しくてたまりません。赤旗連載のプロパガンダ小説『悪魔の飽食』シリーズでさんざん日本を貶めておきながら、九条の会で作品の資料を基に講演したり、池辺普一郎と組んで混声合唱組曲は作るは、香港で映画は作るは…中国には誠に良いカードを与えてしまった。現在でも書籍は角川から「ノンフィクション作品」と紹介され出版されており、電子書籍にまでなっている。
大学教授や芸術家、舞台俳優などが多いのはさもありなんと納得ですが、90歳をだいぶ超えて元気に一人暮らしをしているのが持てはやされている方までがそうだとはね。
折角ご長寿のところをお気の毒に、なんて思いませんよ。若気の至りで左翼に手を染めても中年すぎてまで極左ってのは愚かでしょうが。死んだ姉もそうでした。私より優秀な当時大学生の姉に吹き込まれた小学生の私には、左翼思想はよくわからないが、余りにも絵に描いた餅のようで気味の悪い関わりたくないものとしか思えませんでした。姉がいたから現在の私がいるのかも…と今では思っています。
中華腫にはトンケツを朝鮮腫にはトンスルを
最近知り合いになった人が公務員のぐうたらや不正、世の中が良くならない理由などの持論を展開し始めたと思ったら自民党を超える大きな党がないからこの世は絶対に良くならない、と仰せ…いやあ幸せな人だなぁと初めて感じた。私が、ではなくその人が、である。オハナンな人はとりあえずとにかく幸せなのである。こちらの苦労苦心など分かろうともせずに…別に悪い人ではなくその人の人生経験から論じている事なので否定拒絶する気はないが残念は残念。私を信用して色々な事を教えてはくれるがもう少し奥まで観てみましょうや、と思った。若造が知った口を利いてはいないがついつい思う様になってしまいました…
田舎ママ
余命様、同志の皆様こんばんは♪ これからはどこで何があってもおかしくないですね。緊張&ワクワクがとまりませんww
安倍総理の逆襲の前哨戦ですかね?

首相出席で閉会中審査…加計問題で自民が応じる
7/13(木) 21:55配信
読売新聞
政府・自民党は13日、学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題を巡り、野党が求めている安倍首相出席での衆院予算委員会の閉会中審査に応じる方針を決めた。
首相の出席には慎重論もあったが、内閣支持率が続落する中、首相自ら説明責任を果たす必要があると判断した。
自民党の竹下亘国会対策委員長が13日、民進党の山井和則国対委員長に開催の意向を伝えた。竹下氏はいったんは開催を拒否する考えを伝えたが、首相が「自分で国会に説明する意思がある」と受け入れるよう指示した。加計学園問題では10日に首相不在のまま閉会中審査が開かれたが、野党は疑念が深まったとして首相の出席を求めていた。
予算委は来週以降になる見通しで、14日に改めて竹下、山井両氏が会談して詰める。民進党が証人喚問を求めている和泉洋人首相補佐官ら7人の扱いも議論になる。

それとお隣バカん国の話題
文大統領「安倍首相を平昌五輪に招待」 日本側も前向き
7/13(木) 21:51配信
朝日新聞デジタル
韓国文在寅(ムンジェイン)大統領が7日にドイツで開かれた安倍晋三首相との首脳会談で、来年2月の韓国・平昌(ピョンチャン)五輪の開催に合わせて首相を平昌に招待する意向を示し、日本側も前向きに検討していることが13日、わかった。複数の政府関係者が明らかにした。年内の東京開催を目指す日中韓首脳会談に合わせた文氏の訪日も、両政府が検討している。
両国外交当局の念頭にあるのは、1988年のソウル五輪時の竹下登首相の訪韓や、2002年のサッカー・ワールドカップ日韓共催時の小泉純一郎首相と金大中・韓国大統領の相互訪問といった先例だ。スポーツ交流の場なら「和やかな首脳会談となり、懸案を詰めて話す場にはなりにくく互いに負担が少ない」(日韓外交筋)との狙いもある。
安倍総理を人質にでもするつもりですか?総理を戦場予定地に行かせるなんて出来ません。
慰安婦像撤去もしてないくせに、面の皮何cmありますか?
総理がもし行ったら、「東京五輪で俺を呼べ」となるんでしょ?
その時韓国が存在してるかどうか不明ですが・・
日本側も前向きに「お・こ・と・わ・り」お断り願います。
こつる
日本万歳!
川崎デモへのカウンター予告ブログです。
救急車の邪魔を推進しているブログを見つけました。
「救急車の通行の邪魔をしないようにしましょう」ではなく、
「救急車に跳ねられないように気をつけて」です。

