Welcome Guest 
検索
MenuBar
オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが XPWiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

技術

欧州、電気自動車増で大気汚染の恐れ!欧州環境庁(EEA)警告 というスレがどこぞの政党似で面白いので掲載。 anchor.png

演出者

ytpopotan 電力、水素、技術的内容が理解できず支離滅裂。
powpow-arm 電子や物質などの世界を熟知し、高校生レベルでも理解できるよう優しい文章にしている。
金崎幸二氏 ytpopotantが嘘で武装していることを突いている善良者。
  • powpow-arm
    水素自動車だと、リーフ1000キロ走れる電力量で100キロしか走れませんね。
    ガソリンは電気よりも公害が多いし、水素自動車は電気自動車の10倍汚染させるのですがこういう正しい現実をお願いしますね。?
  • powpow-armさんへ
    意味が分かりません。もう少し詳しいデータや式で論理的なコメントお願いします。?
  • powpow-arm1 週間前(編集済み)
    こんなの高校生程度の物理を学んでいれば分かるのですけど。
    まあ、仕方ない。計算例を示しましょう。
     
    ではリーフで1000キロ走れる電力量を1としましょうか?
    30kWhで280キロなので、1000キロ走行するには、107kWh の電力量が1です。
    リーフも当然供給する電力よりバッテリの電力は下回りますので1.1倍(大体リチウムイオンバッテリの効率)とし電力供給側は、
    1.1 × 107 = 117.7kwh
    を給電することとなります。
     
    このリーフが1000キロ走ることができる 117.7kwh の電力量を水素に変換し、ミライで計算してみます。
     
    2010年での最高ではなく、ここはミライを少しでも有利とするため、2017年水から水素を取り出す最高効率で計算しましょう。
      
    現状の最高効率は7%なので水素への変換効率は0.07倍。
     
    次に、水素を電力に変える必要があるのでこの電力量効率を掛けます。
    トヨタのカタログでは理論的には83%となっているものの、これは冬季の暖房までを含んだ回収率であり、動力として使える電力変換効率ではありません。実際現状の最大値は30%が精一杯で残りが全て熱となって失われます。
    失われない分はというと、空中に水素そのものとして排出されているので、実はMIRAI は完全なるゼロエミッションでないことがここからも理解できますね。
     
    水素を電力にしたのですが、今度はこの電力を使えるように一度バッテリに充電します。ここからはリーフと同じななのでここはリーフと同じ1.1倍とします。
    結果ですが、0.07 × 0.3 / 1.1 = 0.01909 倍となります。
    結果 MIRAI を少しでも有利にするため、0.02とします。
     
    117.7 / 0.02 = 5885kwh が必要。
     
    しかしこれだけで終わらないのが水素で、水素ステーションでタンクに水素を充填するためコンプレッサを稼動しなければななりません。この電力量はリーフ100キロに走行分に相当することが一般的に知られているので、約 11.7kwh とします。
    1回の充填で500キロとして1000キロなので2回充填とすると、電力量は 23.4kwh。
    よって、この 23.4kwh と先ほど求めた 5885kwh を加算した電力量が MIRAI 1000キロ分の電力量となりますね。
    5885 + 23.4 = 5908.4kwh
     
    結果比較
     
    リーフとMIARI がどちらも1000キロ走ろうとした場合の電力量は、
    リーフ 117.7kwh /1000キロメートル
    MIRAI  5908.4kwh /1000キロメートル
     
    MIRAI は リーフの50倍効率が悪いことが確認できました。
    いかがでしょう。
     
    もし MIRAI が大量に走った場合はあなたの家庭に電力は供給できなくなるでしょう。
    しかしリーフが復旧していけば、例えば一般家庭の太陽光パネルで得られた電力が家庭クラウドバッテリとしての機能を果たし社会変革がおきるでしょう。
    水素では、効率、水素変換、充填貯蔵。ここまでが家庭の水素製造とし、こんどは充填というプロセスがありますね。
    結果家庭クラウドとして、無理とまでは言いませんがバッテリより1/10以下の効率でやる人いますかね。
    投資100倍。得られる電力1/10。これが水素の実態ですね。
     
    これ位高校生程度の学力があれば、だれでも計算した上で無理であることは明白に分かりますよね。?
  • ytpopotan
    powpow-armさんへ
    具体的な計算式の紹介ありがとうございます。専門家ではないので詳しくは言えませんが、50倍効率が悪い燃料電池車(FCV)と言うのはオーバーでは・・?
      
