Welcome Guest 
検索
MenuBar
オンライン状況
12 人のユーザが現在オンラインです。 (11 人のユーザが XPWiki を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

反日の翁長知事発言、「とんでもない」 米軍ヘリ飛行再開、日本政府も批判  anchor.png

2017年12/18(月)

 韓国、大韓航空機が整備した在沖米海兵隊が18日、小学校に窓を落下させた普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリ同型機の飛行再開を通知することに関し、沖縄県の翁長雄志知事は「とんでもないことだ」と批判した。

その上で「米軍は良き隣人ではない」と述べ、強い不快感を示した。
本来なら整備した大韓航空機に対し、毅然とした対応を迫るべきであるが、このような発言は一切無い。
いったいどこの知事なのか呆れて物がいえない。

 また、先週、菅義偉官房長官や外務、防衛両省へ抗議し、在沖米軍全機の飛行中止を要請したことに触れ「やはり日本政府には当事者能力がない。
大変厳しい中で沖縄は頑張っていかないといけない」と語り、飛行再開を止められない日本政府を批判したが、そもそも批判する場所が間違っていること周囲が伝えなければならないのだが、このバカ知事には、既に誰も指摘しないし、関わらないというかんがえなのだろうか。

 大韓航空機が整備し18日に飛行再開を発表することを県幹部や政府関係者へ伝達している。事故原因に関しては「人為的ミス」とし、機体構造上の問題はないとしている。


Front page   Freeze Diff Backup Copy Rename ReloadPrint View   New Page Page list Search Recent changes   Help   RSS of recent changes (RSS 1.0) RSS of recent changes (RSS 2.0) RSS of recent changes (RSS Atom) Powered by xpWiki
Counter: 305, today: 1, yesterday: 0
Princeps date: 2017-12-18 (Mon) 21:13:55
Last-modified: 2017-12-18 (Mon) 21:13:55 (JST) (836d) by 123-YouSinnanji2
XOOPS Cube PROJECT