群青
●忠告 救急車に跳ねられないように気をつけて
予定される時には、自分もまた、関東労災病院前に駆けつけるつもりである。
おそらく、デモ隊参加者の数倍のカウンターが広範囲から参加されるであろうし、またそれ以上の数の警官隊が、公園付近から元住吉駅付近に待機するであろうと予想する。

ttp://ameblo.jp/gunjyo01/entry-12292243585.html
魚拓ttp://megalodon.jp/2017-0713-1647-00/ameblo.jp/gunjyo01/entry-12292243585.html
スタート地点は関東労災病院前。
大きな救急病院であり、横浜・日吉方面や川崎・武蔵小杉方面から、頻繁に救急車がサイレンを鳴らして走ってくる路上である。
デモ、そしてカウンター・シットインがあったとしても、神奈川県警は、救急車を通さねばならない箇所である。
このことは、どの報道陣もどの有識者も、全く触れてくれない。
新宿東口の歩行者天国とは、訳が違う。
2016年6月5日は、路上の沢山の人達すれすれに、2台の救急車が走り抜けた。
今回、路上ですこしでもハネ上がりの個人行動をすれば、救急車による人身事故の危険性がある場所だということを知っておいて貰いたい。

.....何か腰が退けたコメントだね。カウンターデモが違法であることを意識して、共謀罪にかからぬように再三チェックした慎重な文面だな。余命は実行部隊ではないので16日に中原で昼頃からデモ開始くらいしか聞いていないが、病院の前は大変だな。
まあ、今回のデモの主催者の悩みは事前の参加希望者が多すぎるということと、共謀罪成立施行により、有田、瑞穂、野間しばき隊、辛のりこえネット等のカウンター常連が逃げるのでは?という心配であった。メインが次回の桜本での大規模デモということであるから、前哨戦というよりは、様子見という感じでたいしたことはなさそうだ。
投稿日: 2017年7月14日

Page Top

1742 2017/07/14アラカルト anchor.png

こつる
日本万歳!
デモにカウンターをしてくる来場者を予測します。絶対来そうな参集を呼びかける〔邊屬気鹵と、昨年以上の結集を呼びかける⇒田さん、そのほか関係者〜Г任后

C.R.A.C.K.@crac_kawasaki
[HATE ALERT] 7月16日(日)午前◇川崎市中原区「中原平和公園」周辺 #0716川崎ヘイトデモを許すな
時刻いまいち不明瞭ながら、がっつりカウンターいきたいと思います。ぜひ、ご参集ください!

⇒田芳生@aritayoshifu
ならば最大限かつ全面的に断固として抗議しようではありませんか。「ひとりから」。
昨年以上の結集で。https://twitter.com/ishibs_kanagawa/status/885130689804292097
ttp://twilog.org/cracjp/date-170713
魚拓ttp://megalodon.jp/2017-0714-0701-25/twilog.org/cracjp/date-170713

昨年の言論弾圧の陣頭指揮をとった「青丘社」の皆さんも、来場されるのではないでしょうか。役員の皆さんを紹介します。
「青丘社」役員名簿
理事長/評議員      羹電戞〇楡瀋后,佞譴△ご曄ヾ枋
2 理事/ 評議員 林炳台 地域福祉 会社役員
3 理事/ 評議員 李国定 地域福祉 会社役員
4 理事/ 評議員 田平萬 地域福祉 会社役員
5 理事/ 評議員 宋富子 学識経験 高麗博物館 館長
6 理事/ 評議員 瀧田浩 学識経験 会社役員
7 理事/ 評議員 金健 施設長 桜本保育園 園長
8 理事/ 評議員 山鹿昭明 地域福祉 牧師・幼稚園園長
9 理事/ 評議員 大倉一郎 学識経験 フェリス女学院大学 助教授
10 理事/ 評議員 鄭利一 地域福祉 元会社役員
11 評議員 李省展 学識経験 恵泉女学園大学大学院教授
12 評議員 浅見彰 地域福祉 おおひん虹の会副会長
13 評議員 山根俊彦 地域福祉 桜本保育園OB会
14 評議員 湯浅利啓 施設長(代理) ほっとライン 管理者
15 評議員 南宮成根 施設長(代理) 桜本保育園 副園長
16 評議員 石川泰次 地域福祉 社会福祉法人 あおぞら共生会理事
17 評議員 孫裕久 その他 戸手教会牧師
18 評議員 齋藤進治 学識経験 元障害者施設長
19 評議員 鈴木宏子 その他 ふれあい館識字学級 共同学習者
20 評議員 豊田洋次 地域福祉 桜1町内会役員
21 評議員 三浦知人 施設職員 施設職員
1 監事 具滋根 地域福祉 会社役員
2 監事 金達弘 地域福祉 会社員
ttp://www.seikyu-sha.com/profile/meibo.html