    確かに、FCVはエネルギーの伝達工程も多いので、ロスが多くEVより効率が悪いのは頷けます。
    しかし50倍なら商品化されないよ。
     
    ただし、無駄が多くても電源の電力自体がタダならコスト的には問題ない。
    太陽光の電力なら幾らでも水素を製造できるでしょう。
     
    EVの問題点はバッテリーの寿命と容量、そして充電時間です。
    今のリーフがダメなのもそれが要因です。複雑で重くて価格も高いFCVですが、水素を燃料にすることでEVの欠点が解消されるのが、水素を評価する要因でしょう。
     
    そこで、複雑なFCVよりも水素をそのまま燃やす水素車の方が現状の製造工程を利用できて、コストも安くなる。既に完成しているマツダのロータリー車(ガソリンでも水素でも走行可)がスタンド建設のインフラ普及時に必要とされる筈。?
     
    (↑その水から水素を取り出すのに2017年の最高効率でも7%なる数値が理解できない輩)
  • powpow-arm
    ytpopotanさんへ
     
    水から水素をとればその程度でしょう。天然ガスからとれば2倍程度効率が上がるかもしれませんが、それでもEVの高い効率には勝てません。
     
    もし勝てるというなら、貴方のデジタルカメラは電池を入れ、水を入れ、一度水素に変換してから使えるような機器になっている筈ですよね。しかし現実はなりませんね。でもマッチ箱程度の水素変換装置は存在してますので、不可能ではないはずです。でもやれませんね。
     
    やれない一番の理由は、もともと電子と水素は存在している場の次元が違うからです。
    何言っているかってですね、電子は移動するだけで仕事量です。モータ回すのにも、インバータを稼動させるにも電子が持つエネルギーを利用して動かせます。
     
    水素はその物質自体が移動してもまったく仕事量にはなれず、これを別次元の物質に変換する必要がありますね。
    で、結局一番効率がいい電子に変換する訳です。
    電子は電子のまま貯めて使えはいいのですが、電子を水素に変換したら再び電子に戻さなければなりませんね。
     
    これはですね、最初から勝負になっていないのです。
     
    なので高校で習った物理の知識でも、トヨタが言ってる水素ではEVには何をしてもFCVでは勝ていませんよって絶対に言い切れます。
     
    もし水素がヘリウムやら別の物質になるのであれば、これまた違う次元の物質なので、別の意味で勝負できるかもしれませんがね。
    前年トヨタが発表した特許程度の低い技術レベルではですねあまりに幼すぎて使い物になりません。
    これは高校生程度でも十分理解できます。
     
    車のエネルギーが電子であることは絶対です。
    これ以外の次元に存在している物質はそのままでは走行エネルギーになりません。別の物資に変化する、例えば常温核融合とかですね。
    もしそういう利用となされたとしても、最終的には電子に変換され仕事量になるわけです。
    よってトヨタが発表した幼稚な水素特許では、どの企業も使い物にならないとの判断で終わってますよ。
  • ytpopotan
    powpow-armさんへ
    >もし勝てるというなら、貴方のデジタルカメラは電池を入れ、水を入れ、一度水素に変換してから使えるような機器になっている筈ですよね。しかし現実はなりませんね。<
     
     以前、ノートパソコン用の燃料電池が開発されましたよね。20時間使えるとのことでしたが普及しなかった。その最大の理由はコストだと思います。
    (↑コスト問題だけならばプロ用器として存在する筈。それすら存在していない理由が理解されない)
     
    その後パソコンの消費電力が小さくなりリチウムイオン電池が商品化され5時間以上持つようになれば高価な燃料電池の需要は無いということ。
    これはFCVのミライでも言えることですね。700万円の車ですから売れるわけない。
    (↑事実そうなっています。エベレスト登山にバッテリ持って上がり、頂上での撮影されてますよ)
     
    そこで政府は200万円もの補助金を設定したが、500万円の車なんて金持ちしか買えない。
    結果、金持ちのために200万円の税金が使われるのです。何かおかしな話ですが。
    性能では十分対抗できる燃料電池ですがコストが問題です。今のところ災害用の待機電源として需要があるかも。?
    (↑必死にコストだけの問題に摩り替えてます)
  • ytpopotan
    powpow-armさんへ
    >水素はその物質自体が移動してもまったく仕事量にはなれず、これを別次元の物質に変換する必要がありますね。
    で、結局一番効率がいい電子に変換する訳です。
    電子は電子のまま貯めて使えはいいのですが、電子を水素に変換したら再び電子に戻さなければなりませんね。
     