ぁ屮悒ぅ肇好圈璽舛魑さない」かわさき市民ネットワーク賛同団体の皆さんも、来場されるのではないか、と思います。
昨年3月現在で150団体もあるので、今また増えているかもしれません。
2016/3/9現在
呼びかけ団体(青丘社、川崎・富川市民交流会、クラック川崎)を除く
1 Anti Racism Project
2 池子米軍住宅追加建設に反対する会
3 移住者と連帯する全国ネットワーク(予定) 2016/02/25
4 命から政治を考える会 2016/02/25
5 NPO木曜パトロール
6 沖縄平和行進参加者の会
7 外国人市民と共生をめざす神奈川連絡会議
8 外国人住民基本法の制定を求める神奈川キリスト者連絡会
9 外国籍市民の教諭採用を求める横浜の会
10 学校事務職員労働組合神奈川 2016/02/25
11 かながわアクション
12 神奈川合唱団
13 神奈川県勤労者医療生活協同組合港町診療所 2016/03/09
14 神奈川県高等学校教職員組合
15 かながわ国際交流財団 2016/03/09
16 神奈川県同胞生活相談綜合センター
17 神奈川県労働組合共闘会議 2016/02/25
18 神奈川シティユニオン
19 神奈川人権センター
20 神奈川地域労働運動交流 2016/03/09
21 神奈川朝鮮学園オモニ会連絡会
22 神奈川朝鮮学園を支援する会
23 神奈川土建一般労働組合川崎支部
24 神奈川ネットワーク運動 2016/02/25
25 神奈川ネットワーク運動・青葉 2016/02/25
26 神奈川ネットワーク運動・海老名 2016/02/25
27 神奈川ネットワーク運動・川崎ブロック
28 神奈川ネットワーク運動・座間市民ネット 2016/02/25
29 神奈川の外国人教育を考える会
30 神奈川平和運動センター
31 かながわみんとうれん(民族差別と闘う神奈川連絡協議会)
32 かながわ歴史教育を考える市民の会
33 神奈川労働相談ネットワーク 2016/02/25
34 カラカサン-移住女性のためのエンハ?ワメントセンター 2016/02/25
35 カラバオの会
36 川崎アホ?シ?会/川崎オモニ会 2016/02/25
37 川崎医療生活協同組合
38 川崎医療生活協同組合生協歯科クリニック 2016/02/25
39 川崎から日本軍「慰安婦」問題の解決を求める市民の会
40 川崎協同病院
41 かわさき芸術倶楽部
42 川崎建設労働組合連合会 2016/02/25
43 川崎公害病患者と家族の会
44 川崎交通労働組合
45 川崎合同法律事務所 2016/02/25
46 川崎市観光協会
47 川崎市教職員組合
48 川崎市職員労働組合
49 川崎市労働組合連合会
50 川崎市日韓親善協会
51 川崎市立病院労働組合
52 川崎地区九条連
53 川崎地方自治研究センター
54 川崎朝鮮学校アボジ会/オモニ会
55 川崎南部労組交流会
56 川崎労働組合総連合
57 川崎YMCA
58 関東大震災時朝鮮人虐殺の事実を究明する横浜の会
59 関東大震災時朝鮮人虐殺の事実を知り追悼する神奈川実行委員会
60 関東大震災朝鮮人虐殺の国家責任を問う会
61 九条を守る神奈川高校教職員の会
62 く?らす・かわさき 2016/02/25
63 公明党川崎市議団
64 個人情報保護条例を活かす会
65 コーラスむくげ
66 寿支援者交流会 2016/02/25
67 コリアNGOセンター
68 在日高齢者交流クラブ「トラヂの会」
69 在日高齢者と結ぶ2000人ネットワーク
70 在日大韓基督教会
71 在日大韓基督教会関東地方会教会女性連合会
72 在日大韓基督教会関東地方会社会
73 在日大韓基督教会 川崎教会
74 在日大韓基督教会 全国教会女性連合会
75 在日大韓基督教会 豊中第一復興教会
76 在日大韓基督教会 横浜教会
77 在日本大韓民国民団神奈川県川崎支部 2016/02/25
78 在日本朝鮮留学生同盟 神奈川県本部
79 桜本商店街振興組合
80 差別反対東京アクション
81 自治労川崎市下水道労働組合
82 市民フォーラムYONO(注:さいたま市与野)
83 社会民主党神奈川県連・川崎市連
84 ジョアン川崎
85 女性の家サーラ
86 新日本婦人の会七支部連絡会 2016/03/09
87 住みよい鹿島田を考える会 2016/02/25
88 生活の党と山本太郎となかまたち神奈川県総支部連合会
89 戦争反対・平和の白いリボン神奈川
90 全水道川崎水道労働組合
91 全造船機械労働組合関東地方協議会 2016/03/09
92 全横浜屠場労働組合
93 多言語社会リソースかなか?わ(MICかなか?わ) 2016/02/25
94 脱原発かわさき市民
95 多文化共生・自治体政策研究会
96 多民族共生人権教育センター
97 地域から平和を考える会
98 地球の木 2016/03/09
99 鶴見同胞相談センター
100 同和問題を取り組む神奈川県宗教者連絡会議 2016/02/25
101 戸手地域活動センター
102 中北同胞生活センター(注:相模原)
103 南武同胞生活相談綜合センター
104 日朝協会東京都連合会
105 日朝国交正常化をすすめる神奈川県民の会
106 日本共産党川崎市議団
107 日本共産党川崎南部地区委員会
108 日本基督教団神奈川教区 2016/02/25
109 日本基督教団神奈川教区 基地自衛隊問題小委員会
110 日本基督教団神奈川教区 性差別問題特別委員会 2016/02/25
111 日本基督教団神奈川教区 多民族共生をめざす小委員会
112 日本基督教団神奈川教区 部落差別問題小委員会
113 日本基督教団神奈川教区 ヤスクニ・天皇制問題小委員会
114 日本基督教団大船教会 2016/03/09
115 日本基督教団上大岡教会  2016/03/09
116 日本基督教団川崎戸手教会
117 日本基督教団高座渋谷教会 2016/02/25
118 日本基督教団三・一教会 2016/03/09
119 日本基督教団鶴見教会 2016/02/25
120 日本基督教団まぶね教会 2016/03/09
121 日本基督教団溝ノ口教会
2016/02/25
122 弐本基督教団横浜本郷台教会 2016/03/09
123 日本コリア協会・川崎
124 日本友和会 2016/03/09
125 日本労働者協同組合連合会センター事業団神奈川事業本部
126 入学おめでとう応援隊
127 野宿野郎 2016/03/09
128 バスストップから基地ストップの会(注:相模原)
129 反差別国際運動(IMADR)
130 (学校法人)聖坂学院聖坂養護学校 2016/03/09
131 日の丸・君が代の法制化と強制に反対する神奈川の会
132 秘密保護法反対・神奈川実行委員会
133 秘密保護法を考える川崎市民の会
134 日雇全協・寿日雇労働者組合 2016/02/25
135 平塚YWCA 2016/02/25
136 フリースヘ?ースたまりは? 2016/02/25
137 撫順の奇蹟を受け継く?会神奈川支部 2016/02/25
138 部落解放同盟神奈川県連合会川崎支部
139 ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク(のりこえねっと)
140 ホサナ2 2016/02/25
141 マイノリティ問題研究会 2016/03/09
142 緑の党 かながわ
143 民主党神奈川県第10区総支部
144 民主・みらい川崎市議団
145 武蔵小杉合同法律事務所
146 メディアを考える会・かわさき
147 横浜建設一般労働組合川崎支部 2016/03/09
148 よこはまシティユニオン
149 横浜市の職員採用の国籍条項撤廃を求める会
150 横浜YMCA
ttps://docs.google.com/spreadsheets/d/1Fakk3n9w0YDi_NYx9Ik6kQK3lNPMoUUF5mipgRrINAs/edit#gid=1868075118
魚拓ttp://www.webcitation.org/6rw5di56Y

ァ1723 2017/7/8アラカルト」神奈川県民さまご投稿にありました、
反差別国際運動(IMADR)の皆さんも、個性的な肩書きです。
共同代表理事
武者小路 公秀
ニマルカ・フェルナンド 弁護士
副代表理事
マリオ・ホルヘ・ユーツィス 元国連人種差別撤廃委員会委員
ベルナデット・エティエ 人種主義に反対し諸民族の友好をめざす運動(MRAP)代表
組坂 繁之 部落解放同盟中央執行委員長
専務理事
西島 藤彦 事務局長、部落解放同盟中央書記長
理事
ロマニ・ローゼ ドイツ・スィンティ・ロマ中央委員会議長
テオ・ファン・ボーベン マーストリヒト大学教授
ブルナド・ファティマ・ナティサン 農村教育開発協会(SRED)顧問
ドゥルガ・ソブ フェミニスト・ダリット協会(FEDO)創設代表
マイケル・シャープ ニューヨーク市立大学ヨーク校准教授
稲葉 奈々子 上智大学教授、移住労働者と連帯する全国ネットワーク
奥田 均 部落解放人権研究所
加藤 忠 公益社団法人北海道アイヌ協会理事長
金 秀一 かながわみんとうれん事務局長
申 惠? 青山学院大学教授
北口 末広 部落解放同盟中央副執行委員長
福地 曠昭 沖縄人権協会理事長
山岡 尚哉 東京人権啓発企業連絡会理事長
岡本 泰良 日本教職員組合中央執行委員長
角本 尚雄 『同和問題』にとりくむ宗教団連帯会議議長、天台宗
標供\壽 (公財)全国人権教育研究協議会代表理事
阿久澤 麻理子 アジア・太平洋人権情報センター所長代理
顧問
エレーヌ・ザックスタイン ジェンダーと子どもの保護専門家
ペンダ・ムボウ シェイク・アンタ・ディオプ・ダカール大学教授
林 陽子 弁護士、国連女性差別撤廃委員会委員長
友永 健三 部落解放・人権研究所名誉理事
松本 龍 元環境大臣
監事
赤井 隆史 部落解放同盟中央財務委員長
窪 誠 大阪産業大学教授
事務局体制
小森 恵 事務局長代行
和田 献一 事務局次長、部落解放同盟中央執行委員
松岡 順海 事務局次長、『同和問題』にとりくむ宗教教団連帯会議事務局長
島川 一彦 事務局次長、同和問題に取り組む全国企業連絡会
金子 マーティン 事務局次長、日本女子大学教授
カトリーヌ・カドゥ 事務局次長、日本研究者
小松泰介 事務局次長
事務局スタッフ
東京事務所
金 智子
神成 文子
ジュネーブ事務所
小松 泰介
ttp://imadr.net/about/staff/