    何を言っているのか全く分かりません。水素を電子に変換や電子を水素に変換なんて・・??
    更にそれを電子に戻す??
    水素は分子(原子)ですよね。そして電子はその原子核の周りに(水素は1個)ある極小さな粒子、水素だけでなく全ての原子にあるものです。
    分子・原子の水素と電子は全く別物。
    前回の投稿も変でしたが今回は意味不明です。
    (↑ この程度も理解できないようです)
     
    原子の周りにある電子が移動するから電流が流れるはずですが。電子はマイナスの電荷を持っているので移動すると電圧と電流が発生すると思うのですが。専門家でないので正確でないかも知れませんが。
     
     因みに、水素はそのまま燃やしてもエネルギーを発生する。エンジンで燃やす水素車をマツダが開発積みです。最終目的は車を走行させることです。?
    (↑頭がちぐはぐですね、モータは電子で動きますが水素では動きません。電子はどの粒子より大きなエネルギーを持っていて、簡単に利用できて、電子が移動するだけで動力となります)
  • powpow-arm
    電子と水素の違いが分からないと、そういうことになるかと思います。
    存在してる次元が違うのですって言っても分からないでしょうね。?
  • ytpopotan
    powpow-armさんへ
    >なので高校で習った物理の知識でも、トヨタが言ってる水素ではEVには何をしてもFCVでは勝ていませんよって絶対に言い切れます。<
     
    EVは良いのですが運用上の欠点が解決できないのです。
    現状の技術では走行距離が短いのとバッテリ切れの対処が大変。ガソリンだと少し入れるだけで復旧するが、現場で充電できないEVはJALに牽引してもらうしかない。
    そしてバッテリー自体が劣化するので新品の性能が維持できない。
    新品に交換するにも高くつく。よって中古車価格は同一クラスより大幅に安くなる。結果、新車は売れない。それが今の初代リーフの現状です。
     
    更に長い充電時間もネックです。急速充電が出来たとしても急速にすればするほど、充電電流が大きくなり充電装置が高価になりデカイものになる。
    充電コードの太くなり取扱が困難になる。最終的に1台あたりの充電電流が大きくなり過ぎて、何台も同時に充電すると電力不足になり停電してしまう。
    この問題を解決するのがFCVです。しかし高過ぎる。
     
    結論としては、ガソリンでも水素でも走れて、ボタン一つで燃料を切り替えられるロータリーエンジン車が本命です。ガソリンスタンドから水素スタンドへの移行時には重宝な車です。?
  • ytpopotan
    powpow-armさんへ
    >電子と水素の違いが分からないと、そういうことになるかと思います。
    存在してる次元が違うのですって言っても分からないでしょうね。<
    その通りですが、誰に言ってるのでしょうか?
    自分の発言に自分でダメ出しですか?
    意味不明です。・・・ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛?
  • 金崎幸二
    ytpopotan。あなた、嘘ばかり書かない方がいいよ。まともなこと書いても相手にされなくなる。
    >現状の技術では走行距離が短いのとバッテリ切れの対処が大変。ガソリンだと少し入れるだけで復旧するが、現場で充電できないEVはJAFに牽引。
     
    走行距離が短いって、あなたの妄想でしょ。どこからどこまでが短いのでしょう?
    ガソリンだろうが、電気だろうが少し入れたら少し走り、たくさん入れたらたくさん走りますよ。小学生でも知ってるはずだが?
    電気自動車は航空機で牽引しますか・・・ああ、Fの方ね。笑。
     
    現場でGSなければガソリンも入れられませんけどね。
     
    GSより充電設備の方がはるかにコストパフォーマンス高いですよ。
    EVの問題ではなく、政策の問題だよな。欧州の陰謀論唱えるのに日本政府の陰謀は語りたくないようですね。笑?
  • ytpopotan
    金崎幸二さんへ
    >あなた、嘘ばかり書かない方がいいよ。まともなこと書いても相手にされなくなる<
     
     何か無理矢理感ありですね、もう少し心が広く、人の話も聞ける様に願うばかりです。
    (↑理解できていないのは、ytpopotanあなたですよ)
     
    『現状の技術では走行距離が短いのとバッテリ切れの対処が大変。ガソリンだと少し入れるだけで復旧するが、現場で充電できないEVはJALに牽引』 
    これを嘘と言われれば何も言えないですね。
    (↑嘘)
     