川崎・富川市民交流会は、資料が少ないですね。
しかし共同代表が、青丘社の理事長と川崎市議会議員 民進党 飯塚正良でした。
「地方参政権」要望など決議 川崎・富川市民集会(2009.11.25 民団新聞)
川崎・富川市民交流会(共同代表=飯塚正良市議会議員、羹電社会福祉法人青丘社理事長)などが主催し100余人が参加した。青年会神奈川県本部の徐史晃会長は、連帯アピールで永住外国人への地方参政権付与を早期に実現してほしいと呼びかけた。
ttp://www.mindan.org/front/newsDetail.php?category=19&newsid=12082

Э斉狎邯弁護士会の皆さん、昨年来られたようですから、今年も見守りに来場されると思います。言論弾圧の現場の証人です。

川崎総合法律事務所 本田 正男
「現場では神奈川県弁護士会を中心に数多くの弁護士が不測の事態に備えて見守り活動を行っていました。」
ttps://kawasakisougou.com/r21/21-03.html

最後に、今回のデモを見に来てほしい人がいます。ヘイトスピーチ法案の施行に尽力した西田昌司氏です。
前回、間違った認識に立って「川崎でのヘイトスピーチの中止は良かった」と発言されていますから、今回もデモ隊がどういう内容の声をあげているか、それがへイトスピーチなのか、声をあげることができるのか、またデモ隊とカウンター隊がどちらが暴力的だったのか、現場で見てほしいと思います。

正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
西田昌司「川崎でのヘイトスピーチの中止は良かった」・
逢沢一郎「川崎デモが中止に。良かった。」
ttp://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6248.html?sp

余命ファン
反日在日と共にかつて民主党が一番恐れた銀狼がリストに入れられている事が残念です。。。
西田昌司「(骨抜きヘイト法と)川崎でのヘイトスピーチ(のフリをしたゴキブリホイホイデモで反日が連れてあぶり出されて)良かった」という事は無いでしょうか?
安倍総理の潜り込ませたスパイという事は。。。

ポポロ
自分も五月蝿い日の丸.掲げての朝鮮右翼のデモが法案成立で無くなるのは良いかと思ってた一人です。
最初は桜井誠さんの行動も日本を貶める行動かと思っていたほどです。
法案成立で何で反日団体が喜んでんだ?
と思っていました。
西田昌司さんもそんな考えから出た言葉ではないのですか。
一般人の自分とは立場が違うのはわかりますが、桜井誠さんの行動も反日と思っていた自分からすると、西田昌司さんの言葉がそこまで酷いとは思わないのですが。
余命さんの考えを教えて貰えませんか?
文章はだめですが意味はわかって貰えると思います。
失礼します

.....あの一言で西田昌司君は終わったね。余命周辺だけでなく、保守系全体で評価がゼロになっている。余命は擁護派だが四面楚歌という状態だ。リスト入りまでしているから、もう信頼回復は無理だろう。検察官適格審査会で一発逆転がないわけではないがその可能性は限りなく低いとみる。実に残念だ。
6月7日チャンネル桜のビデオメーッセージが致命傷だ。彼の過去の実績をふきとばしてしまった。信頼を得るのは時間がかかるが失うのは一瞬である。おそらく川崎の現場を知らないのだろう。過去ログをご覧になれば余命の期待度がわかると思う。実に残念だ。
投稿日: 2017年7月14日

Page Top

1743 2017/07/15アラカルト anchor.png

ァ876
余命先生、スタッフの皆様、日本を取り戻したい愛国の皆様、お疲れ様です。
本日、千葉県弁護士会から「調査開始書」が送られてきましたので、ご報告いたします。
岩渕健彦弁護士は当会の弁護士ではないので、懲戒の手続きを行うことはできないとのことです。
日本を取り戻すために無理せずひた押しでがんばりましょう。
小田原の住人
余命さん、チームのみなさん。お疲れさまです。
通知書シリーズの第二回目のご報告です。まだ、送付されていないのは、愛知会と埼玉会(日弁連及び関東弁連は除く)だけと思われます。以下、12以降が前回のものに追記した部分です。全て揃い次第コピーを送付させていただこうと思っています。
1群馬会 6月3日着 普通郵便 一枚(通知書コピー)
2新潟会 6月26日着 普通郵便 一枚(通知書)
3大阪会 6月28日着 普通郵便 一枚(通知書)
4岐阜会 6月29日着 普通郵便 二枚(通知書及び照会案内)
5第二東京会 6月29日着 特定記録 四枚(通知書、ご連絡及び交付申請書)
6京都会 6月29日着 普通郵便 五枚(通知書)
7仙台会 6月30日着 普通郵便 一枚(通知書)
8兵庫会 6月30日着 普通郵便 一枚(通知書)
9札幌会 7月1日着 普通郵便 一枚(通知書)
10東京会 7月1日着 特定記録 二枚(通知書)
11第一東京会 7月1日着 簡易書留 七枚(送付状、受理通知書、懲戒請求説明書及び回答書)
12福岡会 7月3日着 普通郵便 一枚(通知書)
13茨城会 7月6日着 普通郵便 一枚(通知書)
14山口会 7月6日着 普通郵便 一枚(通知書)
15神奈川会 7月6日着 普通郵便 一枚(通知書)
16千葉会 7月8日着 普通郵便 一枚(通知書)
17滋賀会 7月8日着 普通郵便 一枚(通知書)
18広島会 7月10日着 普通郵便 一枚(通知書)
19和歌山会 7月13日着 普通郵便 一枚(通知書)

無事、テロ等準備罪(共謀罪)施行後、国際組織犯罪防止条約の締結手続きが完了したようですね。私としては、ついでに「しれっと朝鮮総連等をテロリスト団体として認定」してくれたら、面白いな‥と妄想しております。元々棄民で死ぬまで戦えと言われている彼らに選択肢はありませんが、反日日本人弁護士はどうするんでしょうか。その際には、是非斜め上からの会長声明を期待しております。
余命さん、チームのみなさん。どうかご自愛ください。

.....<共謀罪の構成要件を厳格化したテロ等準備罪を新設する改正組織犯罪処罰法が11日に施行されたことを受け、指定暴力団山口組が同法に対応するためのマニュアルを記した文書を作成し、組員らに配布していたことが12日、関係者への取材でわかった。
産経新聞が入手した文書は計5枚。同法について、「法律の実績作りのためにヤクザが集中的に対象とされる可能性が高い」「トップを含め根こそぎ摘発、有罪にしようというもの」などと説明。「想定される適用例」として、組関係者が過去に関与した事件を示しながら、警察当局の摘発対象にならないよう警戒を呼び掛けている。
将来的に警察当局による通信傍受が行われることを想定するような記述もあるほか、「取り調べでのやり取りなどを細かくメモするようにすること」と組員が逮捕された場合の対処法も記している。>