    世間では認められていることですし日産自体も分かっているから新型のエンジンで発電するEVを出したんですよね。
    今の日産のCMを見ている初代リーフのユーザーはどんな気持ちでしょうね?
    それを想定していたから単純なEVをトヨタ・ホンダは市販しなかっただけで来年にはマツダもロータリーエンジンの発電機搭載したEVを発売する。
    現実には欧米の新基準では無理がる。
    純粋なEVでは電力足りません。EVの本当の問題は電力が問題です。?
    (↑マツダの水素ロータリーと日産ノートePowerの違いが分からないのです)
  • 宇津木純
    多少の問題を過大に報じているだけ?
    発電所の排ガス対策をちゃんとやれば、石炭でも自動車のエンジンよりクリーンに燃やすのは、そう難しいことではない。
    やればできることをやってないだけでしょ。法律で規制してやらせれば解決です。
    自動車のエンジンと発電所では熱効率が倍以上違うし、燃料の配送と送電のどちらが効率的か?なんて計算するまでもないよね。
    省エネを進めながら自家用車も守っていこうと思ったら、EV化が目下のところ一番将来性があるのは間違いないよ。?
  • ytpopotan
    金崎幸二さんへ
    >>嘘なんて当たり前
    >何のどこがどう真実と違うのですか? 全く理解できないんだが<
     
    嘘というのは当然排ガスの偽装ソフトですよ。ワーゲンがやって米国の指摘を受けてやっと認めた業界ぐるみの意図的犯罪ですよ。
    (↑マツダも同罪ですけど)
     
    そこでお聞きするんですが、クリーンディーゼルという技術的なことですからワーゲンが出来ないなら他のメーカー(特にディーゼル販売してるメルセデスやBMWやアウディやボルボやオペル等)も同様となりますが、何故EUは調査して罰則を与えないのか?
    (↑いやいや、同罪であることは報じてますよ)
     
    世界のマスコミも何故大きく取り上げないのか?
    (↑マスゴミが報じない、だからなんだっていうのでしょうか?どこぞの政党と一緒です)
     
    問題が大きすぎるから、世界経済が影響の受けるから、大人の対応ですか。
    なら、今後は日本にも大人の対応を願いたい。そして手を染めなかった日本メーカーを評価して欲しい。
    その中でも、正面から技術でクリアしたマツダだけでも評価して知らしめて欲しいものです・・・ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛?
  • ytpopotan
    金崎幸二さんへ
    >>クリーンディーゼルと言えるのはマツダだけ、でも嘘なんて当たり前のEUで人気なんだね。
    >どうやったらそんな理論が出て来るのか不思議
    (↑当然こういう評価になりますね)
     