暴力団の顧問弁護士というのもアンタッチャブルじゃあるまいし、日本社会では当たり前に違和感があるが、民主党政権の頃から民主党支持とかをあからさまにして政治に大接近をはじめた。もし、そのまま民主党政権が続いたなら、完璧に日本乗っ取りが完成するシナリオだったのだろうが、完全に裏目に出た。それまでは暴力団というのはイコールやくざ、イコール右翼的な日の丸イメージがあり、日本人には受け入れやすい面があったのだが、それが完全に消えた。
ターニングポイントはここ10年で、戦後ずっと、60年安保の時でさえ対左翼対策には暴力団、右翼、やくざ、ということで自民党との親和性は極めて高かったのである。
在日朝鮮人に組織を乗っ取られたのが直接の原因であろうが、裏の組織が表に出てはさすがにまずかろう。2000年代のやくざ構成員の数の大躍進と反比例して締め付けが厳しくなってきた。今では、過去の対第三国人のイメージはどこにもなく、勢力は分裂して半減し、法的にも反社会的暴力組織としての扱いにまで落ち込んでいる。
現在、米では金融制裁措置としていくつかの日本暴力団の個人と組織に対して金融口座が凍結されている。日本ではテロ三法も骨抜き法であったが、共謀罪が成立し、国際組織犯罪防止条約が発効ということになると、北朝鮮関係だけではなく韓国を含めた在日暴力団全体に累が及ぶことになる。北朝鮮への経済制裁で一番効果的なのは日本における金融機関の口座凍結であり、テロリスト制裁として国連安保理テロリスト委員会の国際テロリスト登録である。日本はこの決定がスライドすることになっているのである。
入管特例法は強制送還について内乱の罪、外患の罪、国交に関する罪は除外しているが、国際テロリストの国籍国送還も当然その範疇である。過去ログで既述しているが、これの適用対象は日本人も外国人も一緒であるが、強制送還されるのは当然在日だけである。
ところで懲戒請求であるが、もう各弁護士会の対応が支離滅裂である。
第一波、約200名の懲戒請求書発送に対する弁護士会の通知書が一段落して、第二波の通知報告が入り始めたが、これがまたひどい。
第一波では各弁護士会の対応に問題があった。

(懲戒の請求、調査及び審査)
第五八条 何人も、弁護士又は弁護士法人について懲戒の事由があると思料するときは、その事由の説明を添えて、その弁護士又は弁護士法人の所属弁護士会にこれを懲戒することを求めることができる。

弁護士法により、弁護士はすべて日弁連の所属弁護士であるはずである。日本弁護士連合会や関東弁護士連合会が違うのなら、その旨を明記すべきであろう。
また、個々の懲戒請求に対してはその旨を懲戒請求者個々に通知すべきで、大和会への返送などもってのほかである。大和会は事務が大変だろうということでまとめて発送しているだけである。今後は個別の発送に切り替え大和会はタッチしない。
さらに、日弁連への懲戒請求には会長名でこたえるのが常識であり、事務総長名はないだろう。関東弁護士連合会は「事務局長 大橋」とあるだけで取り扱い番号も連合会印も押印されていない怪文書である。

2 弁護士会は、所属の弁護士又は弁護士法人について、懲戒の事由があると思料するとき又は前項の請求があったときは、懲戒の手続に付し、綱紀委員会に事案の調査をさせなければならない。

「懲戒請求があったときは、懲戒の手続きに付し、綱紀委員会に事案の調査をさせなければならない」とあり、懲戒請求者には条件が全くない。返送の規定などどこにもないのである。また、いったい証拠とか照会、その他の文書要求は何なのか?

(懲戒の手続に関する通知)
第六四条の七 弁護士会は、その懲戒の手続に関し、次の各号に掲げる場合には、速やかに、対象弁護士等、懲戒請求者、懲戒の手続に付された弁護士法人の他の所属弁護士会及び日本弁護士連合会に、当該各号に定める事項を書面により通知しなければならない。
一 綱紀委員会に事案の調査をさせたとき又は懲戒委員会に事案の審査を求めたとき その旨及び事案の内容
二 対象弁護士等を懲戒しない旨の決定をしたとき その旨及びその理由

要するに、速やかに懲戒請求者に書面により通知しなければならないのである。
当初、第一波をもってPDFによる比較記事をあげる予定で進めており、明日にも出稿できるのだが、数日遅らせるかも知れない。というのは、まだ第二波はいくらも情報がないのだが、そのいくつかの中に基本的な部分で勘違いか、ある意味完全に間違った対応をしている弁護士会があるのである。
何か先入観があるのだろうか、6月5日、19日、7月3日、16日発送の懲戒請求者はすべて個々別々で、重複はないのに、「前回同様」とか、「前回お知らせしましたように」というような記述がある。現在700通の懲戒請求書を発送しているが、これはすべて相互には何の関係もない別人である。神奈川のように最初から「懲戒請求者の代表者を決めて?」というのは不可能である。東京第一の同姓同名確認はもはやお笑いネタで、調べれば完全な同姓同名ではない。ふられた埼玉県弁護士会や当該弁護士はどうするのだろうか。少なくとも次回の通知で同じようなことはできないだろう。ふられた弁護士は過去履歴をあぶりだされているのである。名誉毀損、業務妨害での損害賠償請求は可能だよな。
これらの弁護士会の第二波の通知がくるのはこれからだが、当然訂正せざるを得ない。同じ事案の懲戒請求に対する通知内容が違うというのは、まあ普通は異常だろうから訂正通知くらいは出さなければならないだろう。
すでに各弁護士会ではいろいろと問題が発生しているらしく、いいわけじみた文書が添付されている。いくつか抜粋して赤字でコメントを入れておいた。

1.懲戒請求は弁護士法第56条1項、第58条1項「職務の内外を問わず、非行のあった弁護士の懲戒を求めるもので、貴殿と弁護士の争いの解決とか、金銭被害の回復というようなものではなく、裁判所の判決に何の法的影響も効力もない。

外患罪適用下における対象国である在日朝鮮人に関する朝鮮人学校補助金支給要求声明は利敵行為であるとしての懲戒請求である。

2.綱紀委員会の事情調査にはある程度の時間がかかる。懲戒委員会に行けばまた時間がかかる。審査結果が出るまではかなりの時間がかかるので待つ必要がある。

月の単位か年の単位かがわからない。

3.結論は議決書という形で通知する。電話等や来会での問い合わせには対応できない。
弁護士会の職員は、事件内容や進行状況等は知らないので問い合わせには答えられない。

何かもう、コメント不能だな。

4.綱紀委員会の議決は部会長1名だけの調査、判断ではない。

信用も信頼もしていないが誰もそんなことは聞いていないぜ。

5.綱紀委員会の議決に不服がある場合は申し立てができるが、同一事実については1回だけである。

誰もあきれていて不服申し立てなど考えていないと思うがね。

眩暈
こんばんは。本日京都弁護士会から調査開始通知書が届きました。厳密な表題は「懲戒請求事件の調査の開始について(通知)」です。日付は7/12、公印有り。再生紙を使っており、対象弁護士につき1枚なので、計5枚がA4大の封筒に入っていました。事案番号は:
平成29年(綱)10423号 浜垣真也
平成29年(綱)20423号 後藤真孝
平成29年(綱)30423号 小川顕彰
平成29年(綱)40423号 大倉英士
平成29年(綱)50423号 松浦由加子
でした。どなたかも書いていらっしゃいましたが、この類のものを糊せずにセロテープで封するってのはどうなんでしょうね。
はる
おはようございます。
余命様、余命チームの皆様いつも有難うございます。

弁護士会様よりのお便りがまとまってから、ご報告させて頂こうと思っていましたが、現在6月末頃に兵庫県弁護士会様よりお便りを頂いたのみです。
日付    2017年(平成29年)6月28日 押印割り印あり
事案番号  平成29年(綱)第1536号ないし同第1542号
対象弁護士 第1536号 春名一典
第1537号 白 承豪
第1538号 尾藤 寛
第1539号 村田吾郎
第1540号 鈴木 亮
第1541号 薮内正樹
第1542号 幸寺 覚
以上です。よろしくお願いいたします。
共謀罪が施行されてから、色々と動いている様でワクワクしてます。
皆様、暑い日が続きますが、お体に気を付けて頂ければと思います。
六文
余命爺様 スタッフの皆様
いつもありがとうございます。
報告です。
7月11日下記弁護士会より
懲戒請求調査開始通知書が届きました。
平成29年7月10日
大阪弁護士会
事件番号平成29年(網)第4395号から第4403号)7月4日調査開始

7月13日下記弁護士会より
懲戒請求調査開始通知書が届きました
平成29年7月11日
千葉県弁護士会
調査開始日記入なし
事件番号平成29年(網)第1682号)
事件番号平成29年(網)第1782号)
事件番号平成29年(網)第1882号)
事件番号平成29年(網)第1982号)
暑い日が続いてます。お身体に気を付けて下さい。
讃岐うどん
余命爺様、PT様、大和会様昼夜の激務ご苦労様です。
本日京都弁護士会から調査開始通知書(7月12日)が届きました。
1.事案の表示   平成29年(綱)第10460号
2.対象弁護士   浜垣 真也
第20460号 後藤 真孝
第30460号 小川 顕彰
第40460号 大倉 英士
第50460号 松浦 由加子
以上5名、通知書5枚です。
皆様御自愛下さいませ。(7月14日)
投稿日: 2017年7月15日


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 800, today: 2, yesterday: 0
Princeps date: 2017-12-09 (Sat) 08:21:41
Last-modified: 2017-12-09 (Sat) 08:21:41 (JST) (846d) by 123-YouSinnanji2
XOOPS Cube PROJECT