    上の2行あなたが書いてるのですよ。不思議なら自問自答してくださいね。
     
    何かややこしくなって来ましたが、ところどころに誤解があるようですね。
    上の文章は全て貴方が書いたものです。私ではありません。よろしく。
     
    「クリーンディーゼルと言えるのはマツダだけ、でも嘘なんて当たり前のEUで人気なんだね」
    ↑ どうやったらそんな理論が出て来るのか不思議ですわ 笑
     
    これ全てあなたです。
    私が言ってるクリーンディーゼルはマツダと言うのは検査で明らかになった事実。
    EUの嘘というのはEUの自動車協会やメーカーの業界組織の話です。
    マツダを選んだ一般ユーザーが嘘つきと言ってません。
    都合よく話を繋ぎ合わせないで下さい。クリーンディーゼルとEUの嘘は別の話。
    直接会話じゃないので誤解を招きやすいので仕方ないですが、もう少し相手の言わんとする事を理解しようとご努力願いませんでしょうか。
    私は私以外の意見を聞いて知識を広めたいだけです。
    顔の見えない人には感情はどうでもよく何と言われてもいいのですが誤解を招いて無駄な時間を費やすのは嫌です。
    政府や業界の事は頷けることが多い貴方の意見は参考になりますが、個別の車の案件や技術は頷けない所も多いので勝手に判断させてもらってます。
    あくまでも合理性と辻褄が信条です。?
  • ytpopotan
    結論として、EVにしろ水素車にしろ未来のクルマを走らすためには大量のクリーンな電力が必要です。
    太陽光と風力で発電するしか無いでしょう。
    放射能の原発を新規に100基も建設するなんて愚かな選択はしないで欲しいから。
    原発政策を諦め太陽光に国家が舵取りをすれば世界のお手本の環境先進国となれるが国民のレベルが低いので原発派の宣伝報道や太陽光潰しのネガティブキャンペーンを鵜呑みにしている現状では無理かもしれません。
  • 外野Seikou Katsuno
    結論・・・yppopotan あなたはアタマ良すぎる?
  • powpow-arm
    はははは、分かっていない方が頭がいいってパヨクですね。
    EVの10倍程度効率悪いってのが現実。
    これでも水素が使えるってのは、悪すぎでしょ。?
  • ytpopotan
    >太陽光もパネルを作る時にエネルギーや公害が発生するよね。
    そうですよ。製造時にはどんな装置でもコストとエネルギーが必要です。何故、太陽光だけそこを問題にするのですか?
    >決してクリーンではない。
    100%クリーンな人工物なんて無いですよね。
    あなたは当たり前のことを、さも大きな問題かのように言ってるだけなのです。
    重要な事は、より安全でクリーンで安価な装置を評価できるかどうかです。製造時よりも運用稼働時での能力・性能を評価すべきです。
    燃料がタダで無尽蔵で騒音も臭いもない安全な太陽光はもっと評価されるべきですよ。?
  • Seikou Katsuno
    原発や石炭火力発電じゃない発電方法を発明してください。と言ったところで響かないな。
    人類の終わりも近いかも・・・
    「赤信号みんなで渡ればコワくない」ってね?
  • Seikou Katsuno
    すばらしい!?
  • ytpopotan
    >お二人とも知恵が足りない。今まで通り政府御用達から電気を買いなさい。<
     
    お主のどこに知恵があるのかね?
    太陽光発電は政府が認めたFIT法での売電事業です。
    これも政府御用達と言えなくもない。何も考えず今まで通りに買っている事こそ知恵がないではないか。
    >そもそも、この場で議論することではない<
     
    そう言うお主こそ新たな議論の場を提供しているではないか。
    この場は議論専門とは言わないが議論以外に何の場なのでしょうか?
    議論も含め自由な意見交換の場であって良いのでは?議論したい奴は勝手にやってればよいし、関わりたくなければ無視すればよいだけ。?
  • nyanko runaway
    うーん。そういった問題は織り込み済みでEVが有利だと言われているのだと思ったが、そうではないのか。段取り悪いのぅ。
    SO2は石灰とかで中和できんのですかな。SO2発生は火発に集中するのだから、むしろ対策は取りやすいような気もするのだが。?
  • powpow-arm
    せっかくだから、少し話しましょう。
    水素はね、それ自体、陽子と電子が一対なのでエネルギーは0でしょ。
    これは中学時に習ってますね。
     
    で、何故これでエネルギーが取れるかってのは、実は陽子と電子のエネルギーレベルが全く同じはなく、小数点以下数桁以下で異なっている訳ね。これを多くの人が知らないのでインターネットで調べてもでてこない。だから、水素原子は少しだけエネルギーが大きい陽子の電子分を引いた分だけエネルギーレベルが傾いているわけ。
    小学生レベルの数値で示すと、
     +1.00001 と -1 が合わさると、+0.00001分が傾く、これが水素原子1個分のエネルギー量ね。
     
    と同時に、今度はマイナスに傾く物質が必要でしょ。これが例えば酸素ってこと。
    これらを高温なるプララズマ領域の温度に達すると、電子を交換すると同時に電子交換で熱を発する。同時に余った電子を放出する。
    要は電子を取る物質と電子を放出する物質が合わさり、高温状態に至ると電子交換が始まるわけ。
    この反応で水ができるってのはその通り。
     
    プラズマ領域になっていることが重要で、いくら水素であってもそのまま電子を取り出すことはできず、プラズマって火だからね高い温度が必要でしょ。
    水素から電子を得るには、どうしても高い温度発生なのでいくらトヨタがやっても効率は上がらない。
     
    空間に作用するエネルギーを得られる事を、難しい言葉でエントロピーと言って・・・。結局、全て何かに発散して無くなっていく。これは脱線。
     
    で、電子はって言うと、1個の電子は1個分のエネルギーがあって。これはね小さなブラックホールが移動する様に似ているんだよ。
    小学生時コイルに電流流すだけで磁石になるって知ってるでしょ。電子はそのクーロン力で空間を回し仕事となる。
    このクーロン力がモータやら電界効果トランジスタ、CPU、そのた全ての電力機器類を全て動かせる訳で、水素はエネルギーが0に限りなく近いので動力にはならないんですよ。
    なので全て電子に変換され現代の文明を支える動力となる訳。
    電子のシェアに比べれば水素はその0.1%にも達しない。これはね貴方の家庭も100%が電子で今更電子から離れられるわけないじゃない。
    単純に電子という物質が導体を通して簡単に得られ、電線を通るだけでエネルギーを得られる訳。だから電子は移動するだけでエネルギーに変換される訳よ。
    そして素粒子なので水素(物資)とは次元は全く違う。
     
    結局ね、電子は世界の全ての機器類を動かせるエネルギーなる素粒子ってのがその正体。
    これはねガソリンエンジンを回すのだって、ガソリンと酸素の電子交換によって動力を得てるわけ。同じように水素だってできるでしょ。ガソリンと水素は同じ次元に存在している物質だし。違うのは液体か気体かの違いだけ。液体と気体のもつエネルギー量も全く違いますがここでは言いません。
     
    ノートはガソリンエンジン回して電力を得る訳。これはねトヨタMIRAIと構造が同じよ。
    水素かガソリンかの違いだけで、水素もガソリンも同じ次元に存在している物質じゃない。だから日産ノートとトヨタMIRAIって同じ構造をしているって言えるんでしょ。発電機か電極かっての違いだけね。どちらも高温プラズマであることは変わりないんだし。
     
    だからね次元の違う物資を比べて勝負しようとしても、最初から勝負にならない。
    水素は最初から電子の代わりにはなれません。
     
    もし水素が電子に代わるとすれば、常温核融合やら、陽子だけを取出し別の物質に変化させるなど、違う理論で変換し、電子を取り出す方法としなければならず、それでも結局最後は電子なる素粒子となるじゃない。
     
    結果トヨタの科学反応方式ではEVとFCVの効率は10倍以上の差になることは当然なんですよ。
     
    これはね、トヨタが好きだとか、そういうこと全く関係ない話でしょ。
     
    水素自動車だと、リーフ1000キロ走れる電力量で100キロしか走れませんね。
    ガソリンは電気よりも公害が多いし、水素自動車は電気自動車の10倍汚染させるのですがこういう正しい現実をお願いしますね。
  • 金崎幸二
    powpow-arm氏へ
    返答受けて自分の書いてるの再読しらたら私もおかしなこと書いてる。
    原発に移行しても一緒で、化石燃料残っちゃいますね。
    そもそも原油生成過程で一定範囲でできる生成物コントロールできるのかしら?
     
    海水から様々な重金属を得られるかー 良さげで悪げでなんとも言えない
    知識不足。。。
     
    >ーリーで運ばないといけなでしょ
    これよ。これ、これ本当無駄ですよねー ゴミのリサイクル同様
    利権の匂いがぷんぷんしますよね FCVは..
    だって、現在のシステムに水素燃料製造行程がプラスされるわけでしょ
     
    >水から水素を得るのは現在効率1%
    これだって、知らない人が殆どでしょう。トヨタ本田FCV路線ってだけで
    FCVこそエコの本命って疑わないでしょ。一般
    水素燃料製造の方法や効率なんて該当メーカーが調べ尽くしてると考えてるのでしょう。水素燃料ってどうも原子力政策と結びついた原発村と自動車村の利権コラボの仕業のようなんですが・・・
    https://www.toshiba.co.jp/nuclearenergy/jigyounaiyou/suisoseizou.htm
    http://www.hess.jp/Search/data/33-01-004.pdf
    なんか電気分解で生産するって書いてますね。笑
  • ytpopotan
    結論として、EVにしろ水素車にしろ未来のクルマを走らすためには大量のクリーンな電力が必要です。
    (↑これ嘘です)

太陽光と風力で発電するしか無いでしょう。

放射能の原発を新規に100基も建設するなんて愚かな選択はしないで欲しいから。
原発政策を諦め太陽光に国家が舵取りをすれば世界のお手本の環境先進国となれるが国民のレベルが低いので原発派の宣伝報道や太陽光潰しのネガティブキャンペーンを鵜呑みにしている現状では無理かもしれません。

  • powpow-arm
    ↑結果を摩り替えるのに必死ですが、ちがいますね。
    結果はEVよりFCVの効率は10倍以上悪いのが証明されましたね。

Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 345, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2017-09-10 (Sun) 18:43:57
Last-modified: 2017-11-01 (Wed) 21:59:46 (JST) (882d) by 123-YouSinnanji2
XOOPS Cube PROJECT